ケミカルピーリングでニキビも改善できる?毛穴黒ずみにも効果があるって本当?

ケミカルピーリング

ニキビの治療にとても効果的と言われているケミカルピーリングとはどのようなものでしょうか。ピーリングとは「削る」と言う意味なので、少々怖く感じる人もいるでしょう。また、ケミカルピーリングがニキビだけでなく他の肌トラブルにも効果はあるのかも気になりますね。
そんなケミカルピーリングについて、ニキビやシミとの関連を検証しながらご紹介します。「セルフケアではなかなかニキビや毛穴などのトラブルが緩和しない…」というお悩みを抱えている方も、ピーリングによる医療行為を取り入れて悩み解決に導きましょう。

ケミカルピーリングは皮膚科ですべき?

病院イメージ画像
ケミカルピーリングとは、フルーツ酸や乳酸などの薬剤を使用して角質層を剥がれやすくする行為です。つまり、なんらかの要因で人間の肌の生まれ変わりであるターンオーバーが乱れ、メラニンや老廃物を含む古い角質が蓄積されている状態を改善、リセットしてくれる画期的な施術法と言えるでしょう。

さかのぼること、古代エジプトの美人と賞賛されたクレオパトラが肌をすべすべに保つための美容法として乳酸サワー入りのバスタイムを過ごしていたことが、ケミカルピーリングの根源となっています。

ケミカルピーリングは、市販の薬局などでも石鹸やピーリング剤として販売されています。もちろん、市販の商品ですから、ピーリング剤の濃度は低く、美容外科や皮膚科医での施術と比較すると即効性はないと言えます。ですが、普段からにきびのできにくい滑らかな肌にするための予防として市販品を使用する人も少なくないでしょう。

関連記事シミ改善!自宅でできるピーリングに期待できる6つの効果

皮膚科や美容外科で行うピーリングは、皮膚の専門医である医師が、その方の肌悩みに合わせたピーリング剤を数種類の薬剤の中からセレクトして、ベストな状態で施術してくれます。こうした安心、信頼のおける医療機関での施術は、即効性があるため、ブライダル前の女性にも注目されているくらいです。

ケミカルピーリングは薬剤の種類や回数によって、または医療機関によっても価格設定が以下のように異なります。

  • グリコール酸
    3,610円/1回(初回)
    5,500円/2回以降
  • サリチル酸
    5,830円/1回(初回)
    8,830円/2回以降

※参照元:品川スキンクリニック美容皮フ科

ケミカルピーリングの効果

ピーリング画像
気になるケミカルピーリングの効果はどのようなものでしょうか。ニキビ以外の肌トラブルも一緒に解決してしまうため、肌のアンチエイジングにも、最も有効な美容技術だと言えるでしょう。

にきび改善、予防

ピーリング剤は、毛穴の中の余分な皮脂や老廃物を溶かす作用があるため、毛穴をすっきりさせ、黒ずみを無くすだけでなく、ニキビのできにくい肌状態にしてくれるでしょう。

また、できてしまった白ニキビや赤ニキビの状態であっても美しく肌を正常化させてくれます。さらには、ニキビ痕の赤みに悩まれている方にもピーリングのメラニン生成を抑える効果が働きかけ、美しい肌へと戻してくれることでしょう。ケミカルピーリングは、肌悩みの中でも特に、ニキビ関連の肌トラブルに絶大な効果をあげます。

関連記事ニキビ跡の色素沈着は皮膚科で治療できる?色別原因と5つの治療法

シミ改善

ターンオーバーの正常なサイクルは28日です。加齢や紫外線、生活習慣の乱れなどで、このサイクルが乱れてしまえば、角質には古いメラニンがどんどん蓄積されて、シミになったり、くすみになったりと、肌の黒ずみをよりひどくしてしまう事でしょう。

ですが、ケミカルピーリングにより、古い角質を削り、ターンオーバーを正常に戻す事で、メラニンがスムーズに排出され、シミができにくい肌になるでしょう。また、なかなか改善されずにいた蚊に刺され痕や傷痕も目立たなくなります。

関連記事シミがストレスで発生する!?ターンオーバーが上手くいかない理由と改善法

シワ、たるみ改善

ケミカルピーリングは、コラーゲンやエラスチンなどの潤いや弾力を保つ部位にも働きかけて、シワやたるみを改善する効果があります。

肌のターンオーバーは、お肌の曲がり角と呼ばれる25歳くらいから徐々に乱れはじめます。このくらいの年齢になると、こうした肌トラブルが少しずつ現れてもおかしくはないのです。早めに気づいて、早いうちにケミカルピーリングをスタートさせると、その後に深いシワやたるみを作る事なく若々しい肌が維持できます。

ケミカルピーリング後のケア

ケミカルピーリング後のケア
ケミカルピーリング後はお肌にスキンケアが浸透しやすくなるため、医療機関でのピーリングと併用して、肌への栄養補給のような役割を果たす「イオン導入」を進められる事があります。

また、ケミカルピーリングの後は、削るという行為の後ですから、肌のバリア機能が確実に低下している事でしょう。バリア機能とは、肌の細胞がセラミドなどの潤い成分でしっかり隙間なく満たされている状態のことです。そのためにも、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの潤い成分がしっかり配合された化粧水や乳液で肌に潤いを与えてそれを逃がさないようにするお手入れをしてあげましょう。

関連記事セラミドで美白はもはや常識?種類別の効果と化粧品選びのコツ

さらに、ケミカルピーリング後、肌は紫外線の影響を受けやすくなります。肌に刺激を与えにくいタイプの日焼け止めを使用して、紫外線から肌を守るというケアが大切です。

関連記事シミ予防は紫外線対策を徹底して!予防アイテムの選び方2つのポイント

また、当日の洗顔なども、ゴシゴシと摩擦をかけないように優しく丁寧なタッチで実施してあげる事が重要なのです。

関連記事肌の色素沈着とは?黒くくすむ原因と日頃からできるセルフケア

ちなみに、医療機関でのケミカルピーリング施術後にヒリヒリや、赤み、ハレなどの副作用が発生した時は、すぐに医療機関に問い合わせて対処法を仰ぎましょう。薬剤の種類が合わなかったり、量などが影響していたりするかもしれません。

まとめ

  • ケミカルピーリングとは、フルーツ酸や乳酸などの薬剤を使用して角質層を剥がれやすくする行為。
  • ケミカルピーリングはニキビ以外の肌トラブルも一緒に解決するため、肌のアンチエイジングに最も有効な美容技術だと言える。
  • ケミカルピーリング後は肌に潤いを与え、紫外線からも守るようにしましょう。