憧れの美白美肌になるためにはどんなスキンケアをすればいい?

美白 スキンケア

一昔前、某有名化粧品メーカーのCMで「20代はいいのよ。一晩寝たら肌の調子は戻るから。問題は30になってから…」というようなセリフが使われたことがありました。

このセリフに象徴されるように、女性の肌と言うのはやはり30代からが勝負。30代以上からの肌を美肌かつ美白な状態に保てるかは日々のスキンケアにかかっています。

では30代以上の女性は美白や美肌のためにどんなスキンケアをすれば良いのでしょうか?

30代から気にするべきは「乾燥肌」対策って本当?

仕事をしていればある程度資金にも余裕が出てくるのが30代以上の女性なので、高級な化粧品を使えばそれでスキンケアはOKなのでしょうか?

実は高級化粧品を使えば美しく白い肌が保たれるというのは大きな間違い。実際に30代以上の女性が気にするべきは、年齢に応じた「乾燥対策」がしっかりなされているかどうかがカギになるのです。

ある調査によると、30代以上の女性の何と8割以上の人が、自分の肌のトラブルの1つに「乾燥」を挙げています。しかし、実生活でこの乾燥と言うトラブルについて対策をしているかというと、正しい対策をしきれていないのが現状なのですね。

30代以上の女性が気にするべき乾燥対策には、これまでと同じような応急措置的な乾燥対策では根本的な解決にはなりません。

しかも、30代以上の女性の女性が乾燥肌をこじらせると、それはそのままシミやくすみの原因になるので、美しい白い肌からも遠ざかってしまうのです。

では30代以上の女性が美しい白肌を維持するための乾燥対策をしながらのスキンケアにはどういったものがあるのでしょうか?

関連記事美白化粧水って効果があるの?美白ケアは30代から!

敏感肌の人は美白ケアの効果が薄いってどういうこと?

乾燥肌の人というのは、自分は乾燥肌だと意識している人は多いのですが、同時に「敏感肌」だと意識できている人は少ないんですよね、不思議なことに。

ですから、ここでしっかりと意識してほしいのですが、あなたが自分の肌を乾燥肌だな、と思っているのであれば、それはあなたが敏感肌でもあるということを意味しているのです。

そして、乾燥肌であり、敏感肌のあなたには、そうした人専用の美肌対策が必要になるということを頭に入れておいてください。というのも、実は乾燥肌で敏感肌と言う人は、特有の「シミサイクル」を持っていることが多いのです。

この特有のシミサイクルとは、肌のバリアゾーンが弱く、紫外線からのダメージを受けやすい→紫外線の影響を受けやすい肌は過剰なメラニンを生成しようとする→シミの元が増えるというサイクルです。

こうして増えた大量のメラニンは、通常の美白ケアではケアが追い付かず、結局はシミが増える肌を作ってしまうのです。

では敏感肌で乾燥肌という人は美白ケアをするだけ無駄かというと、そんなことはありません。先述の通り、敏感肌で乾燥肌と言う人はお肌のバリアゾーンが弱いので、美白ケアも効きにくいのは確か。

ではどうすれば美白ケアがしっかりと効果を出しやすくなるかと言うと「バリアゾーンを強化」すればケアが効果をもつようになるということなのです。

つまり、乾燥肌で敏感肌の人は、すぐに美白ケア!と走るのではなくて、最初は肌を健康な潤い肌にもっていくように、バリアゾーン強化のケアから始めれば良いということなんですね。

関連記事シミの無い憧れの美白になる方法

美白ケアをする際の化粧品の選び方

ここまでにご紹介してきたように、敏感肌で乾燥肌の人が美白ケアをする際には、一先ずバリアゾーンを強化する保湿に注目をした方が良いでしょう。

そのうえで、あまり美白効果のきつくない「ビタミンC誘導体」の配合されている化粧品を選んで美白にも励んだり、プラセンタエキスの配合された化粧品で保湿+美白を心掛けると効果的です。

美白 スキンケア
乾燥肌や敏感肌が改善してきた際に、シミやくすみが気になるのであればアルブチン、エラグ酸、、カモミラET、トラネキサム酸、コウジ酸という美白効果の高い成分を含んだ化粧品を使ってみると良いでしょう。

最近美白効果の高さで人気のあるハイドロキノン配合の化粧品に関してはもともと乾燥肌や敏感肌の人には刺激が強い場合も多いので、できれば「本当に肌が健康な保湿をできるようになってから」使うのがベストですね。

関連記事ハイドロキノン効果には副作用も!シミのない箇所に塗るのはNG

さらに実際に使う時も、「パッチテストをしてから」使うことを鉄則にしましょう。

また、全ての化粧品に言えることですが、無添加とかオーガニックというだけで化粧品を選ぶのはNG

特に敏感肌や乾燥肌の人は自然派化粧品を使いたがる傾向が強いのですが、化学成分でも肌を健康に保つために使用しても大丈夫な成分はありますし、逆にオーガニック系のもので敏感肌に刺激が強くなるものもありますからね。

どうしてもこの成分だけは入っていて欲しくないという自分のこだわりは曲げる必要はありませんが、安易にオーガニックだからとか無添加だからというだけで飛びつくのは危険ですよ。

乾燥肌の人にはこの美白ケア方法がおすすめ!

ここまでにお伝えしてきたように、乾燥肌で敏感肌と言う人は美白を最初に目指すのではなく、保湿で健康な肌にするのを先んじた方が賢明です。

正常な保湿がなされている肌というのはターンオーバーも正常で、それだけで正常なサイクルの美白ができますからね。

そして、物理的な紫外線カット(衣服や日傘など)を欠かさないようにして、肌への刺激を少なくするのがベスト。

肌のサイクルや調子が整ってきて、健康な肌を取り戻せてきたなと感じたら先にご紹介したビタミンC誘導体のたっぷり入った化粧水を使ってみるとかプラセンタ配合の化粧品で、健康かつ美しい白肌を目指すのが大事。

この状態でも、UVケアのための日焼け止めには紫外線吸収剤が入ったものは刺激が強くなるので避けた方が良いですし、保湿はしっかりと続けることが大事です。

そしてすっかり肌の状態が健康な状態になったという場合には、ハイドロキノン配合の化粧品で部分的に気になるシミやくすみ対策をしたり、各化粧品メーカーから出されている美白化粧品のトライアルキットを試して自分の肌に合う美白ケアを始めると、肌に負担も少なく、自分に合った良い化粧品が見つかるはずですよ。

関連記事湘南美容外科共同開発で話題の美白系スキンケア「ホスピピュア」

まとめ

  • まずは肌のバリアゾーン強化のケアから始める
  • ビタミンC誘導体の美白化粧水や一緒に保湿もできる美白アイテムを使う
  • 美白する時はトライアルキットなどで自分に合うものを探すのが良い