シミの原因に女性ホルモンも関係してる?濃くなる原因と対策

シミ ホルモン

シミが気になるから美白化粧品を使用してみたものの、なかなかシミが薄くならないのはなぜなのでしょうか。それどころか、「シミが濃くなっているような気がして…」と戸惑う女性も少なくはないでしょう。

シミの改善が、隠れたなんらかの原因で遅れているのかもしれません。そんな薄くならないシミの原因を解説し、対処法を検証しましょう。

ホルモンバランスが崩れるとシミが増える?

妊娠中にシミやソバカスが濃くなる
女性の体は、生涯ホルモンバランスに支配されていると言っても過言ではないでしょう。

思春期の生理から、妊娠出産、閉経など様々なホルモン変化の時期を経て体にも変化をきたすのです。また、この女性ホルモンが減少すると、メラニンを過剰に作ったり、潤いの成分であるヒアルロン酸やコラーゲンの生成を減少させてしまったりもするのです。まさに、肌老化を引き起こします。

ちなみに、女性ホルモンの減少でいち早く思い浮かぶのが、妊娠中にシミやソバカスが濃くなる現象ですね。それは、女性の体が赤ちゃんを守るという防御機能が働くために、メラニン増加によりバリア効果を発揮するためです。

赤ちゃんを出産してしまえば、次第に薄くなる事がほとんどなのです。ですが、もう少し厄介なシミがあるのはご存知でしょうか。それは、中年になるとできやすくなる内側からくるホルモン変化によるシミです。

関連記事シミがストレスで発生する!?ターンオーバーが上手くいかない理由と改善法

美白ケアでシミが薄くならないなら肝斑かも?

肝斑
美白をしっかりしているのに、なかなかシミが薄くならないと、「美白が合わないのでは?」「成分が十分に配合されていないのでは?」と化粧品に不信感や不満を持ちながら美白ケアをすることになります。

特に美白は成分上、高額な商品が多いため、目に見える効果が現れなければ、すぐにやめたくなったり、違うものにチェンジしたくもなりますね。ですが、美白化粧品はしっかり使用法を厳守していれば、大抵の効果は期待できるはずなのです。

もし、美白化粧品を使用継続していてなかなかシミが薄くならないのであれば、それはホルモンバランスの不安定さが原因となり生じる“肝斑”というシミかもしれません。肝斑は更年期前後の40代になると発症しやすくなります。

内側のホルモンバランスの乱れから発症しやすくなるために、美白だけでは改善が見られないことがほとんどなのです。

関連記事シミと肝斑は原因も対策も違いがあった!実は意外な共通点も?

シミの原因に合わせた対策を

シミの原因に合わせた対策
シミを薄くするには、シミの原因をまず知ることからスタートします。闇雲に高い美白を使っていれば、次第にシミが薄くなるという安易な考え方では、シミは薄くなりません。

中には、セルフケアだけで薄くする事のできないシミもあります。その時には、肌の専門家でもある皮膚科医の門を叩く事も考慮しましょう。以下のようなシミの原因を推測して、自分にあった対策をスタートさせましょう。

紫外線が原因のシミ

シミと言えば、殆どが紫外線抜きでは語れないほど、密接に関係しています。

まずは、シミのメカニズについてお話しすると、紫外線が肌を通過するとシミを作るメラニンを増殖させる細胞メラノサイトが活性されます。それにより、メラニンがぐんと広がり、シミという形で現れるのです。

まさに、紫外線対策を十分に行う事でシミが発生する事も、濃くなる事も防げますので、日焼けを防ぐために帽子や日傘などを活用したり、日焼け対策のUV美容液などを塗り残しのないようにしたりと気をつけていきましょう。

また、汗をかきやすい方や、化粧崩れしやすい方はUV美容液の塗り直しもマメに行う事が大切です。UVカットに関しては、紫外線を強く感じる春や夏だけでなく、通年の使用を心がけましょう。

関連記事シミ予防は日焼け防止が基本!紫外線A派B派別の日焼け止めの選び方

遺伝

シミができやすい体質は遺伝的なものもあります。敏感肌やアレルギー体質が家系で似る事があるように、親がシミを発症しやすい体質であれば、その子供も似ています。

特に遺伝が関連しているシミは、「雀卵斑」とよばれるソバカスです。ソバカスは決して消える事はないのですが、美白ケアなどで薄く目立ちにくくする事は可能なのです。

関連記事そばかすの原因は子供と大人で違う!メカニズムと3つの改善方法

炎症が原因のシミ

火傷や傷、蚊に刺され部位が炎症を起こすくらいにひどくなると、そこがシミ化しやすくなります。さらに、炎症を起こした部分に紫外線が当たることによって、メラニンが増殖して、シミが濃くなるでしょう。

また、炎症を何度も繰り返すと、それが刺激となり、炎症性のシミとなるのです。擦り傷などのちょっとした日常的なキズも軽視せずに、綺麗に完治するまでは、過度に触ったり摩擦をかけたりしないようにしましょう。

特に敏感肌の人は、少しの刺激でも肌の炎症がひどくなるため、炎症がひどくならないように炎症時には冷やすなどの応急処置もスムーズに行えるようにしたいものですね。

関連記事シミのセルフケアは種類に合った方法で!炎症悪化でシミになる!?

ホルモンバランスが原因のシミ

妊娠、出産前後に濃くなるシミをはじめ、閉経間近にできやすい肝斑などのようなシミは、ホルモンバランスの変動によるものです。特に肝斑は体の内部から徐々にできる特殊なシミなので、美白化粧品をしっかり使用していても、なかなか改善されずに断念してしまう人が多いのです。

40代前後になって、頰中心に盛り上がりのあるシミができはじめたら、肝斑を疑い皮膚科医に相談してみましょう。皮膚科では、内服薬の処方がなされ、内側からの改善治療を提案されるはずです。

また、女性ホルモンの減少はシミだけでなく、潤いを維持する力も弱くさせてしまいます。保湿成分であるヒアルロン酸やコラーゲンなどの潤い力の生産が弱まり、バリア機能も低下させてしまうのです。

バリア機能が低下した肌は紫外線を無防備に透過させてしまうため、よりシミやソバカスを濃くしてしまうという二重の肌トラブルとなってしまうでしょう。

関連記事肝斑とは?女性の全年齢平均36%が発症するシミの原因と治療法

まとめ

  • 女性ホルモンが減少すると、メラニンを過剰に作ったり、潤いの成分であるヒアルロン酸やコラーゲンの生成を減少させてしまったりもする。肌老化の原因に。
  • 美白化粧品を使用継続していてなかなかシミが薄くならないのであれば、それはホルモンバランスの不安定さが原因となり生じる“肝斑”というシミの可能性も。
  • 中には、セルフケアだけで薄くする事のできないシミもあるため、肌の専門家でもある皮膚科医の門を叩く事も考慮しましょう。