皮膚の色素沈着改善にビタミンCは鉄板!ニキビ跡やクマにも効果あり?

色素沈着 ビタミンc

色素沈着に絶大な効果をもたらすビタミンと言えば、ビタミンCを思い浮かべる人は少なくないでしょう。

ビタミンCのあらゆる効果を検証し、一年中、透明感のある明るい肌を目指しましょう。

色素沈着にビタミンCがいいと言われる理由

色素沈着にはビタミンCが良いと言われています。その理由としては以下のようなものです。

チロシナーゼを阻害する働き

紫外線が当たる事によって、メラノサイトという細胞が刺激され、色素沈着の元であるメラニンが増加します。これはどう言った事かと言うと…紫外線を浴びてからメラノサイトにメラニンを作れ!という情報伝達物質エンドセリンという酵素が命令を出すのです。

そうなれば、メラノサイト内で活性酵素であるチロシナーゼが分解や吸収を活発化させ、それを餌にメラニンが増殖します。ビタミンCはそうしたチロシナーゼを阻害する働きを兼ね備えているため、素早く色素沈着に効果を示すでしょう。

シミや肝斑自体を薄くする働き

ビタミンC以外の美白成分でも、チロシナーゼを阻害する効果を持つものはたくさんあります。ですが、ビタミンCの場合、シミや肝斑自体を薄くする働きがあるため、効果はさらに期待できるでしょう。

関連記事肝斑におすすめの化粧品は配合成分をチェック!効果的なケア方法とは
関連記事治し方が違う!シミと肝斑の違いと意外な共通点とは

できてしまったメラニンを還元する効果

殆どの美白成分は、チロシナーゼの働きを抑制させるもので、予防効果にあたるものが殆どでしょう。

ですが、ビタミンCの場合、もうすでに生成しているメラニンも還元できるため、できてしまったメラニン沈着も諦めずにケアに取り組む事ができるのです。

抗酸化作用をもたらす脂溶性ビタミンの再生をフォロー

ビタミンAやビタミンEは、メラニン沈着を引き起こしてしまう酸化を抑制する抗酸化ビタミンです。ですが、脂溶性という事で体内に蓄積されやすく、自ら酸化されやすくなるでしょう。こうして不安定になってしまうビタミンAやEを安定化させる働きがビタミンCにはあるのです。

抗酸化作用をもたらす

紫外線や外的物質などが原因で肌は、活性酵素を増やしメラニン沈着を含む肌の老化が生じるでしょう。ビタミンCはこうした活性酵素を抑制する働きを担います。

コラーゲンの生成を助けて肌を明るくする働き

ビタミンCはメラニンに関係する色素沈着に限らず効果を発揮します。

例えば、真皮層という部位にあるタンパク質成分であるコラーゲンやエラスチンの形成を助ける効果もあるのです。コラーゲンやエラスチンは潤いを維持する働きがあり、これらが満たされる事で肌に透明感が出るでしょう。

ニキビ跡やクマにもビタミンC!

ニキビができた後には、次の肌トラブルが待っているのです。そのトラブルとは、ニキビ跡です。ニキビ跡は赤く炎症を起こしたあとに掻いたり潰したりする刺激によりメラニンが過剰発生し黒ずみます。さらに紫外線を浴びると紫っぽくシミ化してしまうでしょう。

早めにビタミンCを摂取する事がニキビ跡をシミ化させないための方法です。

また、皮膚の薄い目周りのクマは、目を擦ったりする事で色素沈着が生じやすく、メラニンが過剰発生しやすい部位となります。目周りのクマの正体は、血行不良が約8割で、次にメラニン沈着と言われています。

同じクマ悩みでも、ビタミンCが効果を示すのはメラニン沈着が原因のクマの方です。

関連記事ニキビ型色素沈着は化粧水で消すことができる?ニキビ肌にNGな化粧水って?
関連記事色素沈着の3つのクマ治療法は青クマ茶クマで消す方法が異なる!?

色素沈着にはビタミンC誘導体で美白

ビタミンC自体は水溶性で、非常に破壊されやすい成分です。熱にも弱くて、経口摂取するには、炒めたり煮たりする事で、その重要成分はすぐに失われてしまうでしょう。

美容界などでは、ビタミンCの効果を発揮したスキンケアが続々と登場しています。ビタミンCの破壊されやすい弱点を克服させたビタミンC誘導体がメインで配合されているのです。

その中でも、APPSという種類の最も浸透率の高いビタミンC誘導体が配合されていれば、さらに効果が期待されるでしょう。

また、ビタミンCは濃度が高ければ高いほど、敏感肌には刺激的になるため、肌がヒリヒリするような時には、濃度の低いビタミンC誘導体配合の美白を使いましょう。使い初めに、首すじや腕などでパッチテストを行ってからが安心ですね。

関連記事美白にはビタミンCが鉄則?一日の摂取量と3つのビタミンC誘導体

ビタミンCの気になる注意点

様々な美容効果に適しているビタミンCには、注意すべき点がいくつかあります。ビタミンCを上手に摂取する事は、健康的に美容効果を得る事につながります。また、ビタミンCはストレスや、喫煙によって失われやすくなります

ストレス解消やタバコの本数を減らしたりと、心がけましょう。

ビタミンC欠乏症

私達の体からビタミンCが欠乏すると、様々な変化が生じます。例えば、風邪などの感染症を引き起こしやすくなったり、疲労感が常に出ていたりと健康に関する被害が出やすくなるでしょう。

ビタミンC欠乏症がエスカレートしてしまえば、壊血病という命の危機を引き起こすような疾患にまで発展してしまうのです。

一日の摂取量

厚生労働省が推奨するビタミンCの摂取目標は100mgとされています。ですが、あくまでも個人によって必要なビタミンC摂取量は違うためこの目標にとらわれる事はないでしょう。

美白を目的にビタミンCを摂取するのであれば、1日に300mg〜500mgの摂取が望ましいです。

過剰摂取すると…?

ビタミンCは、水溶性ビタミンですから体に蓄積し続ける事がなく、多い分の成分は尿となって排出されるでしょう。ですから、過剰摂取後に重篤な副作用があるとの報告はありません。ですが、1日に10g以上摂るとお腹が緩くなるなど下痢などが生じやすくなるのです。

また、吐き気などの症状を発症する人も稀にいるため、過剰摂取は避けましょう。

ビタミンCを摂取する場合、サプリメントなどを利用すると、明確な使用量がわかるため、ビタミンCをきちんと摂取したいと思う人は、サプリメントを食事と併用する事も考えてみましょう。

まとめ

  • ビタミンCが色素沈着に効くというのは「チロシナーゼを阻害する働き」「シミや肝斑自体を薄くする働き」「できてしまったメラニンを還元する効果」「抗酸化作用をもたらす脂溶性ビタミンの再生をフォロー」「抗酸化作用をもたらす」「コラーゲンの生成を助けて肌を明るくする働き」、などの6つの働きが期待できることから。
  • 早めにビタミンCを摂取する事がニキビ跡をシミ化させないための方法。
  • ビタミンCは濃度が高ければ高いほど、敏感肌には刺激的になるため注意が必要。
  • 美白を目的にビタミンCを摂取するのであれば、1日に300mg~500mgの摂取が理想。