美白化粧品はシミの予防にしかならない?消す方法はあるの?

美白 シミ 化粧品

美白でシミを消すには化粧品を使ってスキンケアをしたり、メイクで隠すなど皆さん色々な方法で工夫されていると思います。本格的な方法にはレーザー治療もあり、シミの対策は自分でできる方法から医療機関まで様々。

それぞれにどんな特徴があるのか早速ご紹介しましょう。

シミを消したいなら医療レーザー

濃いシミは化粧品を使っても完全に消すことができません。大変厄介なシミは医療レーザーで消すことができますが、確実な効果があるのでどうしてもシミを消したい人には人気がありますよね。

医療レーザーは美容外科クリニックなどでできる治療方法で、専用のレーザーをシミにあて、原因となる色素細胞を細かく粒子状に分解する方法です。

レーザー画像

レーザーの仕組み
引用元:蔵皮フ科・形成外科

 
気になるのが施術にかかる費用ですが、シミの大きさ、数、濃さなどにより料金は異なります。一般的にはシミが1㎝程度の大きさでやく1万円前後の費用がかかるとも言われています。

クリニックや施術方法によっても値段が異なりますので、まずはカウンセリングで相談をしてみましょう。シミの種類によってはレーザーで効果がない事もありますので、あらかじめ調べておくと安心ですね。

美容外科クリニックは日本全国にあり、シミやシワなどアンチエイジングの治療を受ける方も増えていますよね。

自分でケアを続けたけど効果がない、とても目立つシミがコンプレックスになっているなど理由は色々です。医療レーザーは何度が通院が必要になる場合もありますので、できれば通院しやすいアクセスの良い場所なども参考にしてみましょう。

シミは一度できてしまうと簡単には消えませんよね。化粧品や食べ物、サプリなどで毎日頑張ってシミのケアを続けている方もたくさんいます。

医療レーザーはお金がかかりますが、確実な効果が期待できますので本格的な美容効果を得たい人におすすめ。まずは気になるクリニックに問い合わせしてみましょう。

関連記事レーザーでのシミ除去!どんな種類のシミがの除去できるの?

美白化粧品でシミ予防

シミを予防するなら毎日のスキンケアが効果的です。一般の化粧品には含まれていない美白有効成分が入った専用の化粧品は、濃いシミが薄くなるなどメリットも色々。

将来的にシミを増やしたくない時には美白化粧品での予防対策が欠かせません。そこでぜひ知っておきたいのが美白化粧品の選び方ですよね。ポイントは大きく分けて2つ。

まず一つ目は美白美容液を使うこと。化粧水と比較すると配合成分が凝縮され、美白効果も抜群。気になる濃いシミにターゲットを絞りポイント使いできる点も魅力ですね。

美容液はコスメのなかでも価格が高いタイプが多いですが、その分少量で効き目があり目的別に選ぶことが大切ですね。

そしてもう一つ選び方のポイントは値段。

美白化粧品でシミを消すには一時的なお肌のお手入れでは効果がありません。時間をかけないと満足できない為、美白化粧品はなるべく経済的に使えるコスパのよいものが安心ですね。

美白化粧品は紫外線が強い夏だけ使う方もいるようですが、本来は季節を問わずに年間使うもの。そこで高級な美容液よりも継続しやすい価格帯のものがいいのです。

美白美容液は各社から販売され、魅力的な商品も色々ありますよね。どれもこれも使ってしまうと、成分が肌馴染むまで時間がかかるのでかえって効果が無い場合もあります。

自分の肌にあったものが見つかったら、なるべく同じブランドを長期的に使用しましょう。多少値段が高いブランドでも定期購入などで割り引き価格で買える特典もありますよ。

オススメの商品はアスタリフトのホワイトエッセンスフィルト。

アスタリフト化粧品

FUJIFILM アスタリフト化粧品
参照:FUJIFILMビューティー&ヘルスケアOnline

 
美白有効成分が豊富に配合され年齢肌のケアにとても注目されています。

関連記事美白化粧水を口コミで選んでも大丈夫?上手な選び方のコツ5つご紹介!
関連記事シミ改善に効果の高い湘南美容外科開発商品の記事はこちら

シミをメイクでカバーする方法

濃いシミはすぐに消すことができません。大切な日の前に頑張ってスキンケアをしても、一日では残念ながら消えるものではないのです。

そこでどうしてもシミを隠したい時におすすめなのがメイク。使うものはお馴染みのコンシーラーです。

美白 シミ 化粧品
しかし使い方を間違えてしまうと、コンシーラーを塗った部分だけが浮いてしまう為、自然に馴染ませるには上手に選ぶことがポイント。

コンシーラー選びのコツは肌の色よりもワントーン暗いカラーを使うことです。

コンシーラーは厚く塗ってしまうとその部分だけが目立つ為、肌になじませるように叩いて使うと効果的。グラデーションの方法で上手に広げましょう。

またシミの大きさや色によってコンシーラーを使い分けることも大切ですね。スティックタイプやペンシルタイプなどもあり、広範囲に使う時はリキッドタイプなどもあります。目的ごとにコンシーラーを上手に使ってくださいね。

コンシーラーの使い方ですが、シミに直接塗るのでなく2周りほど大きめにコンシーラーで円をかいたら徐々にシミに近づけて馴染ませることがポイント。

順番はコンシーラーの後にパウダーファンデーション、リキッドの場合はファンデーションの後にコンシーラーを使い最後にパウダーで仕上げをしてください。

まとめ

  • シミは化粧品等では消すことが出来ないため、手早く確実に消したいなら医療レーザー。
  • 美白化粧品は同じブランドのものを長期的に使う。
  • メイクで隠すならコンシーラー。固形ファンデならコンシーラーを先に、リキッドならファンデを塗った後にコンシーラーを使い、最後にパウダーで仕上げる。