老人性色素斑とは?皮膚科とセルフケアで顔のシミを消す方法

老人性色素斑

若くてもできてしまう老人性色素斑。顔面をはじめ、手や背中、腕などの目立つ部分にできてしまうため、とても気になるという人は多いでしょう。いわゆるシミと呼ばれるほとんどが、この老人性色素斑です。

では、どのような事が原因で発症してしまうのでしょうか。また、その特殊なシミに効果的な治療法や日常生活レベルでできるケアについて検証します。

老人性色素斑の原因は?

老人性色素斑
老人性色素斑は、紫外線を浴びる事によってできてしまうシミです。別称、「日光黒子」と呼ばれています。名称通り、肌に紫外線があたる事によって、シミの元になるメラノサイトを刺激し、メラニンが増加します。つまり、紫外線や加齢などの原因でメラニン細胞や表皮細胞がダメージを受けて異常をきたしてできるのが老人性色素斑です。

名前だけを見ると、年齢を重ねた老人にできやすいイメージですね。ですが、紫外線を過剰に浴びる生活をしている人であれば、20代、30代の若い層でも発症します。つまり、加齢と紫外線の要因があれば、すぐにでも老人性色素斑が発生しやすくなるでしょう。

発症年齢の平均で見れば40代から増え始め、代謝が悪くなる50代~60代ではさらに増えたり、濃くなったりします。

関連記事紫外線は肌の老化を早めるだけでなく季節や時間帯・日陰や室内でも影響あり!
関連記事シミ予防は日焼け防止が基本!紫外線A派B派別の日焼け止めの選び方

皮膚科での治療法

老人性色素斑
老人性色素斑らしきシミが顔や体にあり、その症状を緩和したいと思う方は皮膚科での専門治療をする事が適切です。皮膚科ではカウンセリング時に患者のシミ状態や、ご予算を踏まえてレーザー治療やフォトフェイシャルなどの有効な治療を提案してくれます。

いずれの方法もそれぞれにメリットやデメリットが存在するため、自分が納得できる治療を受ける事が望ましいですね。

レーザー治療

老人性色素斑を効果的に治療する最善の治療には、メラニンに反応させるレーザー治療があげられます。近年、美容皮膚科などでは定番のシミ治療になりました。実際にシミ治療に訪れる患者さんにとっては、主流の治療法と言えるでしょう。

まず先に、レーザー治療を行う場合カウンセリングにより最善の治療法を決定します。この時に、費用の見積もりなどがあり、シミの種類によってはテスト照射を行う場合もあります。レーザーにも肌に合わせて多数の種類ありますが、国内で行われているレーザーは、「Qスイッチルビーレーザー」が多いでしょう。

関連記事シミのレーザー除去はどんな種類のシミに効果あるの?副作用やデメリットは?

老人性色素斑に本照射を行う場合、レーザーが届く範囲はメラノサイトが存在する真皮層の部分までです。ですから、ほかの皮膚細胞や血管などに与える影響は全くありません。安心してレーザー施術を受けられます。

本照射後は、1日2回の軟膏ケアを3日間するか、2週間皮膚保護剤ケアをするかを選択する事になるでしょう。照射後はカサブタができ、約2週間程度で消失しますが、強めの出力で照射した場合、ピンクの肌が目立つようになります。この時に絆創膏などを貼る場合もあるでしょう。

中には、このカサブタや絆創膏に抵抗感のある方もいます。また、照射後に炎症して色素沈着などに発展してしまう事もあるのです。こうした色素沈着のトラブルを想定して、レーザー治療と、トレチノンやハイドロキノンなどの美白治療を併用する場合もあるでしょう。

関連記事トレチノイン軟膏が有効なシミと効きにくいシミの違いとは?
関連記事シミに効くハイドロキノンクリームの正しい使い方と注意点3つ

レーザーの費用は、保険適用外でクリニックにより違いはあるものの、1センチ四方で約10,000円〜が相場となります。そのほかに初診料が3,000円程度かかります。

関連記事皮膚科でのシミ治療はどんなことをするの?保険は効く?

フォトフェイシャル

老人性色素斑にはレーザーが主流ですが、中には、「レーザー照射後のカサブタや絆創膏が気になる」と言う人もいるでしょう。そのような方は、メラニン色素に反応して老人性色素斑を薄くする効果の高いフォトフェイシャルという治療に注目してください。施術中の痛みや、背術後のカサブタの心配もなく安心です。

ですが、レーザーと比較すると効果は薄いため、定期的な施術が必要になるでしょう。

フォトフェイシャルも、レーザー治療同様に保険適用外となり、通常1回の通院で2万円〜3万円費用相場になります。この場合も、医療機関により金額に違いがあるでしょう。ちなみに、フォトフェイシャルは1回の治療では効果が期待できず、3週間に1度の通院を3回〜5回する事がほとんどです。ですから、トータルでの費用は10万前後になる事もあるでしょう。

関連記事30代でシミだらけ!?今からでもできるシミ対策とは

自宅でのセルフケア

老人性色素斑
老人性色素斑をケアする時に考えたいのは、皮膚科治療はもとより、自宅でのセルフケアも併用させていく事です。自宅では、以下のように、紫外線に注意しながらスキンケアをすすめたり、ターンオーバーを乱さない生活習慣を意識したりしましょう。

関連記事シミがストレスで発生する!?ターンオーバーが上手くいかない理由と改善法

紫外線予防・UVケアをしっかりと

いくらレーザー治療やフォトフェイシャルなどのスペシャルなシミ治療を施したとしても、紫外線予防をしないとシミは繰り返しできます。特に、顔の中でも高い位置にある頰部分では、紫外線が直接当たりやすくなるため、老人性色素斑もできやすくなるでしょう。

UVカット化粧品を重ね塗りしたり、塗り直ししたりする事が大切です。また、紫外線の強い時期だけに紫外線対策をするのではなく、通年の紫外線対策を心がけましょう。

関連記事シミ予防は紫外線対策を徹底して!予防アイテムの選び方2つのポイント
関連記事美白に日焼け止めは必須!部位別おすすめ日焼け止め3選

規則正しい生活と適切なスキンケア

肌の生まれ変わりが不眠や栄養不足で衰えてしまうと、ターンオーバーが乱れてメラニンが排出しにくくなります。そこで、老人性色素斑ができやすくなるのです。

ターンオーバーを乱さないように、良質な睡眠をとったり、肌の代謝を整える働きがあるビタミンB群やビタミンCが含まれる栄養素の高い食品を摂取したりするようにしましょう。

関連記事美白にはビタミンCが鉄則?一日の摂取量と3つのビタミンC誘導体
関連記事美白に効果的なビタミンの種類と効能~おすすめの食べ物とは?

まとめ

  • 老人性色素斑は、紫外線を浴びる事によってできてしまうシミ。40代から増え始め、代謝が悪くなる50代~60代ではさらに増えたり、濃くなったりする。
  • 症状を緩和したいと思う方は皮膚科での専門治療をする事が適切。レーザーやフォトフェイシャル、いずれの方法もそれぞれにメリットやデメリットが存在するため、自分が納得できる治療を受ける事が望ましい。
  • 皮膚科での治療とあわせて自宅でのセルフケアも行っていくことが改善の近道。