シミを消す効果のある美白化粧品は厚生労働省認可の成分をチェック!

%e3%82%b7%e3%83%9f%e3%80%80%e6%b6%88%e3%81%99%e3%80%80%e5%8c%96%e7%b2%a7%e5%93%81

シミを消す化粧品と宣伝されているものは市場にたくさん出回っています。しかし実際は使っても、それほど効果がない場合もありますよね。

そこで失敗しない為にも、シミを消す化粧品とはどんな点に注意をして選ぶと良いか、シミ化粧品の基礎についてご紹介しましょう。

シミを消す(薄くする)効果のある化粧品とは

シミ化粧品を選ぶ時に大切なのが、目的に合わせた化粧品を選ぶということです。効果が無いと感じるのは、成分が肌にあっていない事も考えられます。シミを改善するか、予防をするかにより、選ぶ美白化粧品にも注意しないといけませんね。

シミを消す(薄くする)化粧品といってもその効果はさまざまなのです。

できているシミを抑制

シミを消す(薄くする)化粧品には、すでにあるシミに効果があるタイプがあります。肌のターンオーバーを促進し、古い角質から新しい角質に換えることで、表面のシミを徐々に薄くする効果があります。

ターンオーバーを活性化する成分として注目したいのが、レチノールやエナジーシグナルAMPなどがあります。

またメラニンの還元によりシミを薄くするタイプの美白化粧品がありますが、これは黒色のメラニンを淡色化する働きがあり、濃いシミが目立たなくなる効果が期待できます。代表的な有効成分にはハイドロキノン、ビタミンC誘導体などです。

シミは30代を過ぎると徐々に目立ってきますが、気が付いた時には色も濃く、普通の化粧品ではシミ対策は満足にできませんよね。目立つシミを薄くするには、このような美白有効成分を肌に補うことが効果的です。

関連記事30代に多い炎症性色素沈着って何?発生しやすい場所と原因
関連記事美白にはビタミンCが鉄則?一日の摂取量と3つのビタミンC誘導体

シミの予防

シミは一度できると消すのは大変。そこでシミケアで意識したいのは予防対策なのです。紫外線などの刺激を過剰に受けるとメラニン色素は過剰に作られ、排出しきれなかったものが残り、シミとなります。

紫外線によるメラニンの生成を防ぐ成分には以下のようなものがあります。

  • トラネキサム酸
  • カモミラET
  • ビタミンC
  • アルブチン
  • ルシノール
  • ハイドロキノン
  • コウジ酸

これらの美白成分はメラニン生成を抑制する働きがありますので、新たなシミができる予防効果がとても高いことが特徴です。

美白化粧品は女性のスキンケアにお馴染みとなっていますが、これだけですべてのシミが完全に消えるワケではありません。シミを消す(薄くする)化粧品は紫外線のダメージによる表皮にあるシミのみ。

それ以外の体内からできる真皮層のシミなどは、皮膚科で治療をしないと改善できない場合もあります。効果的にシミを薄くする為には、まず自分のシミの種類や状態、そして原因を正しく理解して、効果的な有効成分を見極めることが大切ですね。

美白化粧品を使う場合は、とにかく継続することが基本。即効性を期待せず長期的にスキンケアが重要です。

関連記事美白成分の種類と選び方!美白肌の敵メラニンを薄くする成分とは?

薬用美白成分の配合された化粧品がおすすめ

シミ 美容液

厚生労働省認可の成分が配合されたもの

シミを消す(薄くする)化粧品といっても効果はさまざま。そして「美白」と宣伝されていても、すべての化粧品に効果があるわけではありません。

大切なのは美白有効成分。効果的な成分配合がされてないタイプや、有効成分の含有量が少ない化粧品ではいくら使っても満足できる効果が期待できません。確実なシミケアをするには、薬用美白成分を選びましょう。

薬用美白成分は厚生労働省が認可している成分で、肌にも安全性が確認されています。その成分の一部をご紹介します。

  • ルシノール
  • アルブチン
  • エラグ酸
  • ビタミンC誘導体
  • リノール酸
  • プラセンタエキス
  • トラネキサム酸
  • カモミラET
  • コウジ酸
  • ハイドロキノン
  • マグノリグナン
  • 4MSK

など。

Link認可成分についてはこちらから|厚生労働省

美白化粧品は色々な成分が使用されていますが、効果を期待するならばこのような厚生労働省が認可している薬用美白成分がオススメです。化粧品には医薬部外品の表示がされていますので、購入する際の参考にしてくださいね。

化粧品は誇大な宣伝などでついつい惑わされがち。目的の効果を発揮する成分を選ぶことで満足するシミケアができますね。

保湿力の高いもの

シミは美白有効成分でケアをすることが大切なポイントですが、それだけでなく保湿ケアも欠かせない点の一つ。

肌が乾燥していると紫外線などの外部の刺激から肌を守るバリア機能が減少してしまいます。そのため乾燥肌のほうが紫外線を受けやすく、シミになりやすい特徴があるのです。

保湿はスキンケアの基本。肌の潤いが不足するとターンオーバーが正常にできない要因にもなります。シミの改善と予防を同時に行う為にも、肌本来の働きを活性化する保湿はとても大切ですね。

シミを消す(薄くする)化粧品には刺激が強く肌が乾燥しやすいタイプもあります。保湿成分が配合された美白化粧品ならば、同時に肌もしっとりしますので美肌効果も抜群です。

関連記事保湿も美白ケアもできるホスピピュア

シミの最大の敵になる紫外線から肌を守る為には保湿も毎日意識してくださいね。コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸などの潤い成分が配合されているかどうか、そして自分の肌に合うかも必ずチェックしましょう。

初めて使う美白化粧品の場合は、トライアルでまずは試すと安心ですね。シミケアは短期間でできるものではありませんので、長く安心して使える効果的な美白化粧品選びが重要です。

まとめ

  • シミ化粧品は、自分のシミの種類や状態、そして原因を正しく理解して効果的な有効成分を見極める。
  • 厚生労働省が認可し、肌への安全性が確認されている薬用美白成分のものが、おススメ。
  • 初めて使う美白化粧品はトライアルで試し、長く安心して使える効果的な美白化粧品選びが重要。