シミ予防は紫外線対策を徹底して!予防アイテムの選び方2つのポイント

シミ 予防

シミはできてしまってから消すのはとても大変。そこでシミのケアで最も重要な点が、日頃の予防対策なのです。

でも「シミの予防なんてできるの?」と心配な方もいるのではないでしょうか。そこでぜひご紹介したいシミの予防方法についてまとめてみました。

シミの予防には紫外線対策を徹底!

シミの原因のひとつは「紫外線」。しっかり肌を守っていきましょう。

日焼け止めを毎日使う

シミの予防で絶対に欠かせないのが紫外線対策。天気が良い時だけでなく、曇り空でも肌は紫外線を浴びています。そこで油断しない為にも行いたいのが日焼け止めを使うこと。

紫外線を浴びると肌で作られたメラニンが表面に表れ、シミとなっています。紫外線のダメージから肌を守るには毎日日焼け止めの使用をオススメします。

紫外線は天気の良い日で100%、曇り空で30%もあると言われています。夏場の強い日差しの場合はSPF50の日焼け止め、それ以外はSPF20~30程度の日焼け止めを選びましょう。

日焼け止めは顔専用タイプやボディ専用、敏感肌用など色々なタイプがありますので、選ぶ時は自分の肌に刺激の少ないものを選びましょう。

また紫外線は夏だけでなく、寒い冬の季節も要注意。確実に紫外線対策をするには、年間を通して日焼け止めを使うと良いでしょう。効果の異なるタイプをシチュエーションごとに使い分け、効果的な紫外線対策をしてください。

関連記事シミの原因は紫外線だけじゃない!手軽にできる2つのシミ対策

日焼け止めの塗り直しを怠らない

日焼け止めを塗っても肌がしっかり焼けてしまう時がありますよね。紫外線対策をするには、日焼け止めの使い方にも注意が必要です。

最近では海水浴以外でも、日頃から紫外線対策として日焼け止めがスキンケアの習慣となってきました。シミの予防はアンチエイジングだけでなく、若い年齢層でも大変気になる点ですよね。

そこで注意したいのが日焼け止めの使い方。朝つけたら一日安心、と思うのは大きな間違い。日焼け止めは日差しが強い時ほど、こまめに塗り直しが必要です。屋外にいる場合は2~3時間ごとに塗り直しましょう。

しかし日焼け止めは腕や体なら塗り直しも可能ですが、顔だとメイクをした後に何度も塗りなおすのは大変。こんな場合には紫外線予防効果のあるパウダーやファンデーションを使うと安心ですね。

それぞれの日焼け対策コスメには使い方が記載されていますので、効果を発揮するためにも、必ず説明通りに使いましょう。

関連記事日焼けはシミになる!?日焼けによるシミの予防方法

医薬部外品の美白化粧品も紫外線によるシミを防ぐ!

シミの予防は皮膚科で薬を処方してもらう事も方法の一つですが、もっと手軽に自分でできる方法として医薬部外品の美白化粧品を使う方法があります。医薬部外品の化粧品は、紫外線のダメージから肌を守り、シミやそばかすを予防する働きがあります。

紫外線は思っている以上に肌に浴びる機会が多く、ついつい油断をしてシミの原因を作ってしまうのです。そこで毎日できる予防策が医薬部外品の美白化粧品。美白化粧品として最近はとても人気がありますよね。

アンチエイジングブランドを始め、年齢層が若い女性もシミ予防として習慣的に使っています。美白化粧品には化粧水を始め、乳液やクリーム、そして美容液など色々なタイプがあります。

早く効果を出したい時は、美白化粧品のシリーズをライン使いするのがオススメ。しかしコスト的に難しい場合には、美容液をプラスして気になるシミに直接つけても良いでしょう。

関連記事気になる、シミを消す化粧品って何だろう?!

シミ予防アイテムの選び方

シミ予防イメージ画像

成分表示必ずチェック!

シミ予防のアイテムを選ぶ時は、配合成分を必ずチェックしましょう。「美白」と書かれているだけではどんな成分が入っているかわかりませんよね。せっかく購入しても全くシミ予防効果が無い化粧品もたくさんあります。

そこで失敗しない為にも、まずは商品パッケージに記載されている成分を確認しましょう。

シミの予防には美白有効成分が欠かせません。

  • アルブチン
  • ビタミンC誘導体
  • カモミラET
  • プラセンタエキス
  • エラグ酸
  • マグノリグナン
  • トラネキサム酸
  • ルシノール
  • コウジ酸

これらの美白成分が配合されているか、または含有量がどれぐらいあるかもチェックしたい点の一つ。不安な場合はメーカーに直接問い合わせても良いでしょう。

シミの予防は美白成分の質により左右されています。手軽に使える医薬部外品でも、必要な成分を選べば満足なシミ予防はできますよ。

関連記事シミ対策化粧品の成分の種類と効果的な選び方

保湿力をチェック!

シミの予防をするには、肌の働きを活性化する必要があります。新陳代謝が活発になるほどシミの改善効果も高くなり、紫外線から肌を守るバリア機能も安定します。

そのために欠かせないのが保湿効果。シミ予防のアイテムを選ぶ時は、美白成分だけでなく保湿成分も注意してチェックしましょう。

肌が乾燥すると紫外線の影響を受けやすくシミができやすい状態。十分に保湿された肌は柔軟性がありキメも細かくなりますよね。日焼け止めをムラなく伸ばす為にもしっとり肌のほうが効果的なのです。

そこで意識したい保湿成分をご紹介しましょう。

  • コラーゲン
  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • アミノ酸
  • グリセリン
  • ホホバ油
  • スクワラン
  • NMF
  • ワセリン

保湿成分によっては化粧品の製造コストが高くなる場合もありますので、あまり値段が安い化粧品よりもある程度の金額がする物の方が効果がある可能性が高いと言えるかもしれません。

関連記事保湿も美白ケアもできるホスピピュア

まとめ

  • シミの予防で絶対に欠かせないのが紫外線対策。日焼け止めを上手に使いましょう。
  • 美白化粧品は同シリーズのライン使いが効果的。
  • 肌が乾燥すると紫外線の影響を受けやすい。十分な保湿のために商品の成分をチェック。