背中のシミの原因は紫外線?美白化粧品でケアはできる?

背中

お風呂上りに鏡を見たら、背中にシミが広がっていたなんて経験はありませんか。

背中のシミはどうすれば綺麗になるのか、気にしている方は大勢いますよね。そこで早速、背中のシミの原因と対処法についてご紹介しましょう。

背中のシミの原因は?

背中にできるシミの原因は紫外線。海水浴で強い紫外線を浴びると肌が日焼けしますよね。長時間紫外線を浴びると、メラノサイトがダメージを受けてメラニンが過剰に作られてしまいます。

背中にできる主なシミの種類が老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)。加齢とともに増えるシミで、40代以降に多く見られます。また背中のシミにはそばかすや脂漏性角化症もあり、異なるシミの種類でも原因は共通して紫外線だと言われています。

夏の海水浴で強い紫外線を浴びると肌が水ぶくれになる場合がありますよね。このような急激な日焼けによる水ぶくれの後にできるのが光線花弁状色素斑。背中のシミにも多くできやすく、夏の強い紫外線には要注意ですね。

このシミは花がさいたような形、金平糖のような形が多いことからこの名前が付けられています。

背中は自分ではなかなかチェックできない為、シミがあるかどうかは人に見てもらうことが確実です。お風呂に入る時も、鏡でできるだけシミの有無を確認してください。

シミは薄いものや皮膚の下で待機している予備軍もたくさんありますので、正しいシミのお手入れを行い、予防対策を忘れずに続けましょう。

関連記事背中の黒ずみの原因となっているニキビを防いで後ろ姿にも自信を

背中のシミの対処方法

背中のシミの対処方法ですが、一番大切なのは紫外線予防。海に行って顔や腕などは皆さんしっかり日焼け止めを塗っていますが、ついつい忘れてしまうのが背中。

しかし背中は紫外線を浴びやすく、面積も広い為シミができると、とても目立ちますよね。水着を着る場合は特にしっかり日焼け対策を行いましょう。

日差しの強い夏は、肌を露出するファッションも多い為、忘れがちな背中はなるべく、露出を控える服装が安心ですね。

また日頃からできる対策としては、食生活でビタミン類などを十分に補給すること。不足しがちな野菜や果物には、メラニンを抑制するビタミンCをはじめとした美肌成分が豊富です。食生活が不規則な方はサプリメントで栄養補給しましょう。

関連記事背中の黒ずみ原因に合わせたケア方法と改善に有効な栄養素5種

顔のシミはこまめにチェックしても、体のシミは意外と手を抜きやすいもの。日ごろからボディケアも意識して背中の保湿を行い、肌のターンオーバーを活発にする為に睡眠も十分にとりましょう。

背中は皮脂の分泌も多い為、ニキビができることもよくありますよね。シミは紫外線だけでなく、ニキビ跡や炎症も色素沈着を起こす原因になりますので、ニキビ対策も同時にすると安心です。

関連記事背中黒ずみ対策は食生活や生活習慣を見直してターンオーバーを整えて

クリニックでの治療法

背中のシミの対処方法の一つが、クリニックでの治療。シミには美白有効成分を塗布して、目立たなくする方法がありますが、皮膚科などの医療機関では、ハイドロキノンなど効果が高い有効成分を含んだ外用薬を使用します。

ハイドロキノンは一般の美白化粧品でも使用されますが、病院で処方されるものは濃度が濃く効果的な治療ができます。

関連記事皮膚科で処方されるハイドロキノンとトレチノインの効果と注意点

背中のシミの治療としては他にもケミカルピーリングがあります。この方法は肌にフルーツ酸などを塗布して、古い角質を矯正的に剥がし新しい角質を生成します。同様にレーザー治療は、メラニンを抑制する光を照射してシミを目立たなくすることができます。

医療機関でのシミの治療は、自分のシミタイプを判断してもらい、治療ができるためとても効果的。しかし治療方法によっては肌にあわない場合や、回復するまでに時間がかかるなど注意点もあります。

何よりも施術費用がかかりますので、本格的なシミ改善として行うにはオススメです。セルフケアではなかなか効果が出ないシミ。医療機関で治療をすれば、効果も早く綺麗になりますが、信頼できるクリニックを選び肌に負担が少ない治療方法を選ぶことが大事ですね。

美白化粧品でのケアがおすすめ

背中のシミは自分で発見できない為、気が付いた時には背中全体に広がっている場合もあります。シミはクリニックなどで治療を受けることも可能ですが、まずは手軽にできる美白化粧品を使ったケアをやってみましょう。

美白化粧品には、ハイドロキノンやビタミンC誘導体、アルブチン、トラネキサム酸などの美白有効成分が配合されています。またヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分も、バランスよく配合されたタイプもありますので、肌環境を整える為にも効果的です。

関連記事シミを消す効果のある化粧品とは?厚生労働省認可の成分をチェック!

背中に使う美白化粧品は、ボディクリームやローションなどがオススメ。美白有効成分が配合されたシミ専用のケア商品を選びましょう。もしくは顔に使う美白化粧品を使っても良し。

しかし、値段が高いコスメだと背中に使うのは抵抗がありますよね。そこで背中のシミには、ボディ用の美白化粧品がオススメ。肌のくすみを改善するタイプ、すでにできたシミを薄くする成分など、自分の目的に合わせて美白化粧品を選びましょう。

入浴後は水分の浸透性も高い為、背中にまずは美白ローションをぬり、仕上げにボディクリームで保湿をするといいですよ。シミは顔だけでなく体のケアも忘れずに。

関連記事全身に使える美白系スキンケア「ホスピピュア」

まとめ

  • シミの主な原因は紫外線。日頃から紫外線対策や、ビタミン豊富な食事や睡眠をしっかりとることが大切。
  • 医療機関でのシミ治療は、シミタイプ合った治療ができ効果的。だが肌にあわない場合や、回復に時間がかかるなど注意点。
  • 背中のシミには、自分の目的に合わせたボディ用の美白化粧品がオススメ。