美白の定番?ハイドロキノンの効果が期待できるシミのタイプ

ハイドロキノン 美白

美白コスメで使用される有効成分の一つハイドロキノン。すでにあるシミを薄くする効果が高く、アンチエイジングコスメでも人気の成分です。

ハイドロキノンにはどのような効果があるのか。そして成分の気になる特徴についてご紹介しましょう。

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンは肌にとても刺激が強いというイメージを持っている方も多いと思いますが、美白効果が高いこの成分は麦芽やコーヒー、イチゴなどに含まれている天然成分の一つ。

ハイドロキノンの還元作用は酸化防止剤として使用される場合もあり、写真の現像やゴムの加工でも使われています。

この還元作用ですが、私たちの体にも実は大切な役割があり、細胞の老化を予防する効果があります。還元作用とは鉄が錆ついてしまうのと同じ現象。体の細胞も年齢によりどんどん老いて行くのは酸化による錆のためなのです。

ハイドロキノンは日本国内でも数々のコスメとして使用されていますが、さらに人気があるのがアメリカ。アメリカでは美白成分といえばハイドロキノンと言われるほどお馴染みになっています。

日本ではハイドロキノンは医師の処方が必要になる成分でしたが、2001年の薬事法の規制緩和より一般的にコスメとして使えるようになりました。

このようにハイドロキノンを使った美白ケアは大変効果がありますが、肌にも負担になる点が不安になる方も多く、敏感肌の人はあえてハイドロキノンを避けている人も少なくはありません。美白化粧品は使う量にも注意して使用しましょう。

関連記事ハイドロキシン配合化粧水の効果とは?使用方法4つの注意点

ハイドロキノンの魅力

なぜハイドロキノンは美白の効果があるのか、魅力点についてご紹介しましょう。

そもそもシミや肌のくすみの原因になるがメラニンを生成する酵素チロシナーゼ。ハイドロキノンはこの原因となる酵素を抑制し、メラニン色素の生成を行う色素細胞に直接働きかけるメリットがあります。

ハイドロキノンの美白の魅力は今後にできる新たなシミの予防効果。シミは紫外線を浴びてから数年後に肌の表面にでてきます。そのため、皮膚の下で待機している予備軍は表面化してない為、後で大変な思いをしてしまうのです。

ハイドロキノンの魅力は、シミの予備軍を抑制して紫外線のダメージから肌細胞を守ること。

そして最大の魅力点がすでにできたシミを薄くする働きです。年齢とともに広がる顔のシミ。はじめは薄く気が付かない程度でも、あっという間に濃いシミに変わってしまいます。

メラニン色素は紫外線を浴びることで体内の活性酸素が大量に発生し、メラニンが活発になることが原因です。

美白は改善と予防の二つを同時にすることがポイント。ハイドロキノンの美白効果はコスメでも評判になっていますが、年齢を感じる肌にはくすみの改善、肌の透明感アップなどにも効果があります。

関連記事ハイドロキノン効果を知り正しく使用しよう

ハイドロキノンの効果が期待できるシミのタイプ

一見シミはどれも同じように見えますが、種類はそれぞれ異なります。ハイドロキノンの効き目が発揮できるシミの種類は、そばかす、炎症後色素沈着、肝斑、老人性色素斑です。

肌の漂白剤とも呼ばれているハイドロキノンは、ビタミンCやプラセンタなどの美白成分よりも10倍~100倍近くの美白効果があるとも言われています。皮膚の表面にあるシミを薄くする効果はありますが、角質層の奥のシミには有効ではありません。

昔から皮膚科で使用されている成分ですが、副作用などのリスクもある為慎重に使用しないといけませんね。

ハイドロキノンが配合された化粧品は肌が乾燥したり炎症を起こす場合もあります。敏感肌や乾燥肌の方は刺激の少ない美白成分を使ったほうが安心な場合もありますよ。

最近ではハイドロキノンの刺激を抑えて加工されたコスメも増えていますので、美白化粧品を使う際はまず肌につけてチェックしてみましょう。

紫外線や加齢により増えるシミ。そのまま放置しておくとさらに濃くなってしまいます。美白化粧品を上手に使いながら、シミの改善と予防を始めましょう。

また肌の摩擦もメラニン色素を活発にする原因となりますので、洗顔の時にごしごしこするのも要注意ですよ。

関連記事シミに効く、ハイドロキノンクリームの注意点!

ハイドロキノンの注意点

ハイドロキノンは副作用の危険性があるといわれていますよね。主に美容外科で塗り薬として処方され、シミやそばかすの治療として使われています。一般に販売されているコスメでも使用されていますが、使い際には注意した点がいくつかあります。

まずはハイドロキノンの保管方法。そのまま常温で保管すると光や寝るにより成分の働きが減少し、変質して皮膚に負担になる場合もあります。処方された場合には医師の指示に従い、保管場所や保管方法にも注意しましょう。

そして注意したいのはハイドロキノンを使用する時は必ず紫外線対策をしましょう

ハイドロキノンはメラノサイトの活動を抑える為、肌はダメージを受けやすくなっています。活性酸素は肌の細胞を老化させる原因になりますので、シミができやすくなってしまいます。

日中は日焼け止めをこまめに塗り直し、メイクをしている場合は日焼け止め効果のあるファンデーションを使用してください。

ハイドロキノンは医療機関で処方されたものを使うことをおすすめします。肌へのリスクや使い方など正しく理解してから使うことが必要です。間違った使用方法や、海外のものなどは肌に合わない場合もありますので、慎重に取り扱いましょう。

関連記事皮膚科で処方されるハイドロキノンとトレチノインの効果と注意点
関連記事ハイドロキノンより安心な成分を使用したホスピピュアの記事も見てみる

まとめ

  • ハイドロキノンの成分は天然成分の一つでアメリカでは美白成分といえばハイドロキノンと言われるほどお馴染みになっている。
  • 皮膚の表面にあるシミを薄くする効果はあるが、角質層の奥のシミには有効ではない。
  • シミを薄くする効果は期待できるが、使用中は日焼け対策を万全にしないと逆にシミができやすくなる。