シミに効く薬の種類4つとその効果とは?飲み薬の選び方もご紹介

shimi-supplement

シミに効くと言われる化粧品はたくさんありますが、使用しても効果を感じないという経験をした方も多いと思います。

皮膚の表面を削ぐ、化学物質を塗る、などの強い薬品は別ですが、一般的には「効果があるといえば効いている気がするけど…イマイチ分からない…」ということの方が多いのではないでしょうか。

そんな方には、一度飲み薬に挑戦してみるのはどうでしょうか。

今回は、そんなシミに効く薬についてご紹介します。サプリメントなどではなく、しっかりと効果を実感できる医薬品に注目することが重要です。

シミに効く薬の種類とその効果

シミに効く薬の種類ですが、まずはシミの種類によって使い分けることが必要です。効果がある種類・成分を紹介します。

トラネキサム酸(トランサミン)

医療現場では止血剤として使用されている成分です。これはシミを作る原因であるメラニンの生成を抑えることと、色素沈着の抑制効果があります。これは、シミの中でも女性ホルモンのバランスが乱れることで起こる治療に効果があると言われています。

これはメラニンを活性化させるプラスミンという神経伝達物質の働きを邪魔することで効果を発揮します。

関連記事トラネキサム酸配合で湘南美容外科が開発したホスピピュア

ビタミンC

これは、お肌のコラーゲン生成に関わる成分です。これは抗酸化作用(身体を細菌などの悪いものから守る)があり、メラニンに働きかけて色素沈着を緩和する効果があります。

ビタミンンCは食べ物からも摂取できますが、摂取できる量にも限りがあるので、飲み薬で摂取することをおすすめします。

関連記事美白にはビタミンCが鉄則?一日の摂取量と3つのビタミンC誘導体

ビタミンE

メラニンは、チロシンと呼ばれるアミノ酸が酸化することでも作られます。この酸化する過程を阻害するのが、ビタミンEです。これは、高い抗酸化作用(身体を細菌などの悪いものから守る)があり、血流がよくなることで、新陳代謝が良くなります。

ビタミンCと同時併用することで、さらに相乗効果が期待できます。

L-システイン

先ほどご紹介したビタミンCと一緒に働いて、メラニン生成を抑制するアミノ酸の一種です。これは肌のターンオーバーを整えるので、メラニンを自然に排出してくれます。

保湿
この4成分が含まれた飲み薬を選ぶことをおすすめします。

シミに効く飲み薬の選び方

シミに効く飲み薬の選び方についてご説明します。飲み薬を選ぶといっても、種類も多く、成分をみても分からない…となってしまいますよね。選ぶときに「これを確認していたら安心」というものを項目ごとにご紹介します。

有効成分をチェックすること

これは、先ほどシミに効く成分でご紹介したものと重なりますが、シミに効果を出すためには、効果が出なければ意味がありません。なので、どんな有効成分が配合されているのかを必ずチェックするようにしましょう。

関連記事シミを消す美白成分の種類とシミ改善に効果的な化粧品の選び方と注意点

配合量をチェックすること

配合量は商品詳細説明欄に大抵記載がありますが、有効成分が1錠にどのくらい配合されているかをチェックするようにしましょう。配合量を見る際は、1日に摂取が必要な成分の目安量や、効果がでると言われる有効量をチェックしましょう。

例えば、アスコルビン酸なら効果が期待できる量は1,000mg…、といったように、それぞれの成分に基準が設けられています。

関連記事シミの主な種類4つとその特徴とは?原因を理解することが改善の第一歩

価格をチェックすること

買い物をするときに価格をチェックする人がほとんどだと思います。飲み薬は医薬品なので、サプリメントのような破格商品はありません。正しく健康的にシミをなくすために、おおよその金額を事前に確認をして、ある程度の予算を用意しておきましょう。

しかし、同じ飲み薬でも、取り扱い店によって、割引があることもあります。シミがなくなる効果を実感できるのは、一度飲んでではなく、継続をして飲むことです。そのため、継続して服用することを考えて、WEBで価格比較サイトをチェックすることをおすすめします。

自分にとっての飲みやすさをチェックすること

飲み薬が苦手だという方も多いです。錠剤は飲めるが、粉末は飲めない…、あるいは逆のパターンもあると思います。また、成分によっては独特の味がするので、商品を購入する前に、口コミなどで確認をしておきましょう。

ただ、医薬品は余計な添加物で味を誤魔化していない、ありのままの臭い、味なので、安心して飲むことができます。

安全性をチェックすること

飲み薬は塗り薬に比べて、成分濃度も濃いので、信頼できる、安全な薬を選ぶことが大切です。そのため、きちんとした(実績のある)製薬会社の薬を選ぶようにしましょう。

チェック
この5点を正しく確認をすれば、安全に薬を選択することができます。

シミに効く化粧品と併用するのが大事

今回は、シミに効く飲み薬についてご紹介しましたが、最もシミを消す効果があるのは、「シミに効く飲み薬と、化粧品を併用すること」です。

シミ取りで最も大切なのは、新陳代謝を促進することです。そのためには、内側のケアだけ、あるいは、外側のケアだけでは効果が出るのに時間がかかります。

できるだけ短時間で、納得のいく効果を出すためには内側・外側ともにケアをすることです。内側ケアで飲み薬(ターンオーバーをする)、外側ケアで化粧品(表面を修復する)ことが最も効果が期待できて、大切になります。

この外側ケアといっても、さまざまな種類の化粧品がありますが、最もシミ部分をコーティングし、修復してくれる美白クリームとの併用が最も相性が良いと言えます。

関連記事シミに効く化粧水はコスパ重視で選ぶ!効果の出る選び方と使い方

まとめ

  • あるい程度シミの改善に役立つ成分を知っておく
  • 一日に必要な摂取量など有効成分をよくチェックする
  • 薬を飲んでるからいいやではなく、化粧品で外側からも同時にケアをしてあげる