30代でシミだらけ!?今からでもできるシミ対策とは

30代 シミ

30代になると、今まで気にならなかったシミが気になりだすという女性がグンと増えます。その理由はどういうものなのでしょうか。実際に、30代女性の肌悩みのトップに“シミ”をあげる人は多数いるのです。

30代はライフスタイルの変化や体調変化に敏感な時期。そうした背景を踏まえながら、30代にできやすくなるシミの原因や対策を検証しましょう。

30代でシミができる原因

30代でシミができる原因
30代はライフスタイルの変わり目と言っても過言ではありません。男性並みに働く女性もいれば、出産育児にと奮闘する女性もいるでしょう。さらには、肌内部では保湿や弾力を保つ成分が極度に減少し始める時期なのです。

20代の肌と違うのはこうした背景も影響しています。もう少し詳しく30代にシミができるメカニズムを見ていきましょう。

関連記事30代に多い炎症性色素沈着って何?発生しやすい場所と原因

肌の代謝低下

肌が生まれ変わるサイクル(肌が垢となって剥がれ落ちる過程)は20代までは約30日~45日です。それが、仕事でのストレスや育児などによる睡眠不足などで乱れやすくなるのが30代なのです。

女性ホルモンの変化

最近は晩婚化の影響もあり、妊娠・出産年齢が30代と言う人も少なくはありません。こうした時期に女性ホルモンが乱れやすくなります。

特に妊娠するとお腹の赤ちゃんを守ろうという体の生理的機能が働き、メラニンが増殖し始めます。そのメラニンが、シミを濃くしたり、新たにシミを作ったりしてしまうでしょう。妊娠、出産が関係してできてしまったシミは、産後半年~1年程度で薄くなる事がほとんどです。

関連記事肝斑は紫外線だけが原因じゃない!女性ホルモンとストレスが要因になる?

保湿力が低下

私達の肌弾力や潤いを維持しているのは、あらゆる保湿成分によるものです。肌をみずみずしく保つヒアルロン酸、肌の弾力を維持するコラーゲンやエラスチン、肌のキメを整えるセラミドなどが潤い成分の要と言えるでしょう。

こうした成分が、30代になると徐々に減少していきます。40代前後ではさらに減少する傾向にあるのです。

保湿力で満たされた肌は紫外線などの外部刺激が入り込みにくいバリア機能が整っているため、シミもできにくいのですが、30代になるとこうした潤い低下によるバリア機能低下から、紫外線が入り込みやすくシミが増殖しやすくなるのです。

関連記事肌の老化を早める紫外線は季節や時間帯、日陰や室内でも影響あり!
関連記事シミ予防は日焼け防止が基本!紫外線A派B派別の日焼け止めの選び方

30代のシミ対策には美白と保湿の二本柱が重要

30代のシミ対策
30代は20代とは違い、“代謝低下” “ホルモンバランス低下” “保湿力低下”などのあらゆる機能がうまく機能しなくなる事からシミができる事になるでしょう。ですが、30代にしっかりシミ対策を行う事で、同世代の女性と差をつける事ができるチャンスなのです。

30代のシミ対策のポイントは、何と言っても「美白」と「保湿」の二本柱です。

どちらも意識するケアが「シミを作らせない」「できたシミを薄くする」というシミ対策につながります。

関連記事ケシミンクリームでシミ対策!口コミから効果と使い方を検証

30代で使うべきシミ対策のための化粧水とは

では、30代で使うとシミ対策として良い効果が見出せる化粧水とはどのようなものでしょうか。

それは、「保湿効果」 「美白効果」どちらも両立できる化粧水です。どちらの成分もバランスよく配合されていて、継続しやすいものであれば、十分にシミ対策として使用できるでしょう。

ですが、元々アレルギー体質や、敏感肌の方は慎重に化粧品選びをしなければ、逆にシミや乾燥が悪化するため、気をつけたいものです。

また、30代は育児にもお金がかかる時期で、自分の美容にかける費用のシェアは少なくなります。そんな時に継続しやすいコスパの化粧水を選ぶべきですね。美白化粧品を比較した口コミや体験談などを参考にして選ぶ事もできますね。

関連記事シミに効く美白化粧水はコスパ重視で選ぶ!効果の出る選び方と使い方

美白美容液は成分に注意

いざ、美白美容液をスタートしようとしても、どのような美白成分が配合されているものを選べば良いのか迷うでしょう。厚生労働省認可の「医薬部外品」や「薬用」と記載された美白美容液が安全で肌にも負担をかけにくいと言えます。

美白成分には、美白成分の主流ともなったビタミンC誘導体や、メラニン生成をストップさせるアルブチン、エラグ酸などがあります。さらに最も美白力の強いハイドロキノンなどもあげられるでしょう。

肌が敏感な人は、美白成分によっては肌に刺激を与えてしまう事もあるため、はじめはサンプルや、トライアルかスタートする事が理想的です。さらには、肌に影響がないかを確認するパッチテストを経てからの使用が安心と言えるでしょう。

関連記事シミを消す効果のある美白化粧品は厚生労働省認可の成分をチェック!

化粧品で薄くできないシミは皮膚科へ

美白化粧品に切り替えてもシミが薄くならないという人は、皮膚科や美容皮膚科などで相談すると改善が早まります。皮膚科医の監修の元で行われるシミ治療には、シミにポイントをあててレーザーをあてたり、新陳代謝を活発にさせたりしてメラニン排出をスムーズにさせる光治療(IPL)などがあげられます。

いずれも保険適応外の事が多く、十分なカウンセリング、アフターケアが必要なため、ある程度の知識を得てから通院する事が望ましいでしょう。

関連記事シミのレーザー除去はどんな種類のシミに効果あるの?副作用やデメリットは?

普段からシミ予防は万全に!

紫外線予防
シミ予防は、紫外線量の高い春夏の時期だけに集中しがちですが、一年中のケアが必要です。秋冬でも弱いながらも紫外線の影響を受けますし、曇りの日でも紫外線は窓ガラスを透過して容赦なく私達の肌に浸透していくでしょう。

30代になったら、美白、保湿両立できる化粧品を通年使用する事が大切です。さらには、肌代謝を正常化させるために、十分な睡眠と、適度な運動をする事も必須にしましょう。

また、シミ予防に欠かせないビタミンC、ビタミンB群が含まれた果物、野菜、肉類などをバランス良く摂取することも大切です。実際、3度の食事でこのような栄養素を摂取できる人は少ないため、サプリメントなどの補助的活用も良いでしょう。

関連記事シミを薄くする栄養素6種と美白成分6種~美白肌のための食事とは

まとめ

  • 30代はライフスタイルの変わり目と言っても過言ではなく、20代の肌と違うのはこうした背景も影響している。
  • 30代のシミ対策には美白と保湿の二本柱が重要。どちらも両立できる化粧水の使用が望ましい。
  • シミ予防は一年中のケアが必要。30代になったら、美白、保湿両立できる化粧品を通年使用する事が大切。