美白に日焼け止めは必須!部位別おすすめ日焼け止め3選

美白 日焼け止め

日焼け止め商品、種類が多すぎてどれを選べば良いのか悩んでいる人も多いと思います。

今回は、日焼け止め選び方ポイント、そしてボディ、顔と分けておすすめの日焼け止めをご紹介します。ぜひ自分の肌と、希望にあった日焼け止めを選択してくださいね。

日焼け止めの選び方ポイント

日焼け止めには「美白」や「絶対焼けない!」など魅力的なキャッチコピーがあるものが多いですよね。いざ購入しようと思っても、どの効果があるものが自分に合っているのか分からないもの。

日焼け止めの選び方ポイントを2点ご紹介します。

使用シーンに合わせたSPF・PAが配合された日焼け止めを選ぶこと

そもそも「SPF」「PA」とは何か?ということですが、まず「SPF」は、日焼けや肌に赤みを起こしてしまう、紫外線の一種であるUV-Bを防ぐ数値の大きさのことをいいます。1SPFで20分間、肌をUV-Bから守ってくれると言われています。

例えば、「SPF25」とあれば、20分×SPF25=500分となります。つまり500分=8時間20分もの時間、肌をUV-Bから守ってくれます。

よく「長持ちするSPF50」と書かれている日焼け止めはSPF25の倍、16時間40分も肌を紫外線から守ってくれます。

次に、「PA」とは肌を黒くする、UV-Aという紫外線を防ぐ数値の大きさを示します。数値の表し方(PA数値)は、日光に当たったときに、日焼け止めを塗らない状態と比較して、肌が黒くなるまでの時間をどれだけ延ばせるかによって4分類されます。

これは、PA+~PA++++までの4段階になっており、+が多いほどUV-Aを防ぐことが期待できます

このSPFとPAの仕組みを理解し、自分のライフスタイルや状況に合わせた日焼け止めを選びましょう。

日焼け止めが「顔用」か「からだ用」かをチェックすること

日焼け止めを選ぶときは、「顔用」なのか「からだ用」なのかを確認するようにしましょう。なぜかというと、顔とからだの皮膚は、薄さや皮脂量が異なるため、各パーツに合わせた日焼け止めが販売されています。

化粧品も顔用とからだ用と異なったものを使用するように、日焼け止めも使用する部位ごとに使い分けることで、日焼けを防いだり、肌トラブルを防ぐといわれています。

まず、日焼け止めのパッケージをよく見て、「顔用」なのか「からだ用」なのかを確認するようにしましょう。

関連記事美白対策は日焼け対策をしっかりと!タイプ別ケア方法

おすすめボディ用日焼け止め

からだ用のおすすめ日焼け止めと、その特徴をご紹介します。

ビオレ UV アクアリッチ ウォータリーエッセンス SPF50+

ビオレ UV アクアリッチ ウォータリーエッセンス SPF50+

ビオレ UV アクアリッチ ウォータリーエッセンス SPF50+ 50g
SPF50+/PA++++
引用元:花王株式会社

 
ベストセラー商品でよく知られている日焼け止めです。SPFが高い日焼け止めだと、どうしてもべたつきがあったり、塗っている感から重みを感じてしまいがちですが、これ塗っても重く感じず、サラサラとした使い心地が人気です。

金額も50g 630円とコスパも良いです。

成分は、ヒアルロン酸などの美容成分が含まれていることが特徴です。顔にはよく保湿ケアをしますが、ボディはないがしろにしがちな人が多いです。紫外線から守って、肌の潤いもキープできることもおすすめです。

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター
引用元:アネッサ(資生堂)

 
「金のアネッサ」という言葉を聞いたことはありませんか?
この日焼け止めは、汗や皮脂に強いウォータプルーフ効果があり、真夏やアウトドアでの日焼け止め対策としてよく利用されています。

特徴は、「アクアブースター技術」というものがあります。これは、汗や水などのミネラル成分がアクアブースターと結合することでより強力な紫外線カット効果を発揮するものです。そのためプールや海などでも紫外線から肌を守ってくれます。

これだけ強い日焼け止めなのですが、石鹸で落とすことができるので肌にも優しいという魅力もあります。

アルブラン 薬用美白UVプロテクター

アルブラン 薬用美白UVプロテクター

花王ソフィーナ アルブラン 薬用美白UVプロテクター 60ml 希望小売価格 税別2,300円
SPF50+・PA++++
引用元:SOFINA

 
シミやそばかすを防ぐ美白成分と保湿成分も含まれているソフィーナの人気商品です。紫外線から肌を守ってくれるだけでなく、美白効果もあります。

色は無色で伸びがよく、べたつきもないためコストパフォーマンスもよく、美白ボディを目指しているかたに喜ばれる商品です。金額は60mlで2,484円と少し高額ですが、長持ちしてコスパ良く使用できて、効果も期待できます。

おすすめ日焼け止め(顔・唇)

続いて、顔・唇用のおすすめ日焼け止めをご紹介します。顔用は化粧下地として使用できるものも多いので自分の肌に合ったものを見つけましょう。

SK-II アトモスフィア CC クリーム

SK-II アトモスフィア CC クリーム

SK-II アトモスフィア CC クリーム
SPF 50 PA++++
引用元:SK-II

 
スキンケアブランドとして人気が高いSK-IIから発売されている日焼け止めです。

特徴は紫外線から肌を守りながらも、キメを整え、内側から輝くオーラ肌に見せる効果があるといわれています。クリームには少しパールが入ってて、少量でもとても伸びがよく、つけた瞬間に明るい肌が完成します。

また日焼け止めクリームでありながら肌をケアする成分も入っているので、安心して使用できます。

ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド

ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド

POLA ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド 50g 税込3,780円
SPF30・PA+++
引用元:POLA公式オンラインストア

 
POLAの美白ブランド「ホワイティシモ」が販売している日焼け止めクリームです。日焼け止めなのに、みずみずしく、さらさらとした使い心地が人気です。また、紫外線吸収剤・香料が入っていないため、子どもさんも安心して使用できます。

水に強い特徴がありますが、石鹸で簡単に落ちるところも肌に優しく魅力的です。

ORBIS ホワイトニングBB

ORBIS ホワイトニングBB

ORBIS ホワイトニングBB 税込2,916円
SPF40・PA+++
引用元:ORBIS

 
化粧崩れしにくいクリームで、気になる毛穴をカバーしながら、紫外線もしっかりカットしてくれる優秀日焼け止めです。特徴は、持続性のビタミンC誘導体を豊富に配合しており、美白ケアもできることです。

日焼け止め、ベースメイク、美白スキンケアを一気にすることができることも魅力です。

関連記事シミくすみ改善ならホスピピュアがおすすめ!

まとめ

  • 使用シーンに合わせたSPF・PAが配合された日焼け止めを選ぶこと。
  • 日焼け止めが「顔用」か「からだ用」かをチェックすること。