美白に不可欠な食べ物・栄養素5つをしっかり摂取で透明感アップ

美白 食べ物

「美しい白肌」は多くの女性が憧れる、そして、なりたい姿です。「美白」になるためには美白化粧品などのスキンケアが重要だと思いがちですが、実は必要な栄養素が5つあるんです。

これをご紹介します。

美白に不可欠なのは栄養?

人間には「ホメオスタシス」という機能が備わっています。これは「恒常性維持機能」といって体外・体内の変化に関わらず、身体をいつも通りに、一定に保とうとする機能です。

例えば、夏の暑い日には大量の汗をかきますよね。でも冬は大量の汗はかかない…あるいは、夏に紫外線を浴びると肌が焼けて黒くなりますよね。これは、メラニン色素が大量に生産されることが原因ですが、ホメオスタシスの働きによって、また白い肌へと戻ります。

これが、ホメオスタシスの修復機能が働いているということになります。

年齢とともに、こうした修復機能が衰えていきます。修復機能が衰えると、肌が衰えていきます。

通常、肌をきれいに保とうとするためにホメオスタシスが働くのですが、先ほどお伝えしたように、加齢とともに、この機能は衰えていきます。つまり、美白状態がキープできなくなります。

そこで、この機能を衰えさせないためにサポートする「栄養」が必要となるのです。この「栄養」とは、私たちが日常食べている食べ物から摂取します。なので、美白にするため、美白を継続するために「栄養」は必要不可欠なのです。

関連記事美白に効果的な栄養素・食べ物と逆効果な栄養素・食べ物

美白のために必須の栄養と食材

「美白」を作る、キープするためには、まず、「美肌」が必要です。美肌とは、「潤いがあり、コンディションが良い肌」のことをいいます。

肌荒れを起こしている肌に、どれだけ栄養を与えても栄養の効果を得ることはできません。潤いがある健康な肌でこそ、栄養の効果が発揮されます。

どんなに優秀な美白化粧品よりも、美白肌を作り、キープするためには身体のケアをすることが重要です。そのためには、しっかりと栄養を摂取することが必要です。

今回は、美白のために必須の栄養と食材をご紹介します。

セラミド

セラミドとは、皮膚の層の中で作られ、肌の水分保持やバリア機能を保つ役割があります。先ほどお伝えしたように、美白に繋がる美肌には潤いが必要です。肌の潤いをつくるために必要な成分がこのセラミドになります。

関連記事セラミドで美白はもはや常識?種類別の効果と化粧品選びのコツ

セラミドを含む食材

  • こんにゃく
  • 大豆製品
  • ブロッコリー
  • 柚子

など

この中でも特に、こんにゃくが多くセラミドを含んでいるといわれています。こんにゃくに含まれるセラミドは浸透力が高いことから保湿化粧品などにも多く使用されています。

ビタミンC

美白効果がある化粧品の多くにビタミンCが配合されています。これにはシミを目立たなくしたり、メラニン色素(シミの原因となるもの)から肌を守る機能があります。

ビタミンCをしっかり摂取すればホメオスタシス機能をサポートし、美白肌へ導いてくれます。

関連記事美白にはやっぱりビタミンC?一日の摂取量はどれくらい?

ビタミンCを含む食材

  • アセロラ
  • キウイ
  • グレープフルーツ

など

この中でも特にビタミンCが多く含まれているのは「アセロラ」だと言われています。アセロラの中にあるビタミンCは100g中に1,700mg含まれています。これはレモン果汁の約35倍もの量です。

次にキウイですが、キウイはみかんと比べてもビタミンCが2倍含まれています。キウイには、しみ、そばかすの予防、ニキビや吹き出物などの肌荒れ予防の効果が期待できます。

ビタミンE

ビタミンEは「若返りのビタミン」別名若返りのビタミンと言われるほど抗酸化作用があり、美白美肌効果があるといわれています。この抗酸化作用とは、シミの原因となるメラニン色素を作ることを抑制し、健康な肌を保つ働きをします。

ビタミンEを含む食材

  • オリーブオイル
  • ゴマ油
  • アボカド
  • カボチャ
  • 明太子

など

こちらの食材は、普段の食生活でよほど油分を控えていない限り、追加で摂取する必要はありません。毎日食べているもので無意識に摂取できている栄養素です。

リコピン

ビタミンE同様、リコピンにも強い抗酸化作用があります。この作用は、老化や生活習慣病の原因となる「活性酸素」を除く働きがあります。そのため、リコピンを摂取すれば肌の老化を防ぎ、健康な肌を保つ働きをします。

リコピンを含む食材

トマト。1日に約15mg摂取がベスト。これはトマト2~3個食べなければならないのですが、トマト加工品であれば、

  • トマトジュース200ml1本
  • ホールトマト100g
  • トマトケチャップ大さじ4杯

で摂取できるので、加工品で摂取することをおすすめします。

関連記事リコピンで美白!効果のある摂取量は?どんな食べ方がいい?

L-システイン

これは、皮膚や髪の毛、爪などに存在するアミノ酸の一種です。これの主な働きは、ビタミンCと同じく、シミの原因となるメラニン色素を作ることを抑制したり、既にできているシミを消していく、またはニキビ予防効果もあります。

つまり、肌トラブルを解消する重要な役割を担っています。

関連記事L-システインで美白を目指すなら副作用にも注意!?

L-システインを含む食材

  • マグロ
  • しらす
  • 鶏・豚・牛の肉類

外側からの対策も重要!

先ほど伝えた栄養摂取をすることに加えて、美白クリームを使用することで、外側からの美白ケアを行うことができます。

ちなみに、使用する美白クリームは「トラネキサム酸」を配合したものを選ぶことをおすすめします。このトラネキサム酸とは、シミを作る原因であるメラニンができる初期段階から、シミや日焼けを予防してくれる成分のことをいいます。

これは、抗炎症作用による肌荒れ防止効果も期待されているため、ニキビ跡などを薄くしてくれます。つまり、美肌・美白をつくるために必要不可欠な成分となります。

この成分が含まれる美白クリームを使用し、栄養で体内を、美白クリームで体外をサポートし、潤いのある美白美肌を手に入れましょう。

関連記事トラネキサム酸配合で湘南美容外科が開発したホスピピュア

まとめ

  • 肌をきれいに保とうとするためにホメオスタシスが働くが、加齢とともにこの機能は衰えていく。
  • どんなに優秀な美白化粧品よりも、美白肌を作り、キープするためには身体のケアをすることが重要。
  • 使用する美白クリームは「トラネキサム酸」を配合したものがおすすめ。