目立つシミでも美白はできる?シミに有効な美白成分はコレ!

%e7%be%8e%e7%99%bd%e3%80%80%e3%82%b7%e3%83%9f

美白ケアは毎日のスキンケアの習慣になりつつあります。
美白でシミを消したい、薄くしたいという方が大勢いますが、美白の技術も近年さらに進化して効果的なケアができるようになりました。

そこで早速ですが美白とシミに関する基礎知識をご紹介したいと思います。

シミができるメカニズム

シミができるメカニズム
そもそもシミができるのは何故だかご存じですか?
シミの原因は大きく分けて3つ。それぞれのメカニズムをご紹介しましょう。

1. 紫外線

シミの最大の原因となるのが紫外線。紫外線には波長の短いUVBと波長の長いUVAがあります。

UVBは皮膚に直接ダメージを与えDNAに傷をつけてしまいます。紫外線が体内に入ると細胞を刺激から守る為メラノサイトが刺激され、メラニン色素が活発になりシミとなってしまいます。

肌は本来新陳代謝によりメラニン色素は対外に排出されますが、様々な要因でシミが発生したまま表皮の表面に残ってしまうのです。

関連記事シミ予防は紫外線対策を徹底して!予防アイテムは成分をしっかりチェック!

2. 活性酸素

紫外線を浴びると体内で活性酸素が大量に発生します。活性酸素とともにメラノサイト刺激ホルモンも分泌されるため、シミができやすくなってしまうのです。活性酸素は紫外線以外にも加齢、ストレスなどが原因となります。

関連記事シミの原因は紫外線だけじゃない!手軽にできる2つのシミ対策

3. 炎症によるシミ

シミの原因のなかにはニキビ跡などの炎症が要因となりシミができる場合もあります。皮膚に炎症がおこると回復するために新しい細胞が再生されますが、その際にメラノサイトも一緒に活発になってしまいます。メラニン色素が作り出されシミが産出されてしまいます。

関連記事ニキビ跡の色素沈着に効果の高い化粧水と市販薬選びのコツ

美白のメカニズム

美白のメカニズム
シミ一つない白い肌は誰でも憧れますよね。美白化粧品の市場も拡大され、今では美白は日常的なスキンケアとして定着しつつありますよね。

そもそも美白とは、直接的に肌を白くするものでなく、黒くなるのを防ぐもの。メラニンやメラノサイトに働きかけてシミをケアする方法です。美白の働きの一つにメラニン合成のブロックがあります。

肌が黒くなる原因となるメラニンを抑制すればシミの予防ができるのです。メラニンの働きが衰えると今以上にシミが濃くなることや新しく増えることがありません。時間とともに徐々に肌も白くなる効果があります。

美白にはメラニンの排出を促す働きもありますが、通常は肌本来の働きでメラニンを体外に排出しています。しかしこの新陳代謝の働きが不安定だとシミが残りやすくなるのです。

メラニンの色を薄くすると、黒いシミが茶色へ変化し徐々に目立たなくする効果が期待できますね。紫外線を浴びるとすでにある茶色のシミがさらに色を濃くなる可能性がありますので、還元の力を利用してメラニンを薄くする目的もあります。

関連記事美白化粧品はシミの予防にしかならない?消す方法はあるの?

シミに有効な美白成分

シミに有効な美白成分
シミの対策に使用される美白化粧品ですが、成分の働きを理解しておかないと効率的なシミケアができません。そこで主な有効成分の特徴をご紹介しましょう。

ハイドロキノン

美白成分として有名なハイドロキノンですが、チロシナーゼを阻害する働きとメラニンを薄くする還元作用があります。シミへの効果が非常に高く、お肌の漂白剤と呼ばれるほど。しかし刺激が強く美白化粧品で使う際には十分注意が必要です。

関連記事シミに効くハイドロキノンクリームの正しい使い方と注意点!

ビタミンC誘導体

ビタミンCは水や熱に弱く化粧品の成分にすると壊れやすい特徴がありました。これを改良したものがビタミンC誘導体。メラニン色素の還元作用を始め、メラニンを抑制する働きなどが特徴です。

単体で使用すると肌が乾燥する可能性もありますので保湿成分と併用したほうが良いでしょう。

関連記事美白にはビタミンCが鉄則?一日の摂取量と3つのビタミンC誘導体

トラネキサム酸

メラニン色素の生成をブロックする働きがあり、同時に炎症を抑える効果もありますので美白以外にも肌荒れや肝斑を治すメリットもあります。ハイドロキノンに比べると刺激も少なく使いやすい美白成分の一つ。

関連記事トラネキサム酸配合で全身に使える美白系スキンケア「ホスピピュア」

ほかにもコウジ酸、ルシノール、プラセンタエキス、エラグ酸など、美白は予防するか、改善するかのどちらの目的で選ぶかが重要です。

美白化粧品の選び方

美白化粧品の選び方
美白化粧品を選ぶのってとても大変ですよね。どれも魅力的で使ってみたくなるアイテムがたくさんあります。そこで失敗しない為に知っておきたいいくつかの選ぶポイントをご紹介しましょう。

まず美白化粧品のパッケージを見て、「美白」「医薬部外品」の表示がされていると思います。この二つは国が安全性を認めた成分を使用しています。美白化粧品はどれも同じように見えますが、まずは安全性が高いものを選ぶことが大切ですね。

そして美白の目的をはっきりすること。既にあるシミや肌のくすみを改善したいのか、それとも今後できる新しいシミを予防するのか、この目的によって選ぶ有効成分が異なります。

関連記事シミを消す効果のある美白化粧品は厚生労働省認可の成分をチェック!

予防するにはトラネキサム酸やアルブチンがオススメ。濃いシミを薄くするのであればハイドロキノンが良いでしょう。

そして美白化粧品を選ぶ際のポイントが価格。美白の効果を実感するためには、何か月も時間がかかります。シミを薄くするだけでなく予防をするためには日常的な美白が欠かせません。そのためにもお財布に優しい美白化粧品がいいですよね。

質と値段のバランスをじっくり吟味して、毎日安心して使える化粧品を選びましょう。

関連記事美白成分の種類と選び方!美白肌の敵メラニンを薄くする成分とは?

まとめ

  • シミの最大の原因となるのが紫外線により、メラニン色素が活発になること。
  • シミに有効な美白成分を理解して、目的に合う化粧品で対策すると効果的。
  • 美白化粧品を選ぶ際のポイントは、「安全性」「目的」「価格」に注目。