そばかすを化粧品でケアするには正しい成分を選ぶことが鍵!

%e3%81%9d%e3%81%b0%e3%81%8b%e3%81%99%e3%80%80%e5%8c%96%e7%b2%a7%e5%93%81

そばかすを化粧品で治すには、正しい成分を選び継続してケアをすることが大切です。そばかすは生まれつきのものだけでなく、大人になってからもできる為、シミの対策と同様に適切なそばかすケアが必要になります。

今回は、化粧品でのそばかすの正しいケア方法について、ご紹介します。

そばかすの原因(メカニズム)

小さな子供にもよく見られるそばかす。形の特徴はシミよりも小さく頬や目の周り、腕や背中など体にもできます。そばかすができる原因は知らない方も意外と多いですよね。そばかすは一見シミのように見えますが、遺伝が原因でできるといわれています。

このタイプのそばかすは先天的なもので、年齢とともに薄くなることが特徴です。

しかし、そばかすは遺伝が原因になるだけでなく、後天的の場合は大人になってからできる可能性もあり、紫外線や生活習慣などが原因となります。この場合は肌に加わる刺激により、メラノサイトが肌を守る為にメラニンを生成することが原因。

紫外線

引用元:1star.info

 
先天性のものが年齢とともに薄くなるのに対して、後天性のものは年齢とともに色が濃くなる特徴があります。そばかすは茶褐色の斑点状に広範囲に広がるため消すのは大変です。しかし原因を把握すれば厄介なそばかすも薄くすることができるのです。

関連記事シミの4つの原因とメカニズムを知って美肌を目指そう!

そばかすを改善する効果のある化粧品

シミや肌のくすみに効果がる美白化粧品ですが、同様にそばかすで悩む方にも大変効果が期待できます。そばかすを消す為には普通の化粧品でなく美白の有効成分が含まれた化粧品を使いましょう。

そばかすはシミとは異なる原因がありますが、どちらもメラニンの活動を抑制することが予防対策に欠かせません。

美白の有効成分にはビタミンC、ビタミンEを始めとし、ハイドロキノンやアルブチンなどの有効成分もオススメです。美白化粧品の効果は個人差があり、そばかすは生活習慣も影響しているため、あらゆる角度からアプローチすることが大切。

まずセルフケアで始めたい美白ケアは、浸透性の高い美白有効成分を肌に補うことが必要ですね。

遺伝によるそばかすを消すには、医療機関での治療が必要になりますが、大人になってからのそばかすは濃くしない為のケアが必要です。紫外線対策を忘れずに、日頃からの美白ケアを充実させましょう。

関連記事そばかすを消すには?日常的にできるケア方法お教えします!

薬用美白成分の配合された化粧品がおすすめ

薬用美白成分の配合された化粧品
そばかすを消す化粧品として薬用美白成分がオススメです。薬用美白成分はそばかすやシミの改善効果が認められた成分の為、一般の有効成分よりも効果がある点が特徴。ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、プラセンタなどがあります。

関連記事そばかすに効果的なハイドロキノンの効果と副作用

それぞれの有効成分にはメラニンを根本から抑制する働きがあるため、そばかすやシミの対策にとても期待ができ予防にもメリット。

美白化粧品を購入する際には、それぞれの特徴を理解して目的に合ったタイプを見つけましょう。美白成分は濃いシミを薄くするハイドロキノン、予防効果があるビタミンC誘導体など異なる働きがあります。

関連記事美白にはビタミンCが鉄則?一日の摂取量と3つのビタミンC誘導体

そばかすのケアはシミと同様に改善と予防を同時にすることが大切。

効果がある薬用美白化粧品の中には刺激が強いタイプもありますので、敏感肌の方は必ず試してから購入しましょう。一度できたそばかすを消すのは大変ですが、コツコツと努力すれば必ず効果が実感できますよ。

厚生労働省認可の成分が配合されたもの

そばかすを消す化粧品といっても種類は様々。一般的には美白化粧品がシミやそばかすに効果的ですが、配合成分によっては効果が満足できない場合もあります。美白は目で見て分かるような効果がないと化粧品を使っている実感がありませんよね。

そばかすを消す美白化粧品を選ぶ際に注意したいのが、厚生労働省が認可した美白有効成分を使用しているかどうか。

違いは厚生労働省が認可している成分は美白の効果が認められていることです。その種類には、ビタミンC誘導体・アルブチン・トラネキサム酸・カモミラET・ハイドロキノン・フラーレンなどがあります。これらの成分は安全性と効果の観点より配合量が決められています。

同じ成分でも皮膚科で処方される薬と市販の化粧品に含まれる成分量では異なりますので、効率的なそばかす対策をする為には美白有効成分の使い方も意識したいですね。

美白化粧品と書いてあってもこれらの有効成分が含まれてない場合は、いくら使っても美白の効果はあまり期待できません。

関連記事シミを消す効果のある化粧品とは?厚生労働省認可の成分をチェック!

保湿力の高いもの

そばかすを消すには肌のターンオーバーを活性化することが必要です。また日頃からの紫外線対策も、すでにあるそばかすを濃くしない為に欠かせません。そこでそばかすを消す美白化粧品を選ぶ際には必ず保湿効果が高いタイプを選びましょう。

肌の保湿力を高めるとバリア機能が活発になります。すると紫外線などの外部の刺激から肌を守る働きが安定するため、そばかすやシミの予防にはメリットになりますね。

また肌が乾燥しているとターンオーバーが乱れる原因になりますので、そばかす対策をするにはスキンケアの基本である「保湿」は忘れてはいけないポイント。

また美白化粧品に含まれる有効成分の中には、刺激が強く肌が乾燥しやすいハドロキノンなどもありますので、美白と保湿を同時に行うことが肌には一番ベストな状態です。

色々な美白化粧品が販売されていますが、自分の肌タイプにあったもの、そしてそばかすやシミの原因にあった正しい化粧品を選びましょう。

関連記事保湿も美白ケアもできるホスピピュア

まとめ

  • そばかすは、先天性のものが年齢とともに薄くなるのに対して、後天性のものは年齢とともに色が濃くなる特徴。
  • 大人になってからのそばかすはケアが必要。紫外線対策を忘れず、日頃からの美白ケアが大事。
  • そばかすケアの美白化粧品は、厚生労働省が認可した美白有効成分配合のものを選ぶ。