甘酒には美白効果以外にも嬉しい効果が!飲むタイミングはいつ?

甘酒 美白

お正月に飲むイメージが強い甘酒ですが、実は甘酒は美白効果が高いということをご存知でしょうか。

甘酒はメラニンの生成を抑制してくれる効果が高いコウジ酸が原料となっていて、美白効果が高いといった女性に嬉しい効能が期待できます。

しかし、甘酒が美容に良いとされている理由は美白効果だけではなく、栄養価が高く健康効果や美容効果が高いことも挙げられます。甘酒の効果や飲むタイミングについてご説明します。

甘酒は吸収されやすいって本当?

実は甘酒は”飲む点滴”と呼ばれているほど、吸収されやすい飲み物です。体に吸収されやすいことのメリットは、その効能が早く体に浸透して効果がすぐに得られることです。

甘酒が吸収されやすい飲み物であることは本当なので、早く美肌効果を得たいという人はお正月だけでなく普段から積極的に甘酒を摂っていくと良いでしょう。

甘酒に含まれる栄養素にはコウジ酸、ビタミンB群、アミノ酸、ブドウ糖、オリゴ糖、食物繊維などが挙げられます。

期待できる美容効果には美白効果、肌の細胞を活性化するアンチエイジング効果、血流を良くして目のクマを解消する効果、髪や爪を綺麗にしてくれるような効果などがあります。

また、甘酒と聞くと一種類しかないようなイメージがありますが、甘酒には二種類あるということを覚えておいてください。その二種類の違いは何から作るかという原料からの違いになるのも意外ですよね。

甘酒の種類のうち一種類は日本酒を作った時に残った酒かすから作ったもので、もう一種類は米麹を混ぜていき、それを発酵させる手間をかけたものです。二種類の甘酒の違いは手間だけでなくアルコールの量や効果、価格なども違ってきます。

関連記事美白に有効なビタミンが摂取できる食べ物とは?
関連記事顔のシミを食べ物で薄くすることはできる?シミを消したい時に摂るべき食事とは

おすすめはノンアルコールの米麹

酒かすから作られた甘酒にも睡眠の質を高めるというような効果が期待できますが、おすすめは米麹から作る甘酒です。

日本酒から残った酒かすから作る甘酒がアルコールを含んでいるのに対し、米麹から作る甘酒はノンアルコールで砂糖も不使用です。

ノンアルコール 有機赤米 甘酒画像

ノンアルコール 有機赤米 甘酒
引用元:Amazon

 
砂糖を使わなくても自然な甘みがあるのが米麹から作る甘酒の特徴の一つで、アルコールが含まれないことから子どもでも飲むことができます。

米麹から作った甘酒には善玉菌が含まれているので活性酸素を減らし、シミやくすみの原因をなくして美白効果を高めてくれます。肌荒れの予防もできるので、ニキビなどもできにくくなるでしょう。

良いことがいっぱいのように感じる米麹から作られたノンアルコールの米麹ですが、手間がかかっている分、価格は酒かすから作るものより高めとなっています。

それでも高い美容効果があることからもおすすめなので、美容目的で甘酒を続けるなら米麹からできているものかをポイントに甘酒を選んでみてください。

糖分を摂り過ぎると美容にも悪い効果を及ぼすことがわかっていますが、酒かすからできたものには糖分が加えられてしまっているので、自然に甘みがでる米麹から作る甘酒なら糖分の摂り過ぎも抑えることができるのです。

関連記事シミができやすい場所はどこ?原因と予防対策を部位別にご紹介!

甘酒はいつ飲むのが効果的?

飲むだけで良い手軽な美容法の一つである甘酒ですが、もちろん飲むタイミングというのも重要で、同じ量を摂ったとしても時間帯によってその効果は変わってきます。

甘酒を飲む時間帯として良いタイミングは、その目的によって異なってきます。これは甘酒にはいくつかの効果があり、どの効果を高めたいかということで飲む時間帯を考えるのが良いからです。

朝はたくさん食べても大丈夫と言うように、ダイエットのためなら朝飲むのが良いでしょう。朝甘酒を飲むとその効果は一日中続き、脳にしっかりと糖分が届くので仕事などの効率を高めることができます。

また、睡眠の質を高めたいなら夜に温めた甘酒を飲むのが効果的です。

甘酒の量はコップ1杯程度がベストなので、飲み過ぎには注意してください。

関連記事美白に効果的な栄養素+食べ物と悪影響を及ぼす栄養素2つ

甘酒パックで美白!美肌を手に入れる方法

甘酒は飲んで体の内側から効果を発揮させるのも良いですが、甘酒パックをすれば体の外側からも美白効果を得ることができます。

甘酒を塗る甘酒パックをすることで甘酒の美肌効果を直接肌へと浸透させることが可能です。

甘酒パックが効果的なことの証明としては、日本酒を作っている人の手がとても白く綺麗なことからもわかります。

もし、甘酒が肌荒れの原因となるものだったら日本酒を扱う人の手は荒れているはずですが、そうでないことからも美容効果の高さが実証されていますよね。

一点だけ注意したいのが甘酒には保存料を含むものもありますが、甘酒パックをする時には保存料を含まないものを使用するべきだということです。

正しい方法で甘酒パックを行って、美肌を目指しましょう。

関連記事2タイプ別美白パックおすすめ3選!定期的なパックで美肌を手に入れる!

甘酒パックのやり方

パック中の女性画像
甘酒パックのやり方はとても簡単で、洗顔後に甘酒を顔に塗って5分経ったら洗い流すだけです。

しっかりとつけたい場合には、ベビーパウダーと甘酒を混ぜ合わせてから顔に塗るのもおすすめです。

甘酒が肌荒れを予防することからもわかるように、甘酒パックは敏感肌の人にも向いている美容方法です。敏感肌の人も、是非安心して甘酒パックを試してみてください。

甘酒を飲むのと甘酒パックをすることの両方を実践することによって、より美白効果や美肌効果が高くなることを実感できるはずです。

関連記事黒ずみやニキビ改善にヨーグルトパックが効果的?効果アップの秘訣とは
関連記事全身に使える美白系スキンケア「ホスピピュア」もオススメ!

まとめ

  • 甘酒は”飲む点滴”と呼ばれているほど、吸収されやすい飲み物。コウジ酸、ビタミンB群、アミノ酸、ブドウ糖、オリゴ糖、食物繊維などが含まれる。
  • おすすめの米麹から作る甘酒はノンアルコールで砂糖も不使用だが、酒かすから作るものより価格は高め。
    美容目的で甘酒を続けるなら米麹からできているものかをポイントに甘酒を選ぶ。
  • 飲むタイミングは、ダイエットのためなら朝、睡眠の質を高めたいなら夜に温めた甘酒を飲むのが効果的。
  • 甘酒パックをする時には保存料を含まないものを使用するべき。