シミの4つの対策方法と注意点!体の中と外から原因に合わせてアプローチ!

%e3%82%b7%e3%83%9f%e3%80%80%e4%ba%88%e9%98%b2

何をしても消えないシミ。年齢とともに徐々にシミの数も増えていきますよね。

とても厄介なシミですが、原因に合わせた正しい方法でケアをすれば薄くすることは可能です。そこで早速ですが、シミの対策方法をご紹介しましょう。

そもそもシミの原因って?

シミができる原因は色々ありますが、一度できると完全にシミを消すのは難しいですよね。シミ対策を始める前に、まずはシミができる原因を知っておきましょう。

シミができる原因はメラニン色素が活発になるため。紫外線を浴びると刺激から肌を守るためにメラニン色素が活発になります。

また紫外線は体内で活性酸素を大量に作り出す為、肌の細胞が老化してシミを作りやすくなってしまうのです。

ほかにもシミ対策として知っておきたい原因には、加齢により肌の新陳代謝が鈍くなることや女性ホルモンが不安定になること、そしてストレスや睡眠不足も肌環境を悪くする原因。

シミの対策をするためには、それぞれの原因に合った方法でアプローチすることが大切です。

関連記事シミの4つの原因とメカニズムを知って美肌を目指そう!

シミの対策方法と注意点

背中シミ画像

サプリメントの摂取

シミの対策として効果的な方法の一つがサプリメント。本来は栄養バランスの取れた食事をしていれば肌の働きも安定するのですが、なかなか食生活で肌のケアをするのは難しいですよね。そこで不足する栄養補給として便利なのがサプリメントの摂取。

シミの対策は肌の表面だけでなく、体の中からメラニンを抑制する必要も十分にありますね。スキンケアにプラスするとさらに効果がアップするサプリメント。

最近では美容系のサプリの種類がとても増えていますが、シミの対策をするには美白効果のあるビタミン類などを意識してみましょう。

まずはビタミンC。食事からビタミンCを毎日摂取するのは簡単ではありません。ビタミンCは過剰に摂取しても、汗や尿として体の外に排出されてしまうのでサプリでサポートする方法がオススメです。

また肌を健康にするビタミンA、新陳代謝を活発にするビタミンEなど、シミの対策はサプリメントの栄養補給で肌本来の働きを活性化しましょう。

関連記事美白にはビタミンCが鉄則?一日の摂取量と3つのビタミンC誘導体

ピーリングでターンオーバー正常化

ピーリングは古い角質を強制的に剥がし、新しい角質層の生成を促すシミの対策方法です。肌のターンオーバーは加齢や生活習慣など様々な原因により不安定になります。

新陳代謝のスピードが活発になると、肌の中のメラニン色素を排出する速さも回復されるため、色素沈着したシミも効果的にケアができるのです。

ピーリングは市販のピーリング剤を使えば自分でも簡単にできますが、刺激が強いタイプもありますので心配な方は美容クリニックで治療を受けるとよいでしょう。

肌に刺激が少ない植物由来のピーリング剤も増えていますので、肌が敏感な方でも可能です。自分で市販のピーリング化粧品を使う場合は、必ず使用方法を守り刺激を与えすぎないように注意しましょう。

ピーリングは強制的なシミのケア方法。しかし根本的な原因を改善しないと、新たなシミができる可能性もありますのでピーリング化粧品だけに頼らずに、日頃からスキンケアは慎重に行うとよいでしょう。

関連記事シミ改善効果抜群!自宅でできるピーリング

レーザー治療

シミは化粧品だけではなかなかはっきりと効果が表れません。皮膚科などの医療機関でレーザー治療を受けると、シミを確実に薄くすることが可能です。

レーザーは医療用のパルスライトという特殊なレーザーをシミの部位に照射して、メラニン色素を破壊する方法です。レーザーで破壊したメラニンは、老廃物として肌の外に排出されて、照射した部位はかさぶたになり、治癒するとともに新しい角質層が作られるのです。

レーザーのシミ治療は効果がありますが、ほかの部位で新たなシミができる可能性もありますので、日頃からスキンケアで美白を意識することが大切ですね。

レーザー治療は費用もかかりますので、いくつかの皮膚科でまずはカウンセリングを受けるとよいでしょう。 レーザー治療は肌タイプによっては向かない場合もありますので、できるだけ負担が少ない方法で治療をすると良いでしょう。

レーザーは短期間で効果的な治療方法ですが、照射する光や機械の違いでも効果が異なります。

関連記事レーザーでのシミ除去!どんな種類のシミがの除去できるの?

美白化粧品

シミの対策として最も手軽な方法が美白化粧品を使うこと。化粧品は配合成分により、目的や効果が異なります。

シミの対策には美白化粧品がオススメ。美白化粧品には有効成分が配合されていますが、シミに効くといわれるのがハイドロキノン。

関連記事美白の定番?ハイドロキノンの効果が期待できるシミのタイプ

また年齢肌にも浸透性が良いビタミンC誘導体やリノール酸などもメラニンを薄くする効果が高く注目されています。美白化粧品は洗顔料を始め、化粧水、クリーム、美容液など様々。本気でシミの対策を始めるなら、肌につける化粧品のすべてを美白化粧品に変えると効果的ですね。

特にシミにはポイント使いできる美容液が欠かせません。濃いシミに美白有効成分を使い続ければ、徐々に目立たなくなり薄いシミならほとんど気が付かないほど消える可能性もあります。

美白化粧品は大手のメーカ―では大変力を入れて販売しています。美白シリーズなどはライン使いしたほうが相乗効果になる場合もありますので、ぜひ参考にしてくださいね。

関連記事湘南美容外科共同開発で話題の美白系スキンケア「ホスピピュア」

まとめ

  • シミは紫外線や加齢や女性ホルモン、ストレス、睡眠不足等が原因。
  • シミ対策には「サプリメント」「ピーリング」「レーザー治療」「美白化粧品」などがある。
  • それぞれの対策をより効果的になるよう、自身に合うものを継続して続けましょう。