皮膚科で処方される美白薬って保険適応?効果と副作用も解説

美白 皮膚科

紫外線や肌の炎症による肌の黒ずみに悩んでいる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

一度できてしまうと治すのが大変な黒ずみですが、皮膚科で処方してもらえる薬を使うことで、肌をワントーン明るくすることも可能です。

美白効果の高い、皮膚科で処方してもらえる薬についてご紹介します。

皮膚科で処方してもらえる薬

薬局にも色々な薬が並んでいますが、皮膚科で処方される薬と薬局で販売されている薬の決定的な違いは、薬に含まれる美白成分の濃度の高さにあります。

春夏の日焼けなど直接肌が影響を受けてそれがすぐに表面に出てくる場合もありますが、年齢を重ねれば重ねるほどシミなどの後から出てくるタイプの皮膚の問題も起こります。

美白 皮膚科
皮膚科では既にできてしまった肌トラブルの解消をするだけでなく、これからできるシミや黒ずみを予防する効果の高い薬を処方してくれます。

具体的に皮膚科では、どんな薬を処方してもらうことができるのでしょうか。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは漂白作用がある薬で、シミやホルモンバランスの乱れが原因の黒ずみ、色素沈着にも非常に効果が高いといった特徴があります。

ほとんどの人は3ヶ月くらい使えば効果を実感することができますが、強い薬なので効果が出ても長く使い続けると副作用のリスクを高めるのでおすすめできません。

効果が出た後に使用をやめれば肌の状態が元に戻ってしまうというデメリットもあるので、ハイドロキノンとの付き合い方を考えて使用する時期と中止する時期のバランスをとることが大切です。

関連記事美白の定番?ハイドロキノンの効果が期待できるシミのタイプ

トレチノイン

トレチノインは日焼け跡の治りにくいシミにも効果が高い美白の薬で、シミ以外にも小じわやくすみなどのアンチエイジング効果にも期待できます。

ビタミンA誘導体が美白効果を発揮してくれますが、ハイドロキノンと同じようにずっと使い続ける薬ではなく、使う時期と使用を中止する時期のメリハリが大事になります。

トレチノインは保存にも特に注意が必要な薬の一つで、冷蔵庫で保管しなければいけません。

使用法だけでなく正しい保管方法を守らなければ効果が半減してしまうので、医師の指示にしっかりと従うことを徹底してください。

関連記事皮膚科で処方されるハイドロキノンとトレチノインの効果と注意点

保険適用される薬は?

保険適用される薬というのは基本的に治療の必要があると認められる病気などの場合で、美容目的など病気とは認められない場合は保険適用外となります。

美白目的で薬を処方してもらう時は自由診療の範囲のように思えますが、実は美白のために皮膚科を受診しても保険適用で処方してもらえる薬もあります。

保険が適用されれば、全額負担ならかなり価格が高く品質も良い薬を3割程度の金額で購入することができるのが嬉しいですよね。

今ご紹介したハイドロキノンとトレチノインは保険適用外で処方される薬なので、費用を抑えて美白ケアをしたいという方は皮膚科で保険適用内のこちらの薬を処方してもらうのが良いでしょう。

シナール

美白効果の高い飲み薬として皮膚科で処方されているものにシナールがあります。

シナール錠

シナール錠
引用元:ocular.exblog.jp

 
シナールはビタミンCとパントテン酸カルシウムが配合されている薬で、シミを予防する効果が高く、できてしまったシミも長く服用を続けることで徐々に薄くなっていきます。

メラニン生成抑制効果を高めるとともに疲労時に使うことで疲れもとることができ、妊娠や授乳中に使用することも可能です。

ヒルドイド

ヒルドイドはアンチエイジングクリームとして有名な塗り薬です。

美白 皮膚科
肌に優しく保湿力が高いことが美白に高い効果を発揮してくれるだけでなく、肌のターンオーバーを正常化することでメラニン色素の生成を抑制することができます。

乾燥肌など元々肌トラブルが多い方も、ヒルドイドを使うことで肌を整えて健康にすることができるでしょう。

美白薬の効果と副作用は?

美白の薬には他の薬と同じように個人差はありますが、高い美白効果があるとされています。

ただし、即効性がある訳ではないので今日使って明日肌が白くなるかというと期待した効果は得られず、地道に使い続けた結果、徐々に効果が表れてきます。

薬を使う時に心配なことの一つに、皮膚科で処方された薬には副作用はあるのかということが挙げられますが、どの薬でも100%副作用がないということは言い切れません

美白 皮膚科
特にハイドロキノンやトレチノインのような効き目の強い成分が入った薬は注意が必要で、塗ったところが炎症を起こして赤くなったり、使用法によっては発がん性を高めたり老化を早めるなどの副作用を引き起こすこともあります

また、口の周りなどの塗ってはいけない部位のくすみが気になって医師の許可なく使ってしまった場合にも、シミやくすみが薬を使う前よりも濃くなってしまう危険性があります。

今回保険適用して皮膚科で処方してもらえるとご紹介したシナールやヒルドイドは比較的安全で副作用のリスクはほとんどありませんが、それでも医師の診察を受けて自分の体質や症状に合っているかを確認してから使った方が高い美白効果を得ることができるでしょう。

欲しい薬があるからといってその薬をもらうために嘘の症状を医師に伝えるのは絶対にやってはいけないことなので、診察で正確に症状を伝えて医師の説明を聞いた上で、処方された美白の薬を正しく使用するようにしてください。

関連記事皮膚に負担なく美白できるトラネキサム酸配合のホスピピュア

まとめ

  • 皮膚科では、ハイドロキノン、トレチノイン、シナール、ヒルドイドといった薬を処方してもらえる。
  • ハイドロキノンとトレチノインは保険適用外、シナールとヒルドイド保険適応。
  • 使用方法・用量等を間違えるとトラブルが起こる可能性も高いので、処方された美白薬を正しく使用するようにしましょう。