【美白対策】美白キープのための日焼けタイプ2パターン別ケア方法

美白 対策

色黒にならないために注意したいことの一つとして、メラニンが生成されるのを防ぐことが挙げられます。

メラニンは紫外線によっても作られてしまうので、日焼け対策をすることが必須となります。

美白をキープするためにできる日焼け対策についてご説明します。

日焼けには2パターンの人がいる?

一言で日焼けと言っても、紫外線を受けた後に肌が赤くなる人と黒くなる人の2タイプに分かれますよね。どちらになるかというのはその時によって変わるのではなく、人ごとに原因があって肌の色も変わっていきます。

まずは、自分がどちらのタイプなのかを確認し、その原因はどんなことであるのかを把握しておきましょう。

日焼けで肌が赤くなる人

日焼けでの肌の色の変化は、その人の生まれ持った肌の色が関係しています。

日焼けで肌が赤くなる人は生まれつきメラニン色素が少なく、元々肌の色が白い人です。

肌の奥まで届かず表面を火傷のような状態にしてしまうUVBの影響を受け、日焼けすると肌が赤くなりヒリヒリして痛くなってしまいます。

メラニンにはこのような日焼けの原因となる紫外線から肌を保護してくれるような役目もあるので、それが元々少ない肌が赤くなるタイプの人が強い紫外線にさらされて日焼けをすると紫外線によって色は黒くなりにくくても大変なことになってしまいます。

関連記事30代に多い炎症性色素沈着って何?発生しやすい場所と原因

日焼けで肌が黒くなる人

日焼けで色が黒くなってしまうのは、日焼けで肌が赤くなってしまう人とは真逆の地黒の人です。

肌が黒くなるのはメラニンが大きく関わっていて、肌の奥にまで入りこんでシミやシワの原因を作るUVAから肌を守ろうとしてメラニンが作られ、その結果メラニンの影響で肌が黒くなってしまうのです。

どちらかと言うと肌が黒くなるタイプの人が多いのは日本人は肌が赤くなるほど色白の人が少ないのに加え、UVBよりもUVAの方が地上に多く降り注いでいるからということも言えるでしょう。

関連記事美白に日焼け止めは必須!部位別おすすめ日焼け止め3選

日焼けタイプ別ケア方法

日焼けの原因が肌の色が赤くなる人と黒くなる人で違うため、できるだけ日焼けの症状を軽くするためにはそれぞれのタイプ別にケアしていくことが重要なことがわかりますよね。

2タイプそれぞれのケア方法を見ていきましょう。

日焼けで肌が赤くなる人

火傷をした時にはまず冷たい水で患部を冷やしますよね。日焼けで肌が赤くなった人は火傷と同じ状態になっているので、まず日焼けした肌を冷やして症状を落ち着かせる必要があります。

日焼けした範囲は広いことが多いので、冷たいタオルなどを使ってしっかり全体を冷やして日焼け後のケアを行うようにしてください。

黒くなりにくいからと言って将来シミになりにくいかと言えばそういう訳でもないので、紫外線に対しても油断しないようにしましょう。

関連記事日焼けはシミになる!?日焼けによるシミの予防方法

日焼けで肌が黒くなる人

日焼けで肌が黒くなる人は、日焼け後に肌が黒くならないようなケアを行っていくことが重要です。

肌が黒くならないようにするためには美白化粧品を使ってしっかりと保湿をしたり、メラニン色素がスムーズに排出されるようなサプリメントで内側からの美白ケアを行うことが必要となります。

日焼けをしてしまったから絶対に黒くなってしまうと諦めずに、直後だからできるケアをして肌の黒さが定着しないような努力をしてください。

関連記事美白に不可欠な栄養素5つと食べ物をしっかり摂取で透明感アップ

実は日焼け後の肌の色の変化は絶対にこの2タイプに分類されるという訳ではありません。
中には一度赤くなってから黒くなるなどの特殊なタイプの人もいるので、両方を併せ持っている方は特に注意して日焼け後のケアをしてみてください。

美白の為の日焼け対策方法

紫外線は完全にゼロになることはなく、比較的少ないと言われている季節でも何の対策もしなければそれが肌に蓄積されていってしまいます。

どの季節でも気を抜かないために、美白の為の日焼け対策方法を実践してみてください。

日傘やUVカットの洋服を着る

地上に降り注ぐ紫外線はかなり多いので全てをカットすることはできないですが、UVカットの日傘や長袖を着ることである程度の紫外線をカットすることはできます。

ただし、冬に日傘をさしているのはかなり少数派となるので、冬には別の方法で日焼け対策をした方が良いかもしれません。

関連記事体の美白も忘れずに!美白ボディーを目指すならクリームの使い方にも注意

日焼け止めを塗る

どの季節でも日焼け止めを塗って日焼け対策をすることは大切です。

日焼け止めはUVA対策にはPA、UVB対策にはSPFでその強さを表していますが、これは数値が高ければ良いというものではないです。

日焼け止めを選ぶ時には季節による紫外線の強さや外出時間を考えて、臨機応変にいくつかの種類の日焼け止めを使い分けるようにした方が良いでしょう。

美白化粧品を使う

美白化粧品は日常的に紫外線を浴びながらできる日焼け対策の一つです。

美白化粧品には紫外線によるメラニン生成を抑制する効果があるとともに、できてしまったシミなどを薄くする効果もあります。化粧品を選ぶ時にはそういった美白成分も重視することで、日焼けをしても肌にそのダメージが残りにくくなるはずです。

一言で日焼けと言っても肌が赤くなる人と黒くなる人の日焼け対策には共通点もありますが、異なる部分もあります。

自分にはどんな方法で日焼け対策をしていくのかが合っているのかを確認しながら、いくつかの日焼け対策方法を組み合わせて行ってみてください。

関連記事美白化粧品はシミの予防にしかならない?消す方法はあるの?
関連記事シミくすみ改善ならホスピピュアがおすすめ!

まとめ

  • 日焼けには2パターンあり、赤くなる人と黒くなる人がいる。
  • 赤くなる人、黒くなる人それぞれにケアの仕方も異なる。
  • どの季節でも気を抜かないために、美白の為の日焼け対策方法を実践しましょう。