美白に効果的な栄養素+食べ物と悪影響を及ぼす栄養素2つ

美白 栄養素

美肌や美白のためには毎日の食べ物やバランスを考えることがとても大切ですよね。食べ物から必要な栄養素をきちんと摂り、美白化粧品などから足りないところを補うのが効果的な美容方法であるとも言えます。

美白に効果的な栄養素や逆に悪いものは何なのか、まずは基礎知識を身につけましょう。

美白に効果的な栄養素と食べ物

肌はターンオーバーによって生まれ変わっていくので、良い食べ物や栄養素を摂ることでメラニン生成を抑制するとともに、ターンオーバーを促すことができます。

美白のためにも積極的に摂っていきたい栄養素と食べ物には何があるのでしょうか。美白に良い栄養素と併せて、その栄養素が含まれている食べ物をご紹介します。

ビタミンC

ビタミンCは美容と健康に良い栄養素として代表的なものです。

ビタミンCにはメラニン生成を抑制していくだけでなくシミやくすみができてしまった後に、それを薄くしていく効果もあります。シミやくすみだけでなく、綺麗に直さなければ色素沈着してしまいやすいニキビ跡を改善してくれる嬉しい効能もあります。

ビタミンCは野菜や果物に豊富に含まれていて、パプリカやブロッコリー、アセロラなどがその代表となります。

関連記事美白にはビタミンCが鉄則?一日の摂取量と3つのビタミンC誘導体

鉄はコラーゲンやシミやくすみを薄くするカタラーゼという成分を作ってくれるなど、美白や美肌のために欠かせない栄養素です。

鉄はヘム鉄と非ヘム鉄の2種類に分類することができ、ヘム鉄が鶏や豚のレバー、マグロなどであるのに対し、非ヘム鉄はホウレン草やプルーンなどの鉄を含む植物性の食べ物となっています。

同じ鉄だから効果も似たようなものであると思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ポイントはヘム鉄か非ヘム鉄かという部分です。

ヘム鉄の方が非ヘム鉄に比べて吸収力が良く効果も高いので、美白効果を期待して鉄を摂る時にはヘム鉄を積極的に摂るようにしてください。

関連記事美白に不可欠な栄養素5つと食べ物をしっかり摂取で透明感アップ

美白に悪い、注意が必要な栄養素と食べ物

美白に良い栄養素や食べ物で効果を高めるためにも、その逆の美白に悪い食べ物は摂らないようにしなければいけません。

せっかく美白に良い食べ物を食べていても、それと同時に注意が必要な栄養素を摂ってしまうとその効果が半減して美白に良い栄養素は効果がないと思い込んでしまう原因にもなります。

効果的にシミやくすみをなくしていくためにも、注意が必要な栄養素と食べ物を知っておきましょう。

ソラレン

メラニンの生成を抑制する栄養素がある一方で、メラニンの生成を促してしまう美白効果とは真逆の栄養素もあります。

その一つがソラレンです。

ソラレンはレモンやオレンジの皮に多く含まれ、他にも春菊やキュウリなどの身近な野菜にも入っている栄養素です。

ソラレンを摂り過ぎると紫外線を吸収しやすくなってしまい、肌が黒くなったりシミやくすみが増えてしまう可能性があります。

食べてから2時間後までは特に紫外線の影響を受けやすい状態になっているので、できるだけ摂らないようにするとともに摂る時は時間帯もしっかりと考えてソラレンの含まれる食べ物を食べる必要がありそうです。

カロテン

カロテンはニンジンやホウレン草、トマトといった健康に良い食べ物に多く含まれている栄養素です。

そのような野菜に含まれるカロテンがなぜ美白効果と真逆の作用をしてしまうのかというと、それらの食べ物の色にも問題があるからだと言えます。

これらの食べ物は色が濃く、肌の色を黄色くしてしまう原因を作ってしまいます。

ただし、肌や健康に良い働きをしてくれることも多く、全く摂らないと野菜不足になってしまうので肌が黄色くなってしまうという可能性を頭に入れた上で注意して摂っていくことをおすすめします。

カロテンが含まれていてもビタミンCなどの美白効果がある栄養素も一緒に含まれている食べ物もあるので、注意して他の食べ物と一緒に摂ることで、肌に悪い影響を軽減することもできるでしょう。

外側からもケアが大事!

美白のために体の内側からケアをしていくことも非常に大切ですが、体の外側からケアをしていくことも大切です。

外側からのケアとして代表的なものには、美白化粧品を使ってメラニンの生成を抑制したりできてしまったシミやくすみを消していくことが挙げられます。

美白化粧品にもビタミンC誘導体など、この栄養素が含まれているものもあります。

関連記事美白にはビタミンCが鉄則?一日の摂取量と3つのビタミンC誘導体

良いとされる栄養素を一種類だけでなく、数種類併せて摂っていくことで更に美白効果を高めることができます。

肌の表面と内側の両方からケアを行っていくことで、将来のシミの数も変わっていきます。できてしまったものをケアするのも大切ですが、これからできるものをできないように予防するための美白ケアもしっかりとしていくようにしましょう。

食べ物は美白に悪いものは全く食べないというのは難しいですし、美白には悪くても他のことには良いものもあるのでその判断が難しいですが、どんなものでも摂り過ぎには注意して、美白に良いものを多めに摂っていくように心掛けてみてください。

関連記事全身に使える美白系スキンケア「ホスピピュア」

まとめ

  • 美白のためにも積極的に摂っていきたい栄養素は、ビタミンCと鉄分。
  • 美白とは程遠い効果を持つのが、ソラレンとカロテン。
  • 良いとされる栄養素を一種類だけでなく、数種類併せて摂っていくことで更に美白効果を高めることができる。