肝斑には飲み薬と塗り薬で効果絶大!おススメの成分教えます!

%e8%82%9d%e6%96%91%e3%80%80%e8%96%ac

30代から40代の女性に多くみられる肝斑と呼ばれるシミは、ほかのシミとは異なる特徴があるため、治療方法にも注意しないといけません。

肝斑の治療薬には飲み薬の内服薬と、塗り薬の外用薬があります。ではどんな治療薬を使うとどんな効果があるのか、早速ご紹介したいと思います。

肝斑治療の内服薬に含まれる主な成分

肝斑治療の内服薬に含まれる主な成分
まずは、肝斑の治療薬の内服薬に含まれる成分を見ていきましょう。肝斑治療は、体の中から内服薬でアプローチすることがとても効果がありますので、どうしても気になる場合は皮膚科で相談してみましょう。

トラネキサム酸

肝斑の治療薬として効果がある成分の一つがトラネキサム酸。メラニンの発生を抑え根本からシミの原因を改善する働きがあります。

シミの治療だけでなく抗アレルギー、抗炎症、止血効果もあり、口内炎や扁桃腺、じんましん、止血剤などとして様々な治療で使用されています。

そもそも肝斑は他のシミの原因と異なり、女性ホルモンが不安定になることが影響しているといわれています。ホルモンの働きが乱れるとプラスミンと呼ばれる情報伝達物質が分泌され、メラニンの活動が活発になることが原因です。

トラネキサム酸にはプラスミンの働きを抑える効果がありますので、肝斑の治療には大変効果を発揮する成分です。

関連記事肝斑治療にトラネキサム酸が効果あり!副作用の心配はないの?

L-システイン

L-システインはアミノ酸の一種で、私達の髪、爪、皮膚などに存在しています。体の中で代謝を活発にする働きがあり、メラニン色素の働きを抑制する効果や、過剰に生成されたメラニンをターンオーバーで排出するサポートもしています。

L-システインは美容サプリなどでも良く耳にする成分の一つですよね。

更に、この成分はコラーゲン生成を助ける働きがありますので、肌の弾力やハリ回復のメリットもあります。肝斑の治療薬として使用されることが多いのですが、肌のトラブル対策には欠かせない成分ですね。

肝斑は30代~40代の女性に多くみられるシミ。L-システインは年齢が気になる女性のために、美肌効果も期待できる注目の成分の一つです。

関連記事L-システインで美白を目指すなら副作用にも注意!?

ビタミンC

お肌に良い成分としてお馴染みのビタミンC。この成分にはコラーゲンの生成をサポートする働き、抗酸化作用、美白効果があります。メラニンの生成を抑制する効果が高い為、肝斑の治療薬としても大変効果的。

シミはチロシンからメラニン色素が作られるのを抑制する効果がありますので、根本的な原因から改善できるメリットがあります。

またメラニン色素を淡色化する還元作用がとても高い為、シミを薄くする働きも人気がありますよね。日焼け後の肌、角質層に残るメラニン色素などの改善にも大変効果的です。

ビタミンCはとても壊れやすい特徴があり肌への浸透力が弱い為、近年では化粧品などでもビタミンC誘導体と呼ばれる成分が使用されることも増えています。

関連記事美白にはビタミンCが鉄則?一日の摂取量と3つのビタミンC誘導体

肝斑治療の外用薬に含まれる主な成分

肝斑治療の外用薬に含まれる主な成分
肝斑の治療は内服薬と外用薬の両方を使って治療するとさらに効果があると言われています。次に、肝斑の治療薬の外用薬に含まれる成分を見ていきましょう。

ハイドロキノン

主な外用薬に含まれている成分の一つがハイドロキノン。コウジ酸やアルブチンなどの有効成分と比較すると100倍以上も美白効果があると言われています。肌の漂白剤と呼ばれるほど、美白効果は抜群によい点が魅力となっていますね。

ハイドロキノンはシミの原因となる、メラニンを作るメラノサイトを抑制する働きがあり、新たなメラニンの生成を抑えるとともにメラニン自体を減らす効果があります。

すでにできた肝斑を薄くする為の効果がとても高いので、皮膚科で処方される外用薬ではお馴染みの配合成分ですね。

ハイドロキノンは欧米では一般的に使用される美白有効成分の一つ。刺激が強いため使用には注意が必要になりますので、必ず医師の指示通りに外用薬を使いましょう。高い濃度なので敏感肌の方は注意してくださいね。

関連記事シミに効くハイドロキノンクリームの正しい使い方と注意点3つ

トレチノイン

30代、40代になると女性ホルモンの働きが不安定になるため、肌には色々な老化現象やトラブルが起こりますよね。そんな肌のターンオーバーを活発にするのがトレチノイン。

この成分にはビタミンAの50倍~300倍もの生理活性がありますので、表皮内に蓄積しているメラニン色素を体外が排出する効果があります。

トレチノインは長期間使用すると表皮や真皮が厚くなる働きがあり、美肌成分のコラーゲンやヒアルロン酸をサポートするメリットもあります。

トレチノインは肌のハリ回復、シワ予防としても効果を発揮しますので、肝斑が気になる年代のアンチエイジングにもなりますよね。

関連記事トレチノインによるシミ治療って?有効なシミと有効でないシミ

皮膚科で処方される肝斑の外用薬は、市販の薬や化粧品と異なり成分の濃度がとても高いことが特徴です。そのため使い方には十分に慎重になり、異常がある場合はすぐに医師と相談をしましょう。

最後に、肝斑も紫外線を浴びると色が濃くなる特徴もありますので、日頃からの日焼け対策も忘れずに。

関連記事肝斑は紫外線だけが原因じゃない!女性ホルモンとストレスが要因になる?

まとめ

  • 肝斑治療は、トラネキサム酸、L-システイン、ビタミンCの成分が含まれる内服薬でアプローチすることがとても効果的。
  • 肝斑の治療は内服薬と外用薬の両方を使って治療するとさらに効果がある。
  • 皮膚科で処方されるハイドロキノン、トレチノインの成分が含まれる肝斑の外用薬は、成分の濃度がとても高い。使い方は慎重に。