肌の老化を早める紫外線は季節や時間帯、日陰や室内でも影響あり!

紫外線

紫外線のダメージは年齢を重ねるにつれて蓄積し、肌の老化を早めていきます。

しかし、紫外線について正しい知識を持つことで、肌の老化は遅らせることができます。

その紫外線の知識の基本についてご説明します。

紫外線の基礎知識

一言で紫外線と言っても紫外線にはUVAとUVBがあり、更に紫外線の量も季節や時間によって異なります。

その紫外線の基礎知識を学び、効果的な紫外線対策を行っていきましょう。

UVA

UVAは紫外線全体のうち、約95%を占めるものです。UVAの怖いところは肌の表面だけでなく真皮にまで達することで、その量はUVAのうち20%から30%と非常に多いです。

肌の奥にまでダメージを与えることで損傷が起き、肌のハリや弾力を保つのに必要なコラーゲンやエラスチンが減少してしまいます。シワやシミ、たるみの原因にもなり、UVAを防ぐためには1年間を通しての紫外線対策が欠かせません。

関連記事美白のための日焼け対策3つと日焼けタイプ別ケア方法

UVB

UVAに対してUVBは紫外線全体の約5%を占めます。真皮にまで達するほど波長は強くありませんが、UVBはエネルギーが強い紫外線なので肌が赤くなったり、メラニン色素が沈着することによって肌が日焼けした状態になったりします。

肌を守ろうとするメラニン色素の影響を受けやすい紫外線なので、シミやそばかすの原因にもなります。

関連記事脱くすみ肌!原因5つからわかるタイプ別の予防と対処法

紫外線の量

紫外線の量は季節や時間にもよって異なります。また、室内にいれば日焼け止めを塗らなくても大丈夫だと思いがちですが、実は紫外線がゼロになる場所というのは存在しないということを頭に入れておきましょう。

季節や時間、室内での紫外線の影響について詳しく見ていきましょう。

季節ごとの紫外線

紫外線は春から夏にかけての季節が最も多く、冬には減るものだと思っている人が多いですよね。それは間違いではなく、UVA・UVBともに4月から増え始めて8月頃にはピークを迎え、その後は徐々に紫外線量が減っていきます。

勘違いしやすいのは夏には肌の色を赤くするUVBが減るので冬は紫外線対策をしなくても大丈夫だと思ってしまうことです。

冬にも肌を老化させるUVAは安定して降り注いでいるので、季節を問わずに紫外線対策をすることが必須となります。

関連記事日焼けによるシミの予防対策!紫外線A派B派別の日焼け止めの選び方

時間によっても紫外線の量が違う

紫外線が特に多い時間帯は朝10時頃から夕方16時くらいまでで、最も紫外線量が多いのはお昼前後です。

基本的に紫外線の量の多さは時間を目安にしても大丈夫ですが、昨日の10時はそんなに紫外線が強くなかったから今日の10時も大丈夫、という考え方をしてしまうのは危険なことです。

紫外線の量は日によっても異なるので、必ず毎日外出前には紫外線量の予想を見てから出掛けるようにしましょう。

日陰や室内でも紫外線の影響が!

日陰や室内では直射日光を浴びないことから紫外線対策をつい怠ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

実は、紫外線は日陰や室内などの場所では直接陽射しを浴びる場所よりも少なくなっているものの、完全にそれを全て防ぐことが可能だという訳ではありません。

だからこそ、日陰や室内にいるからと言って安心せずに紫外線対策を徹底することが重要だとされています。季節や時間、場所を問わずに紫外線対策をすることが、肌の老化の進行を遅らせることに繋がります。

関連記事シミ予防は紫外線対策を徹底して!予防アイテムは成分をしっかりチェック!

紫外線から肌を守るには

紫外線が降り注いでいる以上、それを100%防ぐことは不可能です。一番危険なのはそれに対して何もしないことで、何の紫外線対策もしなければ肌にはシミやたるみができてしまいます。

紫外線から肌を守るためにできることとしては、大きく分けて日焼け止めを塗ることと衣類でカバーすることがあります。その2つを併用することで、更に紫外線を大きくカットすることができるでしょう。

関連記事背中のシミの原因は紫外線?レーザー治療以外の治し方はあるの?

日焼け止め

日焼け止めを塗ることは紫外線対策として基本となることです。日焼け止めのSPFやPAという言葉を誰でも一度は聞いたことがあると思いますが、SPFはUVBを防ぐ効果を示し、PAはUVAを浴びた肌が黒くなるまでにかかる時間の長さを表しています。

絶対に日焼けをしたくないと思っている方は単純にSPFもPAも強力なものを使うべきだという勘違いをしてしまいがちですが、それは間違いです。

日焼け止めは陽射しの強さや外出時間に応じて選ぶべきで、必要以上に効果の強い日焼け止めは肌への負担も強くしてしまうだけなのです。

外出時間は一定ではないので、できれば複数の日焼け止めを用意してその時に合った日焼け止めを使っていくのが理想的です。

関連記事美白に日焼け止めは必須!部位別おすすめ日焼け止め3選

帽子や日傘

特に夏の陽射しが強い時間帯に外出する時には、帽子や日傘などを使って紫外線対策をするのが有効です。

長袖の服を着たりアームウォーマーを使うのも良いですが、それだけでは強い紫外線を防ぐのには不十分です。更に、紫外線を浴びやすいのに油断しやすい部位としては頭皮が挙げられます。

スプレータイプの日焼け止めを髪に吹きかけている人もいますが、日焼け止めは肌にしか塗っていない人もいますよね。そのような方は帽子や日傘を使うことで、頭皮の紫外線対策もできるでしょう。

衣類で紫外線対策をする時にも、日焼け止めを塗ることは必須となります。日焼け止めを塗った上で衣類での紫外線対策をすればその効果はより高くなるので、その両方を併せて行うようにしてください。

関連記事湘南美容外科共同開発で話題の美白系スキンケア「ホスピピュア」

まとめ

  • UVAは紫外線全体のうち約95%を占め、肌の表面だけでなく真皮にまで達する。UVAを防ぐためには1年間を通しての紫外線対策が欠かせない。
  • UVBは紫外線全体の約5%を占め、メラニン色素の影響を受けやすい紫外線のため、シミやそばかすの原因にもなる。
  • 紫外線から肌を守るためにできることとしては、大きく分けて日焼け止めを塗ることと衣類でカバーすることの2つ。