「シミ」と「そばかす」違いを教えて!後天性?遺伝性?

%e3%82%b7%e3%83%9f%e3%81%9d%e3%81%b0%e3%81%8b%e3%81%99

肌のトラブルは、まずは特徴を理解することが大切。

見分けるのが難しいシミとそばかす。どのような違いがあるのか、それぞれのケアと対策方法についてご紹介したいと思います。

シミは後天性?そばかすは遺伝性?

まずは、それぞれの原因と特徴についてご紹介します。

シミの原因と特徴

シミの原因は紫外線が主な理由。肌に紫外線があたるとメラノサイトが活発になり、ダメージから守る為にメラニンを作りだします。これがシミの元になり、肌の表面に出現してしまいます。

シミは本来肌の新陳代謝により消えるものですが、加齢やホルモンバランスなどにより、サイクルが乱れてしまうとシミが蓄積されてしまうのです。また紫外線を大量に浴びた時も同様に、メラニンを排出する働きが間に合わずシミとなってしまいます。

シミには色々な種類があり、肝斑のようにホルモンが関係するタイプもあり、それぞれの原因に適した対処方法を行わないと効果的なシミケアができません。

紫外線を浴びると体内で活性酸素が発生し、細胞を老化させる働きがありますので年齢とともにシミが増えてしまいます。

関連記事シミの4つの原因とメカニズムを知って美肌を目指そう!

そばかすの原因と特徴

そばかすは見た目ではシミと間違えてしまう事がよくありますよね。違いを判断するのが難しいそばかすですが、シミとの一番の違いはそばかすは多くが遺伝性(先天性)である点。

正式名称は雀卵斑(じゃくらんはん)と呼ばれる、そばかす。斑点自体の大きさはシミよりも小さいことが特徴ですが、出現する部位は頬であることが多いですね。

顔以外にもそばかすがでる場合があり、紫外線により色が濃くなる特徴があります。

そばかすは子供にでやすく年齢とともに薄くなる傾向がありますが、シミもそばかすもメラニンが原因です。

また、紫外線・生活習慣の乱れが原因である、後天的なそばかすというのがあり、大人になってからできたそばかすは、加齢とともに目立っていくという特徴があります。

後天性や遺伝性かに関わらず、シミは日頃の紫外線対策を中心とした正しいシミケアが必要なのです。

そばかすは大人になると薄くなりますので、見極める時には自分の年齢なども参考に考えてみましょう。

関連記事大人と子供のそばかすの原因って違うの?改善方法教えます!

シミとそばかすの対策は同じでいいの?

シミとそばかすの対策は基本的に同じです。そばかすは遺伝性なので、セルフケアは無理だと思う方が多いですよね。

治療をするためには皮膚科などに行く必要がありますが、日常的なお手入れ方法はシミもそばかすも共通点がいくつかあります。

シミそばかすの紫外線対策方法

紫外線対策はそばかすを濃くしない為にも大切。シミの原因として皆さんご存知の紫外線ですが、大量に浴びてしまうとメラニンが肌から排出しきれない為、シミの原因になります。

紫外線は新たなシミを作りだすだけでなく、メラニンを活発にするため色を濃くする働きがあります。

遺伝性であるそばかすは、何もしないで放置してしまう人も多いのですが、シミ対策を行わないとそばかす以外の斑点が増えてしまいますよ。

結果的にシミの対策は、そばかす予防にもつながりますので、同じ対処方法でお手入れをしましょう。

>>>もっと詳しく【紫外線対策方法】について知りたい方はこちら

ビタミンC・Eを積極的に摂る

ビタミンEとCは、肌を健康に保ちシミやそばかす対策にも欠かせません。ビタミンCはメラニンの働きを抑制し、シミの定着を防ぐ効果があります。濃いシミを薄くする還元作用もありますので、美白化粧品や皮膚科の治療薬でも使用されていますよね。

またビタミンEは抗酸化作用が高い栄養素として知られています。紫外線を浴びると体内で発生する活性酸素。

活性酸素は体の細胞をさび付かせ、老化させる働きがあります。すると肌のターンオーバーも乱れてしまうため、シミの改善がなかなかできない状態になってしまうのです。

これらのビタミン類は肌環境を整える為にとても重要なので、サプリメントや食事からバランスよく摂取することが必要ですね。シミやそばかす以外にも美肌ケアとしても重要です。

関連記事美白にはビタミンCが鉄則?一日の摂取量と3つのビタミンC誘導体

肌への刺激・摩擦を避ける

本来シミの原因になるメラニンは肌に刺激を与える紫外線が要因となりますが、刺激はそれだけでなく、私達の生活内にも知らないうちに潜んでいるのです。

たとえば洗顔時の摩擦。ごしごし肌をこすりながら洗顔するのは、メラニンを刺激する原因になります。外部からこのような力が加わると、肌を守るためにメラニンが作り出されてしまうのです。

それは紫外線と同じ仕組み。必要以上にメラニンを活性化しない為には、デリケートな肌のお手入れが欠かせませんね。

関連記事皮膚に負担なく美白できるトラネキサム酸配合のホスピピュア

関連記事色素沈着は摩擦が原因?美白クリームで改善できるの?

シミそばかす対策の美白化粧品

美白化粧品の効果が近年とても充実してきました。なかなか消えないシミも美白ケアを続ければ効果が実感できますよね。

美白化粧品には濃いシミを薄くする有効成分を始め、メラニン色素の働きを抑制し新たなシミを作らない予防効果があるタイプなど色々。

美白ケアはシミとそばかすにはとても大切な存在です。しかしコスメで効果を実感するには時間がかかります。皮膚科の治療のような即効性はありませんので、長期間使える肌に安心の化粧品を選ぶことが大切。

また食事や生活習慣を見直して、美白有効成分の効果を引き出す工夫も必要ですね。シミのケアはそばかすにも有効的です。どちらから判断ができない場合は、まずシミの対策をはじめ予防として日焼け対策も忘れずに行いましょう。

>>>もっと詳しく【シミそばかす対策の美白美容液】について知りたい方はこちら

>>>もっと詳しく【シミそばかす対策の化粧水】について知りたい方はこちら

まとめ

  • シミの原因は主に紫外線を浴びること。そばかすは遺伝で、年齢とともに薄くなる傾向がある。
  • 日常的なお手入れ方法はシミもそばかすも同じ。紫外線予防や刺激を避け、ビタミン摂取など。
  • 美白化粧品は、長く使える肌に優しいものを選び、生活習慣も見直してみる。