シミ予防は日焼け防止が基本!紫外線A派B派別の日焼け止めの選び方

シミ 日焼け

一番暑い夏はもちろん、日焼けとは関係がないと思える冬でも紫外線は降り注いでいるので、ウィンタースポーツをした時に夏のような日焼けをしてびっくりした経験がある方も多いのではないでしょうか。

季節に関係なく注意していきたい、日焼けによるシミの予防方法についてご説明します。

日焼けはシミになる

日焼けをするとヒリヒリして赤くなり痛みがでるのもつらいですが、それ以上に嫌なことはその場だけでなくシミとして将来も残ってしまうことです。

日焼けがシミになる理由は、肌が紫外線を浴びた時にそのダメージから肌を守るために作られるメラニン色素が過剰に作られ、肌の機能が正常なら垢としてターンオーバーによって排出されるそれが肌に問題があることによって排出しきれずに残ってしまうからです。

その問題とは紫外線を多く浴びすぎて排出しきれない程の大量のメラニン色素を作りすぎてしまった他、加齢やホルモンバランスの乱れが原因となって肌のターンオーバーが上手くいかなくなってしまうことです。

肌の機能を改善させないままでいると、更に加齢によってその機能は衰えてきてしまい、シミが濃くなったりくすみの色が強くなり、シミの数もどんどん増えることになってしまいます。

大切なのはダメージを受けて肌が不健康な状態になる前に紫外線対策などでダメージを受けることを予防したり、その状態を回復させることです。

紫外線によって日焼けはシミになるということをしっかり覚えておいてください。

関連記事美白に日焼け止めは必須!部位別おすすめ日焼け止め3選

日焼け止めによる効率的なシミ予防

日焼けをすることがシミができることに繋がるということは、逆に日焼け対策をすればシミ予防ができるということも意味しています。

日焼け止めは効率的にシミ予防ができる、優れた日焼け対策のためのアイテムです。日焼け止めの基本である選び方と塗り方を実践することで、しっかりと日焼け対策をしてシミの原因を作るのを防止していきましょう。

日焼け止めの選び方

紫外線にはよくSPFとPAという文字が書かれていますが、このアルファベットの意味していることをご存じでしょうか。

実は、紫外線には紫外線A派紫外線B派と呼ばれる2つの種類があり、それぞれの人体に与える影響や紫外線対策方法は異なります。

したがって、日焼け止めを選ぶ時にもそのどちらのタイプの紫外線に対する対策をするのかを意識して選ぶ必要があります。

関連記事美白のための日焼け対策3つと日焼けタイプ別ケア方法

紫外線A派による日焼けの影響と日焼け止めの選び方

紫外線A派は真皮にまで達することで、シワやたるみの原因となる紫外線です。

紫外線A派の怖いところは紫外線B派と違って肌を黒くしたりはしないのでわかりにくいですが、注意しなければならないのは紫外線B派と違って一年中降り注いでいる紫外線であるという点です。

紫外線A派に対する日焼け止めの効果の高さはPA+の効果があるというものからPA++++の極めて効果が高いというものまで、+の数で表されています。+の数が1つ増えるごとに、紫外線A派を防止する強さも強くなるということになります。

PAの強さは室内にいる時など日常生活を送るだけならPA+からPA++程度で充分ですが、長時間の外出や炎天下の外出ではPA++++の日焼け止めを選ぶ必要があります。

紫外線B派による日焼けの影響と日焼け止めの選び方

紫外線B派は夏に一気に増えて冬には少なくなる肌を赤くする紫外線です。赤くなるだけでなく大量の紫外線を長時間浴び続けることによって、それに対抗しようとしてメラニンが生成されることによって、肌は黒く色素沈着します。

この色素沈着で黒くなった角質は正常な状態であれば垢として外に押し出されていきますが、上手く外に排出することができなければ肌に残り、シミやくすみとなってしまいます。

紫外線B派を抑えるためにはSPFの数字を見ます。SPFが意味している数字はいつも通り紫外線を浴びた時より何倍日焼けまでの時間を遅らせることができるのかということです。

この時間というのは個人差があり、通常なら紫外線を浴びてから20分で日焼けをするという人であればSPF20の日焼け止めを使った場合、その20倍の時間の400分後まで日焼けをして同じ状態になるまでの時間を遅らせることができるのです。

紫外線B派を抑えるためにはSPFの数字を見る
どの日焼け止めを使うかは個人差があるので、まずは自分が通常どれくらいで日焼けの炎症が起きるのかを把握して選ぶことが大切です。

PAやSPFが強いものが絶対に良いという訳ではなく、強いものは肌に負担をかけてしまうので、季節やシーン別に合ったものを選ぶことを心掛けてください。

日焼け止めの塗り方

  1. 日焼け止めの塗り方はリキッドのファンデーションと同じで、額・左右の頬・鼻・顎の全部で5か所に日焼け止めを置きます。
  2. そして、内側から外側に向かって大きく広げていきます。
  3. しっかりと日焼け止めの効果を高めるためにこれを2回繰り返し、日焼けしやすいデコルテや塗り忘れがちな耳の後ろ側までしっかりと伸ばすことがポイントです。

日焼け止め以外でのシミ予防方法

日焼け止めを塗るのは日焼け対策の基本ですが、それ以外の方法でもシミ予防をすることができます。

代表的なシミ予防方法としては、洋服を選ぶ時に長袖を選ぶなど衣類で直接紫外線が肌に当たるのを防止するのが有効です。

また、最近ではヘリオケアのように、飲む日焼け止めと言われるような体の内側から日焼けを防止する商品も注目されています。

これらの日焼け予防方法を日焼け止めを塗ることに併せて行っていくことで、日焼けがシミになることを予防する効果を高めることができるでしょう。

関連記事有名女性誌にも取り上げられるほど人気の美白系スキンケア「ホスピピュア」

まとめ

  • 紫外線によって日焼けはシミになる。
  • 日焼け止めは効率的にシミ予防ができる、優れた日焼け対策のためのアイテム。
  • 日焼け止め以外でのシミ予防方法として、洋服を選ぶ時に長袖を選ぶなど衣類で直接紫外線が肌に当たるのを防止するのが有効。