シミが消えない理由とは?セルフケアを怠ると消えにくくなるって本当?

%e3%82%b7%e3%83%9f%e3%80%80%e6%b6%88%e3%81%88%e3%81%aa%e3%81%84

なかなか消えないシミ。シミの中には一度できると消えにくいシミがあります。シミが消えない場合は種類を特定して、適切な対策をとることが重要なポイント。

ではぜひ知っておきたい消えないシミについて、早速ご紹介しましょう。

消えにくい種類のシミもある!?

シミの見た目は同じようでも種類が異なる為、なかなか消えないシミは原因に合ったケアが必要です。

シミは種類がいくつもありますが、まず多いのが、紫外線が原因となる老人性色素斑。そして炎症後色素沈着・脂漏性角化症・光線性花弁状色素斑・ADM・肝斑などがあります。

シミの最大の原因となる紫外線ですが、全てのシミが同じ原因でなく女性ホルモンのバランスが影響する肝斑などもあります。

シミは、でき始めの頃に対処するのが一番効果的なケア方法。老人性色素斑や肝斑などは早いうちならば美白化粧品のスキンケアで十分に消しやすいことが特徴です。

しかし紫外線を浴び続け、時間が経ってしまった色の濃い老人性色素斑はセルフケアでは消すのが難しく、医療機関で治療しないと効果がないといわれています。

厚みがあるシミは、表皮細胞が厚くなっているためターンオーバーだけでは十分にシミを消すことはできません。シミは気が付くとすでに濃くなっている場合も多く、セルフケアが手遅れになってしまうことが良くあります。

関連記事シミの主な種類4つとその特徴とは?原因を理解することが改善の第一歩

ニキビ跡のシミは消せる?

ニキビ跡のシミは消せる?
ニキビ跡は見た目も悪く、色素沈着を起こすと簡単に消えない厄介者です。そもそもニキビができるとその部位は炎症を起こしているため、正しい対処をとらないと炎症性色素沈着と呼ばれるシミになってしまいます。

このシミはとても目立ち何をしても効果がないようにも見えますが、正しい方法でケアをすればニキビ跡のシミも消すことは可能です。

ニキビ跡はまず刺激を加えないようにデリケートに扱うこと。洗顔でごしごし擦ったりせずに、ビタミンC誘導体などの美白成分を配合した化粧品でケアするのがオススメ。また同時に、体の中からメラニンを抑制するためのビタミン補給も効果的ですね。

関連記事ニキビ型色素沈着は化粧水で消すことができる?ニキビ肌にNGな化粧水って?

食生活は肌を健康するにするために欠かせない事。ニキビ跡の炎症性色素沈着にも、栄養バランスを整えた食事を心がけましょう。不安な場合はサプリメントを活用するのもよい方法です。

関連記事肌の色素沈着を改善するにはやっぱりサプリメントが効果あり?

またニキビ跡のシミには市販のピーリングも効果的。ピーリングは古い角質を剥がして、新しい角質へと再生する働きがあります。しかし肌に刺激が強い為、必ず使用方法を守りましょう。

ニキビ跡のシミが消えない場合は、皮膚科で治療することもできます。医療用のイオン導入、ピーリングなど。また美白有効成分のハイドロキノンやトレチノインを使った外用薬を使用するなど、それぞれのシミに合った治療方法で治すことが可能です。

シミはセルフケアで改善できるうちに治すのが一番の理想ですが、どうしても消えないシミに関しては医療機関で相談してみましょう。

関連記事ニキビ跡から出来る色素沈着は皮膚科で治療できる?

正しいシミの対処方法できてる?

%e3%82%b7%e3%83%9f%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%ad%e3%82%ad%e3%83%8e%e3%83%b3
どんな美白化粧品を使っても効果ない、という経験をされた方はとても多いですよね。シミを消すのはスキンケアでも難関の一つ。どれほど人気がある化粧品を使っても全く効果がない事もあり得ます。

それは化粧品の質が悪いのでなく、自分のシミに適してないから。シミが消えないのは対策方法があっていない場合が非常に多いのです。

薄いシミは市販の美白化粧品を使うと効果的。ハイドロキノンなどの有効成分はメラニンの働きを抑制し、還元作用により目立つシミを薄くする効果があります。

美白クリームは濃いシミにも効果があり、ポイント使いもできるのでぜひトライしたいアイテムの一つ。紫外線が原因による老人性色素斑は早期発見して対策をすれば、セルフケアでも十分な効果が得られます。

肝斑のようなホルモンが原因のシミには、トラネキサム酸を配合した内服薬など、体の中からアプローチすることが必要。このようにシミはまず種類を見極めてケアをすることが重要なのです。

関連記事肝斑治療にトラネキサム酸が効果あり!副作用の心配はないの?
関連記事トラネキサム酸配合!全身に使える美白系スキンケア「ホスピピュア」

化粧品で消えないシミは医療機関での治療が必要です。時間が経ってしまった濃いシミを始め、ニキビ跡のシミなど、これらの頑固なシミには医療レーザーが効果的。レーザーを照射してかさぶたのようにシミを浮き上がらせて除去します。

レーザー治療は紫外線によるシミだけでなく、肝斑やそばかすの除去にも効果を発揮します。

関連記事レーザーでのシミ除去!どんな種類のシミが除去できるの?

そして忘れてはいけないのが食生活。シミを全般的に予防するためには肌のターンオーバーを活性化する必要がありますよね。それは美白化粧品だけでは十分でない場合もありますので、日頃からビタミン補給など栄養バランスを意識しましょう。

まとめ

  • 紫外線を浴び時間が経ったシミは、表皮細胞が厚くなっているためターンオーバーだけでは消すのが難しい。
  • ニキビ跡も、正しい対処をとらないと色素沈着しまい消えづらくなる。
  • シミはまず種類を見極めてケアをすることが重要。また消えないシミには医療機関での治療を。