シミに効くハイドロキノンクリームの正しい使い方と注意点3つ

%e3%82%b7%e3%83%9f%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%ad%e3%82%ad%e3%83%8e%e3%83%b3

美白の有効成分としてお馴染みなのがハイドロキノン。化粧品の成分表示を見ると、この成分が配合されている商品ってとても多いですよね。

ハイドロキノンはシミ対策に有効な成分の一つですが、効き目が良い反面、注意したい点もいくつかあります。

できてしまったシミに効果的なハイドロキノンクリームの正しい使い方と注意点をご紹介します。

ハイドロキノンクリームとは?

シミのケアで使うハイドロキノンは色々な美白化粧品で使用されています。ハイドロキノンが配合されたクリームは、シミの元になるメラニン色素を生成するメラノサイトの働きを抑える効果があります。

既にできたシミを薄くする効果が高い為、ハイドロキノンクリームは見た目の効果を実感しやすい特徴がありますね。ハイドロキノンクリームの種類は色々。各商品によってハイドロキノンの含有量が異なりますので、効果にももちろん違いが出ています。

一般的に市販されているものは、1%~4%の濃度が多いといわれています。濃い目立つシミを薄くするだけでなく、ニキビ跡のような色素沈着したシミにも効き目があるため、シミ対策としては一般的に使用されている有効成分。

濃度が高くなるほど効果もアップしますが、反面肌に負担となる場合もあります。

美白化粧品としてクリームや乳液、化粧水などで使用される以外にも、膝の黒ずみなど美白ボディケア商品でもハイドロキノンは人気がありますよね。どんな美白化粧品を使っても効き目がなかった方が、ハイドロキノン配合の化粧品に変えたら薄くなったという話も良く聞かれます。

効果はあくまでも個人差がありますので、効き目があると評判のハイドロキノンでも、それほど効果が実感できない場合もあります。

またシミ対策は薄い段階で始めたほうが有効成分も効果を発揮しやすい為、美白ケアを始めるタイミングもとても重要です。ハイドロキノンは成分の特徴を理解して、美白ケアに上手に取り入れましょう。

関連記事ハイドロキノン効果には副作用も!シミのない箇所に塗るのはNG

ハイドロキノンクリームの正しい使い方

シミに効き目のあるハイドロキノンクリームですが、効果が期待できる反面、刺激が強いデメリットがあります。正しく使用しないと、シミが改善されるどころか肌に負担となりトラブルの原因となってしまいます。

そこでハイドロキノンクリームを正しく使用するポイントを覚えておきましょう。

一つ目は必ずパッチテストを行うこと。いきなり顔に塗布して炎症や赤みが広がってしまったら大変ですよね。ハイドロキノンは肌が乾燥しやすくなる場合もありますので、肌が敏感な方は必ず腕などでテストを行いましょう。

パッチテストの方法は以下の通り。

  1. 絆創膏にハイドロキノンクリームを少量塗り、二の腕などの皮膚が薄い部位に張り付けます。
  2. そのまま24時間放置した後、肌をチェックしてください。
  3. 異常がなければ安心して使用できます。

そしてもう一つのポイントがハイドロキノンクリームを塗るタイミング。必ず洗顔直後、時間を置いてから肌に塗りましょう。洗顔後は肌に水分も多く、ハイドロキノンの浸透性がとても高くなります。

有効成分の効き目が出やすくなりますので、刺激も同時に不安な点の一つ。そこで洗顔後は必ず20分ほどしてから化粧水をつけた肌にクリームを塗ることがポイント。

濃いシミには塗り込むようにするとさらに浸透性が良く、美白効果もアップします。肌が汚れていると成分がなかなか浸透しないため、必ずメイクを落として洗顔した清潔な肌に塗布しましょう。

塗布する時は綿棒などを使うのがオススメ。シミのない肌につくと白斑ができる可能性があります。

関連記事美白の定番?ハイドロキノンの効果が期待できるシミのタイプ

ハイドロキノンクリームの注意点

シミ対策として抜群の効果がある有効成分のハイドロキノンクリームですが、使用する時にはいくつか注意したい点があります。

  • 紫外線対策
    ハイドロキノンは紫外線を吸収するとシミが濃くなる特徴がありますので、室内でも紫外線対策をする必要があります。
  • 長期間の使用
    ハイドロキノンは効果がある反面、大変刺激が強い為、長期間の使用はなるべく避けたい成分です。シミが徐々に薄くなってきたら使用を中止しましょう。過剰に使い続けると、肌のバリア機能が破壊されダメージを受けやすくなってしまいます
  • 使用期限
    化粧品類には期限が表示されていますので、ハイドロキノンも同様に期限内に使いましょう。ハイドロキノンクリームは開封するとすぐに酸化する性質がありますので、長期間放置されたクリームは劣化している可能性があります。効果が期待できないだけでなく、肌にも負担になりますので注意してくださいね。

美白化粧品で人気の高い成分ハイドロキノンですが、使い方を間違えると肌のダメージになります

関連記事ハイドロキシン配合化粧水の効果とは?使用方法4つの注意点

人気がある美白成分にはトラネキサム酸がありますが、ハイドロキノンと比較すると、肌に優しくシミ対策にも効果的です。

はじめて美白ケアを始める方にも安心して使える有効成分なので、ハイドロキノンクリームを選ぶ前に、まずはトラネキサム酸入りのクリームをオススメします。それでも効果が無い場合は含有量の多いものに変えるか、ハイドロキノンなどの強い成分へシフトするとよいでしょう。

関連記事トラネキサム酸配合!シミ対策・予防にはやっぱりホスピピュアが一番?

まとめ

  • ハイドロキノンクリームは、既にできたシミを薄くする効果が高い為、見た目の効果を実感しやすい。
  • ハイドロキノンクリームは、効果が高いが、刺激も強い。使用方法を守らないと肌にダメージ。
  • 美白化粧品ハイドロキノンクリームを選ぶ前に、まずは肌に優しいトラネキサム酸入りのクリームがオススメ。