シミの主な種類4つとその特徴とは?原因に合わせた治療法は何?

%e3%82%b7%e3%83%9f%e3%80%80%e7%a8%ae%e9%a1%9e

シミと言っても種類は色々。シミをケアする際には種類ごとに合った方法で対処することが必要です。

ではシミにはどんな種類があるのが、さっそくご紹介しましょう。シミは同じに見えるものでも、それぞれに異なる特徴があるようです。

シミの種類と治療法

シミの種類は見た目でも違いがわかるような形状、色、でやすい場所などそれぞれ異なります。種類に合わせた治療法を行うことが一番効果的なシミのケア方法となります。

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

まず紫外線が原因でできるシミとして多いのが、老人性色素斑と呼ばれるシミ。頬骨やこめかみなどに出やすいことが特徴です。大きさは数ミリ程度から10数ミリ程度のものまで色々。

シミの中でも最も多いタイプで美白有効成分を使って改善することができます。

関連記事シミに効果ありの美白美容液の選び方とおすすめ美容液

肝斑(かんぱん)

肝斑と呼ばれるシミは頬骨や鼻の下にできるもので、額の左右対称に均一に出るのが特徴。年齢では30代~40代の女性に多くホルモンバランスを整えて改善すると効果的です。

関連記事治し方が違う!シミと肝斑の違いと意外な共通点とは

雀卵斑(じゃくらんはん)

通称そばかすと呼ばれる雀卵斑ですが、小さな斑点状のシミは顔全体にちらばり、特に鼻を中心に広がることが特徴。紫外線によりさらに濃くなってしまう場合がありますが、体の成長とともに濃さが変わる場合もあります。

関連記事もうそばかすを増やさない!紫外線対策と毎日のスキンケア方法!

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)

イボ状に盛り上がるシミが脂漏性角化症。シミの角化が進んだもので、顔以外にも手の甲にでる場合もあります。このシミは美白化粧品で改善するのは難しい為、炭酸ガスレーザーなどに薄く削る治療が必要になります。

関連記事レーザーでのシミ除去!どんな種類のシミがの除去できるの?

シミはこれら以外にも摩擦黒皮症、花弁状色素斑、炎症性色素沈着などの種類があり、きちんと治す為にはシミの種類を理解してケアをしないといけません。

自分の判断だけでは正しいシミ治療ができない事もありますので、心配な場合は必ず皮膚科医に相談しましょう。シミは誰でも経験する肌トラブルの一つですが、根本的な原因を理解してケアをすることが必要です。

シミの原因「メラニン」とは?!

シミの原因になるメラニンですが、種類があることをご存じでしたか?

メラニンは細胞の核が紫外線に当たることで、DNAが破壊され変異をしたのちに細胞が死滅し皮膚ガンなどを招く恐ろしいものです。

表皮の下にある基底層のメラノサイトがメラニン色素を作り出し、表皮角化細胞へと供給していきます。この働きは雨が降っている時に傘をさして濡れないようにするのと似ていますよね。

メラニンはシミの原因としてとても厄介な存在に思われがちですが、真皮に紫外線が届かないようにブロックする大切な役割を持っているのです。

人間の肌の色はメラニン色素の比率により、私達は黒人・白人・アジア人の3つの肌に分かれます。そしてメラニンにはユーメラニンフェオメラニンと呼ばれる2種類があります。肌の色と同様に髪の色もメラニンの種類によって異なります。

  • ユーメラニン
    ユーメラニンは褐色~黒色。褐色や黒い肌色は紫外線により発生する活性酸素を消去する特徴があります。
  • フェオメラニン
    フェオメラニンは黄色~赤色のメラニン。フェオメラニンは活性酸素を大量に作ってしまいます。白人に皮膚がんが多いといわれるのは、メラニン色素の種類も大きく影響しているのです。

日本人の黒髪はほとんどがユーメラニンで、肌も白ではなく褐色に近い色をしています。人種によってもシミのでき方は異なるのです。

関連記事シミの原因は紫外線だけじゃない!手軽にできる2つのシミ対策

シミができるメカニズムとは?

紫外線を浴びるとなぜシミができるのでしょうか。そのメカニズムの重要な点がメラニンの働き。

メラニンは色素細胞の中でアミノ酸のチロシンという成分から生成されています。このチロシンですが、酸化酵素のチロシナーゼと呼ばれる成分により、反応や変化を繰り返しメラニンとなります。

作り出されたメラニンですが、本来は肌の働きにより表皮のターンオーバーで古い角質と一緒に老廃物として排出されていきます。

しかし紫外線で角化細胞が不安定になると過剰にメラニンを作りだす為、ターンオーバーが間に合わず残ってしまいます。

メラニンはそもそも紫外線のダメ―ジから肌を守る為に働くもの。紫外線を多く浴びた場合は、メラニンを作る指令が常に出続け、さらにホルモンの働きにより色素細胞に直接指令を出してしまうのです。

肌のターンオーバーは正常な肌の場合は28日周期と言われています。しかし加齢や生活習慣、食生活、睡眠不足、ストレスなどの要因により、新陳代謝のサイクルが乱れてしまうのです。

すると古い角質層が綺麗にはがれずに、シミや肌のくすみ原因になり、しかも化粧品の効果もすぐにでない場合もありますよね。

肌は外部の刺激によるメラニンが活発になることもあり、タオルで摩擦を繰り返すなど外的要因もシミの原因。またホルモンバランスが不安定になるなど、内的な要因がターンオーバーを乱す原因にもなります。

シミは予防がまず大切。肌の表面だけでなく、下で待機しているシミの予備軍もありますので日頃のスキンケアは特に注意しないといけませんね。

関連記事湘南美容外科共同開発で話題の美白系スキンケア「ホスピピュア」

まとめ

  • シミの原因のひとつは、紫外線が、角化細胞を不安定にし、過剰にメラニンを作りだすから。
  • シミには様々な状態の種類があり、それに合わせた正しい対処が必要。