手の甲のシミを消したい!濃いシミには美白美容液でスポットケア!

%e6%89%8b%e3%81%ae%e7%94%b2%e3%82%b7%e3%83%9f

手の甲のシミは年齢とともに目立ちませんか。人に見られると恥ずかしいシミは、顔だけでなく手の甲にもできやすいのです。

ではこの厄介な手の甲はどうやって対処すると良いでしょうか。

今回は、手の甲に出来てしまうシミの原因と対策法についてご紹介しましょう。

手の甲にできるシミの原因

シミは表皮の部分に残るメラニン色素が集まったもの。紫外線を始めホルモンの働きなど色々なことが要因となり、表皮のメラノサイトがメラニン色素を作り出します。

手の甲は意外と紫外線を浴びやすくシミができやすいことが特徴。通常はターンオーバーの働きにより皮膚が生成するため、メラニンは老廃物として対外に出されていきます。しかし過剰に紫外線を浴びた場合は排出しきれない為、表面にみえるシミとなって残ってしまうのです。

ターンオーバーが乱れる原因は加齢、ストレス、ホルモン、またナイロンタオルなどの摩擦などもあります。

手の甲にできるシミの中でも多いのが老人性色素斑と呼ばれるタイプ。紫外線が原因で日焼け止めを塗っても手の甲はクリームが落ちやすいため、対策も難しい点が特徴。

手の甲にできるシミの原因
そして炎症色素沈着は火傷やケガをした部位が炎症を起こしてシミになるもの。手はけがをしやすいので、このタイプのシミも大変多いですね。このように手の甲も顔と同様にシミができる為、日頃の予防がとても重要になります。

手の甲にシミが目立つと年齢も老けて見られやすいですよね。いつまでもシミのない肌を維持するのは日頃のケアが大切です。

関連記事美白ハンドクリームの効果は?おすすめハンドクリーム3選!

手の甲のシミ対処方法

手の甲のシミ対処方法
手の甲のシミは、ほかの部位にできるものと同様に紫外線が大きな原因となります。対処するために、まず必要なのが紫外線対策。紫外線対策は日差しの強い夏だけでなく冬や天気の悪い日も油断してはいけません。

UVカットの化粧品や日焼け止めのクリームを使い、年間を通して紫外線対策をしましょう。すぐに効果が出ることはありませんが、毎日コツコツと積み重ねれば10年後の肌に必ず違いが出てきますよ。

また手の甲のシミはホルモンバランスもとても影響しています。女性の場合は排卵後からの2週間は黄体ホルモンが活発になっているため、メラニンが刺激されやすくなっています。この時期は紫外線を吸収しやすいため、特に日焼け対策に注意しましょう。

どうしてもその場でシミを消したいという場合はボディ用のファンデーションがオススメ。大変カバー力がありますので、手の甲にもしっかり密着し綺麗に消してくれます。

ボディファンデーションの中には、保湿成分などがバランス良く配合されたタイプもありますので、手の甲を守る為にも大変メリットになりますよ。

関連記事日焼けはシミになる!?日焼けによるシミの予防方法

手の甲のシミを消すための治療法

手の甲のシミを消すための治療法
手の甲のシミを治すには皮膚科での治療があります。病院でシミを治すのはセルフケアと異なり、医師によりシミの種類が正確に判断されること。そのため自分に一番合った治療方法がわかる点がメリットです。

皮膚科などの医療機関で行う治療の一つが外用薬を使う方法。美白有効成分のハイドロキノンやトレチノインなど肌に塗布してシミを薄くしていきます。

効果がでるまでの期間は個人差がありますが、平均すると1か月~3か月ほど。通院が必要になるため病院は近くて通いやすい方が安心ですね。

美白有効成分は刺激が強い為、トレチノインは妊婦さんの使用ができないなど制限がありますのでご注意ください。治療後は新たなシミを作らない為に、自分で紫外線対策を心がける必要もあります。

関連記事トレチノインによるシミ治療って?有効なシミと有効でないシミ

皮膚科でのシミ治療は他にもレーザーがありますが、シミの種類によって使用するレーザーが異なります。手の甲は皮膚が薄いため広範囲にレーザーを照射するIPLという方法や一般のシミ治療で行うQスイッチレーザー治療など。

皮膚科やクリニックでは同じ治療方法でも費用が異なる場合もありますので、まずはカウンセリングで相談してみましょう。

手の甲のシミには美白化粧品でのケアがおすすめ

手の甲のシミには美白化粧品でケア
手の甲のお手入れってついつい忘れがちになりますよね。乾燥する冬はハンドクリームを塗る機会が多いのですが、紫外線の強い夏はなにもしないという方も多いのではないでしょうか。

手の甲のシミを手軽にケアするためには美白化粧品が一番オススメ。有効成分がメラニンの働きを抑制して徐々に濃いシミが薄くなる働きがあります。

また美白化粧品にはシミの予防をするタイプもありますので、今はそれほどシミが無くても今後の為に今からケアを始めたいという人もオススメ。手の甲にオススメなのはハイドロキノン、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸などが配合された化粧品です。

関連記事トラネキサム酸配合で湘南美容外科が開発したホスピピュア

手は水を使う為乾燥しやすいことが特徴。日中にクリームをつけてもすぐに落ちやすい為、お手入れをするなら夜がベストなタイミングですね。寝る前に手の甲を綺麗に洗い、美白化粧品で保湿、美白ケアを行いましょう。

濃いシミには美白美容液でスポットケア。どんなに優れた化粧品でもすぐに効き目が出るものはありませんので、コツコツ毎日ケアを続けることが大切です。美白化粧品は長く使うほど効果がでやすく、数年後の肌にメリットになりますよ。

関連記事シミに効果ありの美白美容液の選び方とおすすめ美容液

まとめ

  • 手の甲のシミも、紫外線が大きな原因。日焼け対策はしっかりと。
  • 皮膚科では、外用薬の処方やレーザー治療が受けられる。
  • 美白化粧品で、毎日寝る前のケアを続けることが大事。