色素沈着にも効果あり?ローズヒップの効能とおすすめの使い方

色素沈着 ローズヒップ

色素沈着の改善にローズヒップが良いというのはご存知でしょうか。ローズヒップとはバラ科の植物で、様々な美肌効果や健康効果が期待できます。

そんなローズヒップの効能や魅力をまとめています。

1度ローズヒップの魅力に魅了された肌は、必ず若さを取り戻す事ができるでしょう。

ローズヒップって何?

ローズヒップとは、バラの花が咲いた後につく実の事をいいます。昔から、美肌や病気予防に良いとされています。薬の代わりにローズヒップを飲用している地域などもありました。副作用もなく、安心して飲用できるローズヒップはまさに、漢方薬のような存在だったのですね。

女性の美にとって、ありがたい美肌成分が豊富という事で、ローズヒップを材料にしたジャムやお菓子類などでアレンジしていただく方もいます。実はローズヒップの成分の中で、ずば抜けて素晴らしい効果を示すのが、誰もがご存知のビタミンCでしょう。

何とあのレモンの10倍~20倍なのです。フルーツの中ではダントツのビタミンC王と言えるでしょう。

関連記事色素沈着の改善にはやっぱり普段の食事が大切?色素沈着に効果ある食べ物とは?

ローズヒップの効能

ローズヒップの効果は、計り知れません。ぺクチンやフラボノイド成分による利尿作用や便秘解消効果があります。また古くから良薬として使用されてきたため、抗菌作用も期待できるでしょう。

また、ビタミンCをはじめ、抗酸化作用のあるビタミンEや良質なカルシウムやミネラルも豊富で肌の美白や、色素沈着、コラーゲン生成などの肌老化もしっかり防いでくれるでしょう。

さらに、ローズヒップには、女性ホルモンを整える効果もあるため、生理中や妊娠中のデリケートな女性の体をいたわる効果が期待できるでしょう。他にも、消化を助ける作用や、滋養強壮のあらゆる効果をもたらしてくれるまさにマルチな自然界の万能植物なのです。

関連記事美白に効果的な栄養素・食べ物と逆効果な栄養素・食べ物

ローズヒップティー

ちょっと一息したい時に、多くの女性がローズヒップティーでティータイムを満喫しています。ローズヒップティーに配合されるビタミンCが、紫外線でメラニン生成が活発になった色素沈着した肌をメラニン抑制して明るく、くすみのない肌に戻してくれるでしょう。

さらに、ビタミンCは美白の効果だけにとどまらず、過剰皮脂を抑えてコントロールしたり、ニキビ跡の改善効果もあるのです。また、ハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンなどの真皮組織の強化も行います。

しかも、ビタミンAによるターンオーバーの正常化も期待できるため、メラニンを含む古い角質がスムーズに排出され肌は曇りのない明るい肌に蘇るでしょう!

おすすめの飲み方

ローズヒップティーは、程よい甘みと酸味があって夏は冷たくして、冬はホットでも楽しめます。ですが、熱に弱いビタミンCが豊富に含まれているローズヒップティーをホットで飲むとビタミンCは破壊されないのでしょうか。

実はローズヒップには、ビタミンCを破壊しないようにする酵素が含まれているため、安心してホットでも、ビタミンCを失わず、美味しく飲用できるでしょう。女性は冷え性に悩む事が多いものです。内側から温ためるためにも、ホットローズヒップティーはオススメです。

また、酸味がちょっと苦手…という方は、ハチミツを混ぜたり、ローズヒップと相性が合うハーブ系飲用とブレンドして召し上がるのも良いでしょう。自分の飲みやすいローズヒップティーを開拓するのも楽しいですよね。

ローズヒップオイル

ローズヒップオイルは、バラの種から採取された美容効果の期待できる良質なオイルです。

ビタミンCをはじめとする美容効果の配合されたオイルですから、化粧品感覚で、美白したい部位や、シワや乾燥の気になる部位につけてあげましょう。また、さらにローズヒップオイルは、ビタミンCの他にも必須脂肪酸であるリノール酸やリノレン酸が含有されています。

さらに、トマトの数倍の含有量を誇るリコピンが含まれ、肌の酸化による老化対策となるビタミンEも豊富です。

関連記事ストレッチマークにも最適?バイオイルで色素沈着改善

おすすめの使い方と注意点

実は、こんなに万能で素敵なバラの花の抽出油なのに、デメリットや注意すべき点もあるのです。

ローズヒップオイルは、オイルだけあって酸化しやすいのが特徴です。1度開封したらなるべく早めに使いきってしまわないと、抗酸化効果が期待できなくなります。

ローズヒップの注目すべき効果は、ビタミンCの美白効果に引き続き、抗酸化効果で肌老化を抑える役割もあります。そのように考えると、ローズヒップオイルは半年を目処に使い切るのが理想です。購入する際は、あまり量の多くないローズヒップオイルをセレクトし購入しましょう。

また、バラの薫りが漂うイメージのローズヒップオイルも、実際の香りは魚油のような生臭いにおいがします。つけすぎてしまうと、この臭いも強烈になるため、少量を様子をみながらつけていきたいものです。

つけ方のコツとしては、シワやシミの部位に重ねづけしてあげたら、軽くマッサージのように指圧をしてあげると、代謝が更に高まり、メラニン沈着や色素沈着などの古い角質もスムーズに排出してくれるでしょう。

特に目の下や鼻周りは顔の中でも高い位置にあるため、紫外線が直に当たりやすいのです。シミやそばかすだけでなく、色素沈着もできやすい厄介なゾーンです。この要注意ゾーンにはしっかりローズヒップオイルをつけてあげてください。

関連記事色素沈着を改善するには「時間」がキーワードってどういうこと?

まとめ

  • ローズヒップとは、バラの花が咲いた後につく実の事。ビタミンCはレモンの10倍~20倍。
  • 内側から温ためるためにも、ホットローズヒップティーはオススメ。
  • ローズヒップオイルは、ビタミンCの他にも必須脂肪酸であるリノール酸やリノレン酸、トマトの数倍の含有量を誇るリコピンが含まれ、肌の酸化による老化対策となるビタミンEも豊富。