玉ねぎは美肌にも効果あり!パックにも使えるって本当?

玉ねぎ パック

玉ねぎは美肌にも効果が高い食べ物だとされていて、玉ねぎを食べることによって毒素が排出され、新陳代謝も良くなります。

その玉ねぎはパックにも使えるのでしょうか。

玉ねぎの美肌効果が活かせる方法について検証していきます。

玉ねぎが美肌をもたらす理由

玉ねぎが美肌をもたらしてくれる理由には、玉ねぎに含まれる成分の中で美肌効果が高いとされているものが深く関わっています。

その成分として代表的なものとして、硫化アリルの一種であるアリシンと、フラボノイドの一種であるケルセチンがあります。

まずはこれらの成分が美肌を作るのにどのように影響しているのか、その働きを確認してみましょう。

関連記事2タイプ別美白パックおすすめ3選!定期的なパックで美肌を手に入れる!

硫化アリルの一種アリシン

アリシンには神経を落ち着かせるとともに、疲労回復をするのに効果が高い成分です。

ストレスを感じたり疲れが溜まると肌のターンオーバーもスムーズでなくなりやすいのですが、このアリシンの効果によってターンオーバーは正常化してシミやくすみの改善にも役立ちます。

アリシンには他にもデトックス効果や抗酸化作用が優れているというメリットがあり、これが美肌効果に繋がります。肌荒れやニキビを防ぐことができるというのも、アリシンの働きの特徴の一つです。

ケルセチン

玉ねぎに多く含まれているケルセチンは、実は玉ねぎの皮により多く含まれています。

ケルセチンに期待できるのは体内の活性酸素や悪玉コレステロールを除去する抗酸化作用で、これによって肌のシミやくすみを予防するアンチエイジング効果が得られます。

ケルセチンを摂ることでビタミンと似たような効果が得られると言われていて、血液をサラサラにして高血圧や動脈硬化を予防してくれるなど、健康にも非常に高い効果があります。

体の中が綺麗になっていくからこそ、新陳代謝がスムーズになって内側から綺麗になっていくことができそうですよね。玉ねぎを食べることでケルセチンを摂り、健康や美肌効果を高めていきましょう。

玉ねぎパックは「酸」に要注意

玉ねぎの成分は肌荒れを改善するのに効果的だからこそ、玉ねぎパックも美肌に良いのではないかと思いますよね。

体の内側からではなく肌の外側からしっかりと美肌効果を浸透させる玉ねぎパックはとても効果が高い良い方法のように思えますが、実は誰もに合う美容法ではないということを覚えておいてください。

例えば、敏感肌の人は玉ねぎパックは肌に合わない可能性が高いので玉ねぎパックを使うのはやめておいた方が無難です。実は玉ねぎには酸が含まれているので、それが刺激となって肌の炎症を引き起こしてしまうリスクもあります。

このような玉ねぎによる炎症は誰にでも起こる訳ではありませんが、特に敏感肌の人はトラブルが起こってしまう危険性が高いですし、一度炎症を起こしてしまったら治すのにも時間がかかるということを覚えておきましょう。

美肌に効果が高いとされている玉ねぎですが、やはり理想的なのはパックをして外側から直接肌に当てるのではなく、食べ物で内側から美肌に効果的な成分を摂っていくことです。

パックは万人に効果的とは言えないですが、食べ物で美肌効果を得るのは誰にでも向いているので美肌のために積極的に玉ねぎ料理を食べるのはとてもおすすめです。

関連記事人参の驚きの美容効果!高級美容液よりシミ・肌荒れに効く!?

美肌に効果的な玉ねぎレシピ

美肌に効果的な玉ねぎを摂っていくにはどのようなレシピが良いのでしょうか。

クックパッドから玉ねぎを使った美容に効果的で美味しい3つのレシピをご紹介します。

玉ねぎの丸ごと煮(スープ)

これからの寒くなる秋冬の季節におすすめなのが、玉ねぎを丸ごと使ってコラーゲンもたっぷりと入った玉ねぎの丸ごと煮です。大胆に使われた玉ねぎの旨みがギュッと詰まっていて、栄養満点のプチトマトから更に美白効果を得ることもできます。

温かくて優しい味わいのスープは、食べただけでも気持ちがほっこりとします。大きな玉ねぎが特徴的なスープで、見た目もシンプルでありながら派手でもあり、食卓でも目を惹く存在感です。

参照:玉ねぎの丸ごと煮(スープ)クックパッド

サーモンと玉ねぎのミルク煮込み

コラーゲンやヒアルロン酸を作ったり、抗酸化作用も期待できるイソフラボンがたっぷりと入ったサーモンと玉ねぎのミルク煮込みもこれからの季節に欠かせないメニューとなりそうですよね。

使う食材はとてもシンプルですが、ミルクとサーモン、玉ねぎの相性は抜群です。使う食材が多くないからこそ、手軽に作れる定番の美肌メニューになっていくかもしれません。

一晩以上塩麹に漬けた鮭が美味しく、玉ねぎと一緒にモリモリ食べられます。

参照:サーモンと玉葱のミルク煮込みクックパッド

玉ねぎドレッシング

玉ねぎは丸ごと食べたり切って食べるのも美味しいですが、その玉ねぎを利用して作ったドレッシングも絶品です。

手作りドレッシングは味も良いですが、手作りならではの美味しさもありますよね。こちらの玉ねぎドレッシングは何とお子様にも食べやすく、野菜嫌いの子どもでもこのドレッシングを使えばどんどん野菜を食べたくなること間違いなしです。

ポイントは玉ねぎを切った後に30分程度放置することで、この放置時間によって抗酸化作用が高まることです。

サラダだけではなく肉や魚など好きなものにかけることができるので、色々な食材に使ってその日の料理にプラスし、食べ比べをしてみるのも面白いかもしれませんね。

参照:玉ねぎドレッシングクックパッド

まとめ

  • 玉ねぎに含まれる硫化アリルの一種であるアリシンは、ターンオーバーを正常にさせる他、デトックス効果や抗酸化作用が優れている。
  • 玉ねぎの皮に多く含まれるケルセチンは、体内の活性酸素や悪玉コレステロールを除去する抗酸化作用が期待できる。
  • 玉ねぎパックは万人に合う美容法ではなく、特に敏感肌の人には刺激が強く肌トラブルの原因にもなりかねないので、外側からよりも内側から摂ることがベスト。