そばかすに効果的なハイドロキノンの効果と副作用

そばかす ハイドロキノン

「ハイドロキノン」という成分をご存知ですか?
これは近年美白効果が高いと注目されている成分です。ハイドロキノンを使用すれば、そばかすやシミ、色素沈着などを解消する効果もあります。

加齢やストレスでそばかすやシミが増えてしまっても、具体的な対策をとらずに放置をしてしまっている人も多いものです。

今回は、そんな方もハイドロキノンの効果やハイドロキノンが含まれた美容製品の使い方、そして、気になる副作用についてご紹介します。

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンとは、そばかすの原因であるメラニン色素の量産をおさえ、メラノサイト(メラニン色素を作る細胞)を減少させる成分です。このメラニン色素が肌で酸化することで、そばかすができるという仕組みになっています。

つまり、このハイドロキノンは、そのメラニン色素をおさえ、肌の酸化もおさえる還元作用のある成分です。これは、イチゴやコーヒーなどに含まれる天然成分で、写真の現像などで昔から使用されていた物質です。

そのため、これは肌の美白にとても有効な成分です。美白効果が高いと言われているビタミンCやアルブチン、コウジ酸などの美白成分の約10~100倍もの美白効果があると言われています。

海外(特にアメリカ)では、化粧品に配合される代表的な美白成分として、長い歴史があります。しかし、日本では皮膚科でのみ処方が許され、長年医師の許可がないと使用できない成分でした。

しかし、2001年の薬事法緩和によって、日本でも化粧品に配合することが許可されました。

美白目的の化粧品では、主にクリームや軟膏、化粧水などに配合されています。先述した通り、非常に美白効果が高いため、その分副作用もあります。

副作用については後程詳しくご説明させてもらいますが、高い効果があるため、用法や容量をきちんと肌の美白目的では、おもにクリーム状の軟膏や化粧水などに配合されたものが使用されています。

大変効き目の強い成分であり、皮膚に深刻な副作用を及ぼすこともありうる劇薬であるため、用法や容量を正しく守ることが大切です。

関連記事美白の定番?ハイドロキノンの効果が期待できるシミのタイプ

ハイドロキノンのそばかすへの効果

先ほど成分説明で簡単にお伝えしましたが、ハイドロキノンのそばかすへの効果は3つあります。

メラノサイトの量産を抑える

メラノサイトとは、肌のそばかすやシミなどの色素沈着などの原因となる細胞です。この細胞が増えることを抑える効果があります。そのため、そばかすやシミができにくくなります。

メラノサイトを減少させる

ハイドロキノンのは、メラノサイト(そばかすやシミの原因)が増えることを抑えるだけでなく、既にあるメラノサイトを減少させる効果があります。そのため、既にできているそばかすやシミの症状の改善が期待できます。

そばかすが改善され、色素沈着がなくなり、肌が白くなることから、ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と呼ばれているのです。

新たなシミを予防する

メラノサイトの中には、シミを作る作用を盛るチロシナーゼという酵素があります。ハイドロキノンは、このチロシナーゼを阻害する作用があり、シミを予防する効果があります。

美白効果を最大限に高めるハイドロキノンクリームの正しい塗り方

先ほど紹介したハイドロキノンの成分がしっかり入っていて、美白効果を最大限に高めるのが、「ハイドロキノンクリーム」です。

これは、そばかすなど気になる部分に塗り込むクリームタイプです。これは、ピンポイントに美白効果を発揮するので、そばかすを薄くしたい方におすすめです。

このハイドロキノンクリームの正しい塗り方をご紹介します。

朝・晩(1日2回)、気になる部分に塗る

1日2回、朝と晩に顔の気になるそばかすに塗ります。洗顔直後の肌は、ハイドロキノンの浸透性が高まり、刺激を与えやすい状態になります。洗顔後約20~30分経過して、化粧水・乳液で肌ケアをした後に塗りましょう。

気になる箇所にピンポイントに塗る

クリームを塗る際は、肌全体に塗らず、そばかすなどに気になる箇所にピンポイントに塗ることが重要です。気になる箇所以外のところに塗ると、皮膚の白斑を招く恐れがあります(漂白された状態になるため)。必ず、気になる箇所にのみ塗るようにしましょう。

細かいそばかすの場合は、綿棒やコットンを使用すると塗りやすいです。

ハイドロキノンの使用がもたらす副作用

美白効果が強い分、ハイドロキノンには副作用も多いです。可能性がある副作用が4つあります。

白斑を招く恐れがある

ハイドロキノンを気になる箇所以外に塗ったり、長期間使用をしたり(何か月、何年と連続で塗ること)、また、高濃度ハイドロキノンを使用することは、メラニン色素を生成する皮膚の機能を失わせて、肌が部分的に白く脱色される「白斑」という症状を引き起こす可能性があります。

一度抜けた肌の色素を元に戻すことは難しいとされており、白斑はハイドロキノンの副作用の中で最も注意すべきことです。

関連記事ハイドロキノン効果には副作用も!シミのない箇所に塗るのはNG

肌の炎症・赤みが起こる

ハイドロキノンは美白効果が強い成分であると言われています。そのため、体質によっては、使用すると肌が炎症を起こしたり、赤みやかぶれが起こる可能性があります。

このような症状が起きた場合は、使用を中止し、速やかに皮膚科を受診しましょう。

かゆみが起こる

ハイドロキノンの使用後、皮膚がピリピリと痛む刺激や、かゆみが起こることがあります。強い成分が入っているので、初めて使用する際には違和感がある人が多いです。これがすぐにおさまれば問題はありませんが、長期間かゆみが続いたり、悪化する場合は皮膚科を受診しましょう。

そばかすやシミ、色素沈着が悪化する

ハイドロキノンに量産を抑制されるメラニン色素は、人間の身体に有害な紫外線が入らないように遮断をする役割があります。そのため、ハイドロキノンを使用した後の皮膚は、紫外線に対して無防備な状態になります。

この状態で紫外線を浴びると、皮膚は通常時よりもダメージを受け、クリームを塗り始める前よりも、そばかすやシミが悪化する可能性があります。

関連記事ハイドロキノンより安全な成分を使用したホスピピュア

まとめ

  • 美白にとても有効な成分だが、効き目の強い成分であり、皮膚に深刻な副作用を及ぼすこともありうる劇薬であるため、用法や容量を正しく守ることが大切。
  • ハイドロキノンのそばかすへの効果は3つ。
  • ハイドロキノンには副作用も多く、可能性がある副作用は4つ。