肝斑治療にトラネキサム酸が効果ありって本当?副作用の心配はない?

%e8%82%9d%e6%96%91%e3%80%80%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%8d%e3%82%ad%e3%82%b5%e3%83%a0%e9%85%b8

肝斑(かんぱん)の治療にトラネキサム酸がとても効果があるといわれています。肝斑は紫外線でなく女性ホルモンの働きが原因になりますので、適切な治療をしないと効果がありません。

トラネキサム酸とはどんな成分なのか、知っておきたい基本知識についてまとめました。

トラネキサム酸って?

アミノ酸の一種であるトラネキサム酸は、抗アレルギーや抗炎症の働き、そして止血効果があるなど医療現場で使用されることが多い成分です。湿疹、じんましんの治療や止血剤の成分として使用するなど、あらゆる場面で活躍しています。

トラネキサム酸は肝斑、シミ、そばかす治療の為の内服薬、美白化粧品にも含まれていますが、利用目的により含有量は多少異なります。

そもそも、なぜ肝斑にトラネキサム酸が効果あるのか、その理由はたんぱく質分解酵素のプラスミンとの関係。肝斑ができる原因の一つにはメラノサイトが活発になる点がありますが、その引き金となるのがプラスミンなのです。

トラネキサム酸にはプラスミンを抑制する働きがあるので、肝斑を根本から改善する効果が期待できますね。肝斑は女性ホルモンの働きに影響されていますが、トラネキサム酸はホルモンの働きを変えるものではありません。

関連記事トラネキサム酸の効果を知ったうえで、30代以降のお肌の悩みに対抗しよう

肝斑の原因って?

肝斑は30代~40代の女性に多く発症するシミの一種。症状は、左右対称に同じ大きさや形で出現することが特徴で、頬骨や口の周辺など広い範囲で見つけることができます。目のまわりにはあまりできず、肝斑は色が抜けたようなシミに見える場合もあります。

原因はホルモンバランスの乱れ。30代~40代になると女性ホルモンの分泌が不安定になり、卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスが悪くなることが、肝斑の原因と考えられています。

また妊娠により肝斑ができる場合や、経口避妊ピルを服用してホルモンの働きが不安定になることも原因の一つ。

しかし体の中だけが要因になるわけでなく、ほかのシミと同様に紫外線には十分注意する必要があります。日本人の肌には肝斑ができやすい、といわれていますので、日頃からの日焼け対策はシミ全般の予防としても欠かせませんね。

また肝斑はストレスも関係しているといわれています。メラノサイトが紫外線などの刺激を受けるとメラニンを作りだしシミになりますが、その刺激要因となるのがストレス。

また睡眠不足などもホルモンバランスを不安定にする要因になりますので、生活リズムを整えることも肝斑予防に必要ですね。

関連記事肝斑は紫外線だけが原因じゃない!女性ホルモンとストレスが要因になる?

肝斑ができるメカニズムとトラネキサム酸の働き

シミは一般的に、紫外線がメラニンの働きを活発にすることが原因と言われていますが、肝斑は異なり女性ホルモン働きととても大切な関係があります。

多く発症する年齢30代~40代になると女性ホルモンの働きが不安定になるため、肌の新陳代謝も衰えてしまいます。本来なら肌の外に排出されるメラニンが、そのまま蓄積されてしまい、シミとなり皮膚の表面にでてしまいます。

この肝斑に効果ある成分の一つがトラネキサム酸。肝斑が発症する要因はメラノサイトが活発になるためで、その一因となるのがたんぱく質分解酵素のプラスミン。

トラネキサム酸にはプラスミンを抑制する働きがありますので、メラニンが生成される前の段階でメラノサイトを抑制できる効果があるのです。

トラネキサム酸はハイドロキノンのように刺激が強い成分ではないため副作用の心配はないといわれています。

関連記事肝斑の治療にレーザーはNG?トラネキサム酸が効果絶大!

本当にトラネキサム酸に副作用はないの?

副作用は少ないといわれますが、止血作用があるので注意しましょう。つまり血を固める作用があるので、血栓症の方や月経過多の治療薬を使っている方は医師の相談が必要です。

まれに胸やけや嘔吐、発疹などの症状がおこる場合がありますので、その際はすぐに医師と相談しましょう。

肝斑の治療はトラネキサム酸を内服薬や外用薬として使用することがとても効果的。病院で治療を受ける場合は必ず医師の指示に従い治療薬を使いましょう。

トラネキサム酸配合の美白化粧品がおすすめ!

肝斑は薬を使用した治療がとても効果がありますが、それだけでなく毎日のスキンケアもシミ対策に欠かせません。

トラネキサム酸は、皮膚科で処方される肝斑の治療薬としてお馴染みですが、市販の美白化粧品の成分にも含まれています。美白化粧品を使う際にはトラネキサム酸配合のタイプを選びましょう。

美白化粧品は主に、紫外線対策やすでにできたシミを薄くするなど、目的別により異なります。肝斑対策はホルモンバランスを整えるだけでなく、日頃の紫外線対策もとても重要なポイント。肝斑以外のシミを作らない為にも、美白化粧品を活用しましょう。

肝斑ができる30代~40代の女性の肌はターンオーバーを活性化することも必要。そのためトラネキサム酸で、肝斑対策をしながら同時にビタミンCなどでメラニンの働きを抑制する予防対策も効果的ですね。

肝斑は左右対称に発症することが特徴の一つ。50代後半になると自然と消えていくのですが、正しい美白ケアをしないと肝斑も色が濃くなるなど悪化する可能性がありますよ。

関連記事肝斑におすすめの化粧品は配合成分をチェック!効果的なケア方法とは
関連記事トラネキサム酸配合!全身に使える美白系スキンケア「ホスピピュア」

まとめ

  • トラネキサム酸には、肝斑の原因プラスミンを抑制する働きがあるので、肝斑を根本から改善。
  • 肝斑の治療はトラネキサム酸を内服薬や外用薬として使用することがとても効果的。
  • 美白化粧品を使う際にはトラネキサム酸配合のタイプで、日頃からケア。