肝斑は紫外線だけが原因じゃない!女性ホルモンとストレスが要因になる?

%e8%82%9d%e6%96%91%e5%8e%9f%e5%9b%a0

シミの一種である肝斑(かんぱん)。ほかのシミと同様に肝斑にも原因がありますので、効果的なケアをするためにも、肝斑の原因と特徴をまずは理解しておきましょう。

シミは紫外線だけでなく複雑な要因が色々あります。

肝斑の原因、紫外線とシミのメカニズム

シミができるのは紫外線の為、と理解している方はとても多いのですが、しかし紫外線を浴びるとなぜシミになるのかメカニズムを知っている方は意外と少ないですよね。シミの効果的な対策をする為には、まずこのからくりを知っておく必要があります。

そもそもシミと呼ばれるものは、表皮の中で起こっています。紫外線を浴びるとダメージから肌を守る為の表皮細胞、ケラチノサイトや色素細胞のメラノサイトがシミの原因になるメラニンを作り出します。

私達の肌は表皮と呼ばれる厚さ約0.1㎜~0.3㎜程度の薄い層で構成されています。

紫外線メカニズム画像

紫外線メカニズム
引用元:水素水ppm.com

 
表皮をさらに分けると一番上の角質層をはじめ、表皮の下には真皮と呼ばれる層があります。シミが発症するのは表皮の部分。表面に出ていないシミも下で待機している為、紫外線対策はシミケアには欠かせません。

顔がシミだらけにならないのは皮膚のターンオーバーがある為。表皮の一番下の細胞が分裂し上に押し上げられると最後は古い角質となり剥がれ落ちていきます。

このターンオーバーの周期は健康な肌で28日。そのためシミは1か月あれば本来ならば消えるものなのです。

ターンオーバーの働きが衰えると、シミの原因は肌の中で蓄積されていきます。加齢により肌の新陳代謝が衰え、食生活やストレスなども悪影響になっています。

また長時間の紫外線もメラノサイトが活発になる原因の為。これらの要因によりシミが排出しきれず肌の表面にでてしまう仕組みになっています。

関連記事女性の全年齢平均36%が肝斑?!30代~40代に多い肝斑とは

肝斑が出来るのは特有の原因があった!

シミの種類の一つである肝斑。シミは肝斑以外にも色々な種類がありますので、それぞれに適したケアが必要です。紫外線が主な原因となるシミですが、肝斑には独特な他の要因があります。

女性ホルモンが原因

肝斑の原因になるのが女性ホルモン。肝斑は30代~40代の女性に多く発症することが特徴です。このシミの特徴は左右対称に頬骨などを中心に出現する事。

肝斑は50代後半までが症状が出る時期で、それ以降になると徐々に消える傾向があります。年齢が決まっている為、高齢者には肝斑の症状が出ることはほとんどないとも言われています。

紫外線を浴びるとできるシミですが、肝斑の場合は体の中に原因があると言えますよね。女性ホルモンは閉経前後の40代後半になると分泌が徐々に減少していきます。肌のハリがなくなり、シミやシワが増える時期でもあります。

ホルモンとの関係がとても重要なシミですが、もちろん紫外線によりさらにシミが濃くなる可能性もあります。

ストレスが原因

肝斑はホルモンや紫外線だけでなくストレスも要因の一つ。日本人の皮膚には肝斑ができやすく、特に色が浅黒い肌はさらにできやすいとも言われています。

頬、下あご、唇周辺など更年期の間に出現したり、ピルを服用中にもでる場合があります。

シミは女性にとってストレスになる原因の一つ。また30代~40代は家事や育児などで毎日忙しい生活を送るため、ストレスが溜まりやすいことも特徴です。紫外線対策をしっかり行っても、ある年齢になると女性は肝斑にも注意が必要ですね。

関連記事ストレスでシミができる?!ストレスによるシミの予防と改善方法

トラネキサム酸の肝斑への働きって?

トラネキサム酸は美白有効成分として有名ですよね。そもそもトラネキサム酸は医薬品として使用され、肝斑に効果があると初めて認められた成分です。

トラネキサム酸は皮膚科医がもっとも多く処方する薬の一つ。色素沈着を抑制する働きがあり内服薬として使用されています。色素の元になるメラニンの働きを抑制し、体の中から改善できるメリットがあります。

トラネキサム酸は美白化粧品の成分として使用される場合も多く、シミ改善にはとても期待ができる有効成分です。

関連記事トラネキサム酸配合!肝斑対策・予防にはやっぱりホスピピュアが一番?

トラネキサム酸の特徴について

トラネキサム酸はシミの治療だけでなく止血剤としても使われています。また特徴として、たんぱく質を構成するアミノ酸の一種であること。生体内の酵素プラスミンを抑制する働きがあり、口内炎やのどの腫れを治療する効果もあり、歯磨き粉にも使われる成分としてお馴染みですね。

肝斑との関係について

肝斑は女性ホルモンが原因といわれていますが、トラネキサム酸は直接的にホルモンに影響を与えるものではありません。トンラネキサム酸はメラニンの原因となるメラノサイトの活性化因子をブロックする働きがあります。

そのためトラネキサム酸を使っても女性ホルモンが乱れる事はなく、肝斑がない人が服用しても体に害がでる成分ではありません。

肝斑の治療は内服薬を使うことが多く、同時にビタミンCやビタミンEを組み合わせるとさらに美白効果があるとも言われています。内服薬で肝斑が綺麗になると、ほかのシミが目立つ可能性もありますので順にそれぞれの対処が必要になりますね。

関連記事美白にはビタミンCが鉄則?一日の摂取量と3つのビタミンC誘導体

まとめ

  • 肝斑は30代~40代の女性に多く発症し、原因は「女性ホルモン」や「ストレス」
  • 医薬品として使用される「トラネキサム酸」。肝斑に効果があると初めて認められた成分。
  • 肝斑の内服薬と同時に、ビタミンCやビタミンEを組み合わせるとさらに美白効果。