シミができやすい人の2つ特徴と3つの対処法~毎日の洗顔にも要因が!

%e3%82%b7%e3%83%9f%e3%80%80%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%84%e3%81%99%e3%81%84

シミができやすい肌は、もともとの肌質だけでなく生活環境など色々なことが要因となります。

ではどんな人がシミができやすいのか、気になる特徴について解説したいと思います。一度できるとなかなか消えないシミは作らないように予防が大切ですね。

シミができやすい人の特徴

シミは誰にでもできる可能性がありますが、色々な要因が複雑に重なり、シミができやすい人がいるようです。その特徴を大きく分けると2つ。それぞれの特徴をご紹介したいと思います。

習慣的な要因によるもの

シミは皆さんご存知のように紫外線のダメージが原因となります。生活習慣の違いにより、特に紫外線を浴びやすい人はシミができやすいタイプ。屋外でスポーツをする方、仕事で屋外にいる時間が多い方など。

また肌のターンオーバーが乱れる原因の睡眠不足や偏った食生活もシミができやすい要因になります。

体質的な要因によるもの

シミができやすい体質的な特徴として肌の色が関係しています。白い肌は紫外線のダメージを受けやすい為、メラニンが活発になりシミができやすいといわれています。

また肌が乾燥している場合や血行が悪い肌環境は不健康な為、新陳代謝のサイクルが安定しない特徴がありますよね。すると古い角質がはがれずにそのまま肌に残ってしまうので、シミができやすく肌のくすみも目立ってしまいます。

生活習慣や肌の環境によってシミは改善も予防も可能。そこで日頃からの心がけがシミ対策には必要なのです。

関連記事シミの4つの原因とメカニズムを知って美肌を目指そう!

シミができやすい人の対処法

同じ年齢でもシミが多い人っていますよね。シミが増えると年齢肌に見えるため、なるべく作らないように毎日の予防対策がとても重要です。ではシミができやすいタイプはどんな対処法が効果的なのでしょうか。

食事

肌の働きを活性化するためには必要な栄養素を食事から補給しないといけません。シミの予防になるビタミンC、抗酸化作用の高いビタミンE、そして肌のターンオーバーを活発にするβカロテンなど、バランスよく肌に良い栄養補給を心がけましょう。

また年齢とともに肌の細胞が老化するため、シミの改善にはアンチエイジング効果の高い栄養素も欠かせません。その成分の一つがポリフェノール。緑茶やカカオなどに多く含まれています。

関連記事美白にはビタミンCが鉄則?一日の摂取量と3つのビタミンC誘導体

生活習慣を見直す

シミができやすい人は肌環境を整える為に質のよい睡眠が必要です。深夜は成長ホルモンが活発になるため、肌の細胞の生成が活発に行われています。またストレス解消なども日頃から心がけたいことの一つですね。

関連記事ストレスでシミができる?!ストレスによるシミの予防と改善方法

スキンケア

毎日のスキンケアで美白有効成分が配合された化粧品を使って、シミ予防と改善を行いましょう。また肌の最大の敵となる紫外線対策にも力を入れること。外出する時は天気に関係なくしっかり日焼け止めを使うと安心ですね。

美白化粧品だけでは十分でない場合は、美容サプリで栄養バランスをサポートするとさらに効果があります。

関連記事美白サプリは成分が決め手?正しい選び方3つのポイントと注意点

肌への刺激や摩擦に要注意!

シミは紫外線や生活習慣などが大きく影響しています。シミができやすい人は予防対策が大切ですが、意外と間違ってしまうのが肌への摩擦。肌に与える摩擦はメラニンを活発にする働きがありますので、目立たないシミが濃くなる可能性もあるのです。

最近ではシミ取りのためにピーリングをする方も増えていますが、刺激が加わるスキンケアは十分に注意が必要です。また毎日の洗顔にもシミになる要因が隠れています。

洗顔する時に肌をごしごし擦ったり、洗顔後にタオルで強く顔をこするのもシミにはNG。摩擦黒皮症と呼ばれるシミになりやすいので注意しましょう。

またシミは顔だけでなく、胸や背中など体にできる事も良くありますよね。顔のシミができやすい人は特にボディケアも注意が必要です。衣類や下着で肌をこすってしまうと、その部位の細胞がダメージを受けてメラニンが皮膚の中で蓄積されてしまいます。

ウエストのゴムの部分などは要注意ですね。シミのお手入れはデリケートにすることが基本。化粧品を使った美白ケアや皮膚科での治療法など自分にあったシミ対策をはじめましょう。

関連記事シミの主な種類4つとその特徴とは?原因を理解することが改善の第一歩

シミのケア方法

シミのケア方法として一般的なのが美白化粧品。皮膚科での治療は肌に負担になり、しかもコストもかかります。シミができやすい人は継続した美白ケアが必要になりますので、そのためにも美白化粧品は手放せませんね。

シミにはハイドロキノン、ビタミンC誘導体などの有効成分が有名ですが、美白化粧品によっては含有量が少ないタイプもありますので慎重に選びましょう。

目立つシミには美白美容液を使ってスポットケアをするなど、色々な化粧品を使い分けることが大切です。美白化粧品の期待できる効果は商品によって異なりますので、シミができやすい人や予防も同時にできるタイプを使うと良いでしょう。

また効果的なシミ対策をするためには、化粧品の効果を引き出す為に食生活や生活習慣、そして紫外線対策も怠らずに続けましょう。シミは一度できるとなかなか消えない厄介もの。できやすいタイプの方はあらゆる角度から工夫して対策をすると安心ですね。

関連記事ハイドロキノンより安全な成分を使用したホスピピュア

まとめ

  • シミができやすい人は、習慣的な要因と体質的な要因がある。
  • シミのケア方法として、有効成分配合の美白化粧品で毎日ケア。
  • 化粧品の効果を引き出す為に、食生活や生活習慣、そして紫外線対策も大事。