そばかすを消すには?自力でできる3つのセルフケア方法

%e3%81%9d%e3%81%b0%e3%81%8b%e3%81%99%e3%80%80%e6%b6%88%e3%81%99

目元まわり、頬の上の方にできる茶色い点々「そばかす」。暖かい時期には、色が濃くなってしまうというのも特徴のひとつです。

先天的なそばかすは思春期を過ぎれば消える事もあるようですが、後天的なそばかす、特に大人になってからできたそばかすは、自然になかなか消えないようです。

今回は、そんなそばかすの日常的なケアや対処法を、ご紹介します。

そばかすの日常ケア方法

そばかすの日常ケア方法
シミやそばかすを予防するために欠かせない「紫外線対策」や「生活習慣」、そして「美白化粧品」について見ていきましょう。

紫外線対策グッズを使用して肌を守る

そばかすに紫外線対策が必要なのは、そばかすの量が増えたり、色が濃くなることを防ぐため。子供のころのそばかすは遺伝が原因になりますが、大人になってできるそばかすは紫外線が大きく影響しています。

天気が悪い日でも紫外線を浴びているといわれていますが、油断していると肌には大変負担になってしまうのです。

紫外線を浴びるとメラノサイトが活発になり、肌をダメージから守るためにメラニンを生成します。そのため遺伝でない後天的なそばかすは誰にでもできる可能性があるのです。

注意したい紫外線の量

日差しの強い夏はほとんどの方が紫外線対策に敏感になりますが、しかしそれだけでは完全ではありません。一年の中でも紫外線が多いのが6月と7月。しかしまだ肌寒い3月ぐらいからすでに紫外線の量は増えている為、屋外にいると日に焼ける可能性があります。

室内にいれば安全、と油断するのもNG。窓ガラスを通り抜ける紫外線は日当たりの良い室内でも十分に浴びてしまいます。

関連記事もうそばかすを増やさない!紫外線対策と毎日のスキンケア方法!

紫外線対策のグッズを使うこと

紫外線対策として一番効果があるものは日焼け止め。夏は汗で流れてしまう為、2時間ごとにこまめに塗り直しましょう。塗布する量によっても効果が変わりますよ。

関連記事日焼けはシミになる!?日焼けによるシミの予防方法

サングラス

紫外線は肌だけでなく目からも入る為、長時間屋外にいると目からの紫外線がメラニンを増加させる原因になります。アウトドアやスポーツをする方はサングラスがあると安心ですね。

日傘

紫外線をブロックする効果が高い日傘は古くなったら新しいものに買い替えるか、UVスプレーを使って効果を維持しましょう。

生活習慣を見直す

生活習慣を見直す

運動で汗と一緒に老廃物を出す

そばかすを消すには生活習慣を見直すことがとても大切なポイントになります。運動することで体内の老廃物が外に出やすくなり、血行を改善し体のめぐりが良くなります。

また発汗作用が高まり、汗と一緒に老廃物が出るため美肌のためには定期的な運動を始めましょう。きつい運動でなくても、ウォーキングやヨガ、ストレッチなどを継続して続けると肌の働きも活性化されます。

同時に運動は気分をリフレッシュする効果がありますので、ストレス解消にもメリットになりますね。

関連記事運動で肌の黒ずみ改善!ターンオーバーを活発にする運動ご紹介!

栄養バランスのとれた食事

そばかすを消す為には食事の栄養バランスがとても重要。特にメラニンを抑制するビタミンC、アンチエイジングによいビタミンEなどが、そばかす対策に効果的。オススメの食べ物はブロッコリー、キウイ、かぼちゃ、アボカドなど。

またいわしや牛肉にはコエンザイムQ10が多く含まれているので、肌の健康を維持するためにも効果があります。

関連記事顔のシミ取りはクリームがいい?食事や馬油など対処方法4つご紹介!

質の良い睡眠をとる

深夜の時間は肌のゴールデンタイムと呼ばれるほど、新陳代謝が活発になる貴重な時間。そばかすを消すにはターンオーバーを活性化して新しい角質層を生成することが必要です。

そのためには質のよい睡眠をとること。最近は深夜型の方も増えていますので、十分な睡眠がとれず、肌のトラブルがなかなか治らないという方も多いですよね。そばかすは肌の細胞を活性にすることが必要な為、体の疲労とともに肌の疲れも睡眠で解消しましょう。

美白化粧品を使用してスキンケア対策

美白化粧品はシミやそばかすを消す為に一般的に使用されています。どれを使っても効果がないと諦めている方は、美白成分を見直してみましょう。

そばかすを消す有効成分

美白化粧品を上手に選ぶには、配合されている成分を見極めること。そばかすを消すには美白成分が必要ですが、その中でもおすすめなのが「ビタミンC誘導体」。

ビタミンCは美肌成分としてお馴染みですよね。しかし熱や水に弱く、化粧品の成分としては肌に浸透性が悪いことが特徴。

ビタミンC誘導体は、ビタミンCの浸透性を抜群に高め、メラニンの抑制効果がとても良い点が特徴です。また還元作用もありますので濃くなったそばかすを薄くする効果も期待できます。

美白成分は他にも「トラネキサム酸」「ハイドロキノン」「コラーゲン」「セラミド」など色々なタイプがありますので、どんな効果を期待するか成分の違いを理解して選びましょう。

美白化粧品はそばかすやシミの改善目的、もしくは新しいそばかすを作らない予防のどちらかに重点を置いたタイプとなっています。

関連記事美白成分の種類と選び方!美白肌の敵メラニンを薄くする成分とは?

美白化粧品の効果的な使い方

そばかすを消す美白化粧品も、残念ながら使って翌日に効果がでるようなものはありません。肌のターンオーバーの周期に合わせて効果が実感できる為、最低でも1か月以上は継続して使いましょう。

またスキンケアでの注意点は、肌に摩擦を与えない事。洗顔やクレンジング、またタオルで顔を拭く時も優しくごしごし擦らないように意識しましょう。美白化粧品は長く使うほど効果が出やすく、そばかす対策のサポートとして大変効果が期待できますよ。

美白化粧品は季節ごとや種類ごとに使いわけるのもよし。刺激の強いタイプもありますので、そばかすのケアをする為には購入時に必ずパッチテストを行うとよいでしょう。

関連記事皮膚に負担なく美白できるトラネキサム酸配合のホスピピュア

まとめ

  • そばかすの日常ケアで大切なことは「紫外線対策」「生活習慣」、そして「美白化粧品」。
  • 天気や室内外に関わらず、しっかり紫外線対策をする。
  • バラスの摂れた食事や適度な運動、質の高い睡眠で生活習慣から見直してみる
  • 美白化粧品は、配合されている成分を見極めることが大事。スキンケアでは摩擦を与えないように。