鼻のシミ原因にはできやすい特徴があった?!美白化粧品で消すことはできる?

%e9%bc%bb%e3%80%80%e3%82%b7%e3%83%9f

鼻のシミって意外と気が付かない人も多いようですが、放っておくと徐々に色が濃くなり顔の中心でとても目立ってしまいます。

顔には頬などシミができやすい部位がありますが、鼻のシミはどうやって対処するとよいのでしょうか。

鼻にできるシミの原因

鼻のシミは年齢とともに目立つ傾向がありますが、主な原因は紫外線。紫外線を浴びると体内で活性酸素が大量に発生、体の細胞が老化する原因になってしまいます。

活性酸素はメラニンの元になるメラノサイトを刺激するため、シミの原因となるメラニンを生成してしまうのです。

鼻は顔の中心にあり高さがありますので、ほかの部位と比べても紫外線を浴びやすい位置と言えますよね。海水浴に行った時、顔の中でも鼻はすぐに真っ赤になりませんか。紫外線対策は顔の中では鼻に要注意。活発になるメラニンはシミとなって鼻にも出現してしまいます。

また鼻はTゾーンの一部でもありますので、皮脂の分泌が多くニキビもできやすいことが特徴。洗顔を繰り返し、肌が乾燥してしまうと鼻のシミもさらに悪化してしまいます。お手入れが面倒な鼻ですが、正しい美白でシミ予防と改善を始めましょう。

関連記事顔の中心!鼻の黒ずみが目立つ!トラブルの元は毛穴にある?!

鼻にできやすいシミの特徴

鼻のシミにはいくつかの特徴があります。

老人性色素斑

まず一つ目がシミのなかでも多い老人性色素斑。大きさは数ミリ~数センチを様々で、加齢とともにできやすくなる点が特徴です。老人性色素斑は紫外線が原因になりますが、若い年齢層でもできる場合がありますので日頃の日焼け対策が大切です。

関連記事シミ予防は紫外線対策を徹底して!予防アイテムは成分をしっかりチェック!

そばかす

そばかすだらけの子供の顔がまず思い浮かびますよね。そばかすは遺伝的な理由が原因になるといわれていますが、頬を中心に全体に広がっていきます。紫外線を浴びるとさらに色が濃くなる特徴があります。

関連記事化粧品での正しいケアでそばかす対策

炎症性色素沈着

そしてニキビ跡などのダメージによりできる炎症性色素沈着のシミ。ニキビを無理やり触って皮膚にダメージが残った場合など、刺激によってメラニンが活発になりシミとなります。

関連記事30代に多い炎症性色素沈着って何?発生しやすい場所と原因

脂漏性角化症

触るとイボのように盛り上がっているシミが脂漏性角化症。60代以降の高齢者によくみられるシミですが、紫外線を浴びすぎると20代でもできる場合があります。

関連記事消えないシミは、諦めるしかない?!

対処方法

鼻のシミへの対処法を見ていきましょう。ぜひ参考にしてみてください。

レーザー治療

シミを完全に消したい、できるだけ目立たなくしたい時にオススメなのが、レーザー治療。皮膚科や美容クリニックで行います。レーザーはシミの種類により炭酸ガスレーザー、Qスイッチレーザーなどの異なるレーザーを照射します。

黒いシミの部分だけに反応するため、肌の他の部分にダメージを与えずに治療できることがメリット。レーザーを照射した部位はかさぶたになり、2週間ほどで剥がれて新しい角質層が出来上がります。

レーザーは確実なシミケアとして評価されていますが、治療費がかかることや赤く腫れてしまうなどダウンタイムがある点もデメリット。また治療後は紫外線対策をして予防しないといけません。

レーザー治療は本格的なシミ対策の一つですが、肌にあう治療法をみつけ信頼できる医療機関で施術してもらうことが大切です。そして、日頃のスキンケアも続けながら、肌の状態を安定させましょう。

関連記事レーザーでのシミ除去!どんな種類のシミがの除去できるの?

美白化粧品

鼻のシミには美白化粧品がオススメです。美白成分は色々ありますので、自分のシミに合ったタイプを見極めることが重要です。

なかなか綺麗にならない鼻のシミ。今までに試したことがない有効成分がありませんか。美白化粧品は化粧水、乳液、美容液、クリームなどがあります。それぞれの正しい使い方をすれば、目立つ鼻のシミも徐々に薄くすることが可能です。

美白成分にはアンチエイジング効果のあるビタミンC誘導体、シミの元になるチロシナーゼを抑制するアルブチン、人工アミノ酸として内服薬でも使用されるトラネキサム酸、すでにできたシミを薄くするハイドロキノンなどがあります。

関連記事皮膚に負担なく美白できるトラネキサム酸配合のホスピピュア

それぞれシミに期待できる働きが異なりますが、メラニンを抑制して予防改善と同時にできる美白化粧品が安心ですね。シミのケアは何種類かの美白成分を使うこともポイントの一つ。肌の働きを活性化しながら美白成分を補うと効果的ですよ。

まとめ

  • 鼻は、ほかの部位と比べても紫外線を浴びやすい位置。正しい美白でシミ予防。
  • 鼻にできやすいシミは、老人性色素斑・そばかす・炎症性色素沈着・脂漏性角化症。
  • 対処法には、レーザー治療や美白化粧品でのケアがある。