目元のくすみが色素沈着になる?3タイプ別のくすみ予防・改善方法

色素沈着 目元

ついつい夜更かししてしまった時に鏡をみると眼元にクマが出来ていて「しまった」と思いますよね。しかし、人によっては睡眠を十分とっているのにクマのようなくすみが出来てしまうことがあります。

実はそれ、色素沈着によってできたくすみかもしれません。

目の周りのくすみはどうして起こる?その原因とは?

目は口ほどにものを言う…ということわざがありますが、目と言うのは私たちが誰かとコミュニケーションを取る際に大変重要な役割を担ってくれるパーツですよね。目の印象1つで、顔や第一印象までもが変わることはきっとあなたも経験でご存知のはず。

このように、相手への印象作りにとても大切な役割をもつ目にとって、元気さや若さの印象をガラリと変えてしまうのが「目の周りのくすみ」です。

上まぶたや下まぶたの肌の色、あなたは何となくくすんで暗くなっていませんか?
こうした目の周りのくすみには3つの種類があり、起こる原因もそれぞれ違います。

それでは目の周りにくすみがおこる原因とは一体どんなものなのでしょうか?

関連記事色素沈着が原因で起こる目元の茶クマを消す6つのスキンケア対策

肌の色が青黒いくすみ

通常「青クマ」とも呼ばれるくすみで、皮膚を下に引くと色が薄くなる(色の濃さに変化がでる)のが特徴。青黒いくすみ(青クマ)ができるのは主に血行不良が原因

目元の皮膚は顔の中でも皮膚が大変薄い部類の部分なので、皮膚の下の血行が滞ると表面からその様子(血行不良の状態)がわかってしまうのです。

目の下が血行不良になるのは、多くが睡眠不足、疲労、目の疲れや身体の冷えが原因ですね。

肌の色が茶色いくすみ

一般的に「茶クマ」と言われる目のくすみで、目の下側だけでなく、上まぶたにも皮膚の色の変化がみてとれるものです。

皮膚を伸ばしたり引っ張ってもくすみの色に変化は見られないのが普通です。原因はメラニン色素が色素沈着したから。

目元の繊細な皮膚に負担を掛けると、皮膚は自己防衛しようとメラニンの生成を増やします。それが色素沈着すると茶色いくすみになってしまうのです。

目をこするとか、アイメイクをいつもゴシゴシと強めにがっつりしているという刺激を多く与える人に起こりやすいですね。

肌の色が黒っぽいくすみ

「黒クマ」とも呼ばれる黒いくすみは、下まぶたのたるみ、目元の影が原因となって黒く「見える」ことがあるくすみです。

上を向くと薄くなるのが特徴で、実際に肌に色がついているというよりは、影が黒く見えやすいと言った方が良いタイプのくすみかもしれません。

原因は目元の皮膚のたるみで、加齢とともに目を支える筋肉が衰えることで下に垂れていくのが原因の1つとされています。

目の周りのくすみを予防する方法とは?

目の周りのくすみは一朝一夕で改善するのは難しいものですが、日々きちんとケアをすることで改善・予防ができます。

ここからは青黒いくすみ、茶色いくすみ、黒いくすみ、それぞれのケア・予防方法をご紹介します。

肌の青黒いくすみ

青黒いくすみの原因は血行不良なので、とにかく血行をよくすることが大事。フェイスマッサージや顔のリンパマッサージ、目元の温冷パックなどを続けると目元の血行を改善することができます。

温冷パックというのは、暖かい濡れタオルと、冷たい濡れタオルを交互に使って目元の疲れを癒す方法です。温かい方は、水で濡らしてから30秒~1分電子レンジで温めたものを使います。

冷たい濡れタオルは氷水に浸して絞ったものです。この2つのタオルをそれぞれ1分ずつくらい目元に置いて、目の周りの血行促進をするのです。

簡単で今日からでもできる方法なのでぜひ試してみてください。

関連記事蒸しタオルで顔の黒ずみ改善!やり方と5つの注意点

肌の茶色いくすみ

茶色いくすみを予防するには、とにかく色素沈着を起こさせないことが重要。ですから、先ずは日焼け止めをしっかり塗ることは基本中の基本です。また、しっかりと予防・ケアをするには美白コスメを使うことが大事。

美白コスメはできてしまったシミや色素沈着を改善するためにも使えますが、基本的にこれからできてくるシミやソバカス、ひいては色素沈着を予防する力の方が強かったりしますからね。

できれば顔全体のケアで使う化粧品ではなく、目元優先の化粧品で探して、専用のものでケアをした方が良いですね。

関連記事シミに効果ありの美白美容液の選び方とおすすめ美容液

肌が黒っぽいくすみ

黒っぽいくすみは加齢によるたるみが原因なので、予防するのも難しいですが、肌に十分な潤いとハリを与えるお手入れを続けていくことで、肌をすこやかに保ちましょう。

年齢に応じた肌のお手入れを行うことのできるアイテムを選ぶことをおすすめします。

すぐにでも改善したい人は目の周りのくすみをメイクでカバーしてみよう!

なかなかすぐに改善できない目の周りのくすみを、一時的にでも薄めてくれるのはメイクの力ですよね。ここからはそれぞれのくすみをメイクでカバーする方法をご紹介します。

関連記事色素沈着の3つのクマ治療法は青クマ茶クマで消す方法が異なる!?

肌が青黒いくすみ

青黒い色のくすみには、目元に潤いを与えられるリキッドタイプのコンシーラーを使用するのがおすすめ。

色素沈着 目元
基本的にくすみの色と反対色のものを利用すると、しっかりとカバーできるので、青黒いくすみにはイエロー系のコンシーラーで、パールなどを含んだものがおすすめです。

肌が茶色いくすみ

肌の色が茶色いくすみには、コンシーラーよりアイカラーベースを使うのがおすすめです。

アイカラーベース画像

無印良品 アイカラーベース1.8g 税込550円
引用元:無印良品

 
アイカラーベースと言うのはアイカラーの前に使用するアイテムのことで、まぶたのくすみをカバーしつつアイカラーのノリも良くし、発色も良くするので目の周りのメイク自体を引き立ててくれますよ。

肌が黒っぽいくすみ

肌の色が黒っぽく見えるくすみは、青いくすみや茶色いくすみのように「本当に」肌に色がついているわけではない=たるみが原因で黒っぽく見えるだけ、なのでコンシーラーやアイカラーベースでのカバーは難しくなります。

このタイプのくすみは、目に行きやすい視線を口元などに向かわせるのが1番の方法で、口元のメイクを自分にぴったりのものにするのが良い方法です。

また、改善のためにはアンチエイジングのリフト系化粧品を使うことをおすすめします。

B.A ザ アイクリーム画像

ポーラ B.A ザ アイクリーム 18g 税込21,600円
引用元:POLA

目の周りのくすみは日常生活でしっかり対策を!

ここまでにご紹介してきたいずれのくすみに関しても、日常生活のなかで対策をすれば改善する、または予防できるものが多いです。例えば、寝不足や生活習慣の乱れを改善することは、どのくすみにとっても良い影響が出ますしね。

色素沈着 目元
基本的には、目の周りのくすみを改善・予防するには「適切で十分な保湿」と「睡眠不足の解消」、「目の休息時間をしっかりとること」、「目の周りの皮膚に摩擦刺激を与えすぎないこと」がカギです。

こうしたポイントは日常生活の中で自分が気を付ければ改善できることばかりなので、心がけを正して、しっかりと実行するようにすると、きっと目の周りのくすみも、あなたの努力に応えてくれるはずですよ。

関連記事美白ケアクリームでの対策も効果的でおすすめ!関連記事こちら

まとめ

  • 青白いくすみは血行不良が原因なので温冷パックがおすすめ
  • 茶色いくすみはなるべく刺激を与えない、美白化粧品がおすすめ
  • 黒っぽいくすみ(影)はアンチエイジングがおすすめ