シミを改善する美容液の選び方と美容液選びのポイント3つ

シミ 美容液

シミができると、メイクでは消せても、すっぴんでは誤魔化せないもの。女性は誰もすっぴん美人でいたいものです。

厄介なシミを消すために、コンシーラーやファンデーション、パウダーで努力をしていませんか?
実は、シミに打ち勝つことができる美容液が世の中にはたくさんあるんです。

今回はシミに打ち勝つ美白美容液の選び方、そしてどんな成分が入った美容液が良いのかをおすすめ成分を含め、ご紹介します。

シミを改善する美容液の選び方

シミを改善する美容液と言ってもたくさんあって、どれを選べば良いか分からないですよね。

そこで、まずは、シミができる原因と、シミに効く美容液選びのポイントについてご説明します。

シミが出来る原因

シミができる原因は2つあります。

シミを作り出す「メラニン色素」が過剰につくられたため

この「メラニン色素」が過剰に作られる理由は3つあります。

  • 紫外線(UVB)を浴びること
    紫外線にはUVAとUVBと二種類あります。今回影響があるUVBは、直接的に皮膚の細胞を攻撃して傷つけます。
    紫外線が皮膚に当たると、細胞を守るためにメラニン色素を作り出す物質が活性化します。
    ふつうは、紫外線を浴びなくなるとメラニン色素は作られなくなり、皮膚の新陳代謝によって、元の肌色に戻ります。
    しかし、皮膚の細胞が傷つき異変が起こると、メラニン色素が活性化したままになり、シミができます。
  • 活性酸素が発生する
    活性酸素とは、身体に必要なものですが、増えすぎると害になるものです。働きは、体内に入った細菌などを取り除く働きがあります。
    この活性酸素が発生させる要因は紫外線(UVA)、ストレス、喫煙、飲酒、食品添加物、睡眠不足など、生活習慣に関わることが多いです。
    この活性酸素が発生すると、活性酸素を取り除くために「メラノサイト刺激ホルモン」が分泌されます。
    このホルモンはメラニンを作るので、シミができるという流れです。
  • 炎症が起こる
    ニキビ跡や虫さされの後にできるシミの代表的なものです。皮膚に炎症があると、そのダメージを回復するために新しい細胞を作ろうとする働きが活性化します。
    すると、メラノサイト(メラニン色素をつくる細胞)も一緒に活性化してしまい、メラニン色素ができます。
    これができる原因は、日焼け、虫刺され、傷、かぶれ、ニキビなどが挙げられます。

関連記事シミ予防は紫外線対策を徹底して!予防アイテムは成分をしっかりチェック!

肌のターンオーバーが遅れ、メラニンが肌の内部に残ってしまっていたため

通常、シミを作るメラニン色素はターンオーバー(皮膚が新陳代謝を行うこと)とともに身体の外へ排出されます。健康な肌を保ちますが、授記のような理由があると、肌にメラニンが残り、シミができるのです。

シミに効く美容液選びのポイント

シミに効く美容液選びには3つポイントがあります。

美白、医療部外品(薬用)と記載があるものを選ぶこと

この2つの表記ができるのは、国が認めた成分を配合したもののみです。そのため、ウソはなく、安心して使用できる成分が入っていることが分かります。

関連記事シミを消す効果のある化粧品とは?厚生労働省認可の成分をチェック!

自分の目的に合った美白有効成分を選ぶこと

シミができる原因は「メラニン色素が過剰にできるため」です。自分が解決したい悩みは「今あるシミを薄くしたい」のか、それとも、「今後できるシミを予防したい」のか、どちらなのかを明確にして、美白成分を選ぶことをおすすめします。

関連記事シミのセルフケアは種類に合った方法で!内側と外側からしっかりケア!

効果が期待できる成分を含んだ美容液を選ぶこと

厚生労働省が許可した美白成分の中から、最も効果が期待できる成分を、用途別に紹介します。ぜひこの表記がある美容液を購入してみてください。

  • 今あるシミを薄くしたい
    ハイドロキノン、プラセンタエキス
  • 今後できるシミを予防したい
    アルブチン、トラネキサム酸
  • 薄くする+予防する両方ほしい
    ビタミンC誘導体

関連記事シミを消す美白成分の種類とシミ改善に効果的な化粧品の選び方と注意点

副作用のない「トラネキサム酸配合美容液」がおすすめです!

先ほど用途別の美容液の選び方、おすすめの成分についてご紹介しました。特にその中でも、副作用がない「トラネキサム酸」を配合した美容液がおすすめなので、おすすめの理由をご説明します。

上記で紹介した成分は、効果が出る分、強い影響があるものが多いです。そのため、美白成分が強いあまありに、肌の色素が抜けたり、紫外線を浴びることで逆に色素沈着をしてしまうトラブルや副作用も発生しています。

しかし、この「トラネキサム酸」は副作用がない成分なので、安心して使用できます。

これは、アミノ酸の一種です。効果としてはシミを作る原因のメラニンの生成を抑える作用、抗炎症、抗アレルギー、そして止血効果があります。

もともと、このトラネキサム酸は、病院で止血剤、抗プラスミン剤として処方されていました。安全性が高い薬なので、現在も幅広く使われています。

この「トラネキサム酸」がなぜシミに効果があるのかというと、シミをつくる原因のメラニンを作るための情報が伝達される際に、トラネキサム酸は、シミを発生させる物質の伝達を阻害します。そこで、メラニンが抑制されます。

これでトラネキサム酸がシミに効果がある美容成分であることが分かります。

関連記事トラネキサム酸配合!シミ対策・予防にはやっぱりホスピピュアが一番?

まとめ

  • シミができる原因は2つ。「メラニン色素が過剰にできる事」「ターンオーバーの遅れ」が原因です。
  • シミに効く美容液選びにはポイントが3つ。「美白、医療部外品の記載があるもの」「自分の目的にあったもの」「効果のできる成分」がポイントです。
  • 副作用がない「トラネキサム酸」を配合した美容液がおすすめ。