肝斑におすすめの化粧品は配合成分をチェック!効果的なケア方法とは

%e8%82%9d%e6%96%91%e3%80%80%e5%8c%96%e7%b2%a7%e5%93%81

肝斑は化粧品を使ったケアが大切ですが、使用する化粧品の成分により効果も異なります。そこで今回は、肝斑対策にはどのような美白化粧品が良いのか、ご紹介します。

そもそも肝斑とは?ただのシミじゃないの?

シミは一見どれも同じように見えますが、種類が色々あり原因も様々です。肝斑は30代~40代の女性に多く発症するシミで、症状の特徴としては左右対称に出現すること。

肝斑がでやすい部位は頬骨や口のまわり、鼻の横、上瞼などがあります。シミの形が肝臓に似ている為に肝斑と呼ばれています。

肝斑は女性ホルモンのプロゲステロンが原因といわれ、閉経後の50代後半になると自然と消滅する特徴があります。また妊娠や経口避妊ピルを服用中にも肝斑が発症する場合もあります。

肝斑はこれだけが単体でできることがなく、老人性色素斑などと重なる事もあるため、非常に判断が難しいとも言われる点も特徴の一つ。気になる場合は皮膚科で相談してみましょう。

肝斑は紫外線が原因のシミとは異なるケアが必要ですが、日頃の日焼け対策は悪化させないためにもなるべく心がけましょう。

肝斑は決して珍しいシミではなく、30代以降の女性には多くみられるシミの一つ。化粧品を使っても消えない場合は、肝斑対策が必要になるかもしれませんよ。

関連記事治し方が違う!シミと肝斑の違いと意外な共通点とは

肝斑の効果的なケア方法

肝斑を綺麗にしたい場合は皮膚科で相談するのもよい方法の一つ。もしくは市販の美白化粧品を使ったスキンケア忘れずに行いましょう。

ハイドロキノンはメラニンの活動を抑制する効果あり

ハイドロキノンは美白有効成分として知られていますよね。すでにできたシミを薄くする効果が高く、日本では2001年より化粧品で使用されています。

アメリカでは美白成分のメインとして以前から使用されているハイドロキノン。還元作用が高く、メラニンの活動を抑制する効果があります。

皮膚科で処方される治療薬では、濃度が高めのハイドロキノンが使用されています。

そもそもハイドロキノンはイチゴに含まれている成分の一つ。抗酸化作用もありますので、アンチエイジングの美肌ケアとしても人気がある成分ですよね。

しかしハイドロキノンは刺激が強い為、市販の化粧品を使う際にもパッチテストをまず行ったほうが安心だと言われています。

関連記事美白の定番?ハイドロキノンの効果が期待できるシミのタイプ

ビタミンC誘導体が肌のターンオーバーを活性化

ビタミンCは美肌の為に欠かせない成分の一つ。化粧品や内服薬、サプリなど多くの場面で使用されています。

しかしビタミンCは熱や水に弱いため、浸透性が悪くそのデメリットを改良したのがビタミンC誘導体。メラニンの働きを抑制し、肌の細胞再生をサポートします。

肝斑の治療として使用されることも多く、肌のターンオーバーを活性化し普段のスキンケアにも人気がある成分ですね。

肝斑がでやすい30代~40代の女性の肌は徐々に加齢とともに働きが衰えてしまいます。還元作用の高いビタミンC誘導体は、肌の衰えを活性化する効果もありますので、肝斑には大変効果的。スキンケアとして肌に直接補うと、シミの対策にメリットになりますね。

年齢肌は浸透性も衰えてしまうため、肝斑ができる年齢層の肌には最適な成分です。

関連記事美白にはビタミンCが鉄則?一日の摂取量と3つのビタミンC誘導体

トラネキサム酸で色素沈着を防ぐ

トラネキサム酸は肝斑治療に最も多く使用される成分。内服薬や外用薬として病院で処方されています。

アミノ酸の一種であるトラネキサムさんは1965年より医薬用医薬品として医療現場で使用されています。止血剤や抗アレルギーなどに効果があり、じんましんの処方で使った際に、肝斑に効果があると発見されました。

トラネキサム酸が肝斑に効果がある仕組みですが、メラノサイトの働きを抑制して色素沈着を防ぐ効果があります。体の中からの治療として内服薬や、化粧品の成分としても使用されていますよね。

トラネキサム酸は肝斑ができる前の段階でブロックする効果がありますので、大変有効的な成分です。

関連記事肝斑治療にトラネキサム酸が効果ありって本当?副作用の心配はない?

肝斑治療にはトラネキサム酸がおすすめ!

肝斑治療といえばトラネキサム酸。そもそもは肝斑の内服薬として効果が認められたことが始まりですが、今では化粧品の成分としてもお馴染みになっています。

メラノサイトの活性化を促進する、プラスミンの働きを抑制する効果が注目されています。肝斑にとても効果があるだけでなく、紫外線が原因のシミにも有効的。内服薬や外用薬として使われるだけでなく、日頃のスキンケアでも活躍しています。

トラネキサム酸は安全性が認められた美白有効成分の一つとして色々な化粧品に含まれています。

ハイドロキノンもシミを薄くする効果がありますが、トラネキサム酸の方が副作用が少なく肌にも優しい点が特徴。毎日続ける肝斑の対策には、トラネキサム酸配合の化粧品がオススメです。

肝斑は女性ホルモンが原因になるため、お肌のお手入れとともに生活リズムを整えるなど、ストレスを減らす心がけも大切です。肌は睡眠不足や紫外線対策など色々な角度からアプローチしてシミ対策を行いましょう。

関連記事トラネキサム酸配合で湘南美容外科が開発したホスピピュア

まとめ

  • 肝斑は、女性ホルモンの働きが主な原因。肝斑治療には「トラネキサム酸」が最も多く使用されている。
  • トラネキサム酸は、美白有効成分の一つとして日頃のスキンケアでも活躍。
  • ハイドロキノンよりも、トラネキサム酸の方が副作用が少なく、肌にも優しい。