色素沈着でデリケートゾーンの黒ずみがひどい!ハイドロキノンは使える?

色素沈着 デリケートゾーン

デリケートゾーンの色素沈着が生じると、念願のビキニや可愛らしい下着もお預けになりますね。女性ですから、若いうちにこうした水着や下着を着用しておきたいものです。

では、デリケートゾーンにはどのような黒ずみケアが有効なのでしょうか。
顔と同じ美白を使えば効果が高い?
それとも、何か特別な美白化粧品があるのでしょうか。

そうしたデリケートゾーンの黒ずみ解決について検証していきます。

デリケートゾーンの色素沈着が起こる原因

デリケートゾーンの色素沈着
デリケートゾーンの色素沈着が起こる原因は人それぞれです。原因が重複してしまう事もあるため、デリケートゾーンの黒ずみの原因を特定しにくい事もあるでしょう。

関連記事デリケートゾーン(陰部)の色素沈着を改善する方法ってある?

以下のように考えられる原因から必然的に対策も見えてきますので、「自分はもしかしてこれが原因で黒ずみを引き起こしているのかも?」と可能性のある原因を探ってみてはいかがでしょうか。

衣類による摩擦

きついゴムの下着やサイズの合わない下着を着用する事で、デリケートゾーンには摩擦が生じやすくなるでしょう。下着を選ぶときは、販売員からしっかりと採寸してもらうなどして、自分の下半身にフィットしたベストな下着選びをするべきです。

関連記事股の黒ずみを解消する方法3選!原因の大半は摩擦にあった!?

脱毛

最近は小さめのビキニや下着を着用する女性が増えました。ビキニラインにムダ毛が生えていると、こうしたオシャレが阻まれてしまうのです。

人前では見せられない部位ですから、ムダ毛処理も毛抜きやカミソリを使ってこっそりとセルフ脱毛をしている人もいるでしょう。

毛抜きやカミソリを使うと肌に刺激を与えてしまいます。デリケートゾーンに与える刺激は、メラニンを増加させてしまい黒ずみとなってしまいますからデリケートゾーンの自己流脱毛は控えるのが得策です。

関連記事VIOゾーンの黒ずみはムダ毛の自己処理が原因?!脱毛はプロに任せるべき?

かぶれ・炎症

肌に合わない繊維の下着をつけていると、肌がチクチクと痒くなり搔きむしりなどを引き起こしてしまいます。酷い時には寝ている時も無意識に搔きむしりが生じているでしょう。

そのような症状がエスカレートすればするほど、炎症がひどくなり、かぶれやすくなります。炎症を繰り返す肌は肌を保護しようとする生理的現象を引き起こしますから、メラニンが多量に生成しやすくなるでしょう。

これがいわゆる、デリケートゾーンの黒ずみとして発生しやすくなります。化学繊維系の下着は非常に汗をかきやすくして、ムレを生じやすくします。そのムレが汗による炎症を引き起こすため、綿や絹などの通気性の良い天然素材の下着を着用するようにしたいものです。

関連記事またずれで黒ずみが悪化!足の付け根の黒ずみ4つの予防法

デリケートゾーンにハイドロキノンは使えるの?

デリケートゾーンにハイドロキノンは使えるの?
美白力が最も強い美白成分ハイドロキノンは、まさに肌の漂白剤とたとえられるほど、肌の弱い人が最も懸念すべき美白成分です。

もちろん、皮膚が薄くてダメージを受けやすいデリケート部位の黒ずみケアにハイドロキノンを使用する事はタブーと言えるでしょう。

日本ではそのハイドロキノンの強さから、白い斑点やかぶれなどによる副作用が心配され、化粧品に配合されるハイドロキノン濃度が規制されているくらいです。ですが、メラニンの生成を直接抑制してくれる効果が高いハイドロキノンを使いたいという女性もいることでしょう。

どうしてもハイドロキノンを使用してデリケートゾーンの黒ずみを改善したいのであれば、使用頻度や使用法、使用濃度のあらゆる面について皮膚科医に相談する事をお勧めします。

関連記事ハイドロキノン効果には副作用も!シミのない箇所に塗るのはNG

デリケートゾーンの色素沈着改善法

デリケートゾーンの色素沈着改善法
では、デリケートゾーンの色素沈着を改善するためには、どのような策を見出せば良いのでしょうか。自宅で誰にも知られないように黒ずみを目立たなくする方法があるのかも検証しましょう。

美容皮膚科でレーザー治療

美容皮膚科ではレーザー治療を行うなど、皮膚のプロにお任せする黒ずみ治療もあります。ですが美容医療は保険適用外の自費治療が殆どですから、経済的、時間的に余裕のある人しかできない治療とも言えますね。

また、デリケート部位ですから、他人に見られたり施術されたりする事が恥ずかしいという人も少なくはないでしょう。さらには、レーザー治療後のアフターケアが十分整っているかどうかも美容皮膚科選びをする上で大切な事なのです。

関連記事黒ずみは皮膚科で治療できる?病院へ行く前に確認したいポイントとは

石鹸でセルフケア

デリケートゾーンの色素沈着にはセルフケアでも改善が見込めるインドネシアが発祥地とされるジャムウ石鹸でのケアが望ましいです。

ジャムウ石鹸とは、天然成分配合の丹精込めた手作り石鹸です。デリケートゾーンはもちろん、脇や腕、足などの全身にも使用できるのです。

使用法も簡易的で、ジャムウ石鹸を適量の水かぬるま湯を加えて泡だてます。その泡を気になる黒ずみ部位にパックのようなイメージで3分ほどのせたら洗い流すという簡単的なセルフケアができるでしょう。

ちなみに、泡だてが苦手だと言う人は、泡だてやすくするためにネットを使うといともカンタンに泡が作れてしまいます。

ジャムウ石鹸のメリットは、黒ずみ緩和だけでなく、気になる体臭を緩和する効果もあるため、まさに一石二鳥の効果が得られると言うわけですね。

関連記事黒ずみ対策にジャムウ石鹸が大人気な4つの理由とは?

デリケートゾーン専用クリーム

デリケートゾーンの黒ずみには、刺激や炎症などを引き起こしにくいデリケートゾーン専用クリームでケアする事がベストです。こうした専用ケアは、デリケートな部位に負担をかけずにケアする事ができるため、安心なのです。

また、自然成分が配合されている事が多いため、副作用の心配も少ないのがメリットです。元々デリケートな肌で悩んでいる方は改善性も高いと言えるでしょう。

関連記事デリケートゾーンには専用スキンケア「ホスピピュア」!湘南美容外科共同開発で話題

まとめ

  • デリケートゾーンの色素沈着が起こる原因は人それぞれで、衣類による摩擦や脱毛、かぶれ・炎症によるものが考えられる。
  • 皮膚が薄くてダメージを受けやすいデリケート部位の黒ずみケアにハイドロキノンを使用することはタブーといえる。
  • 改善方法としては、皮膚のプロである皮膚科でレーザー治療、ジャムウなどの専用石鹸やデリケートゾーン専用スキンケアを使用したセルフケアが効果的と言える。