30代に多い炎症性色素沈着って何?発生しやすい場所と原因

30代 色素沈着

20代までは肌も若く少しくらいトラブルがあってもすぐ治ったという方でも、30代を過ぎるとシミの一種である炎症性色素沈着が目立ち始めます。

炎症性色素沈着の起こる原因や予防法についてご説明します。

炎症性色素沈着とは?

炎症性色素沈着というのは簡単に言えば肌トラブルやニキビが原因のニキビ跡などの炎症によってできてしまうシミです。

肌に何のトラブルもないからと言って確実にできないとは限らず、ちょっとした虫さされによってできることもあるので注意が必要です。

30代を過ぎると肌荒れをしても今までのように綺麗に治るとは限らず、炎症性色素沈着のように色が残ってしまう可能性もあります。

色素細胞を活性化してしまう原因は意外とたくさんあるので、今は大丈夫でも肌トラブルを起こさないように気を遣うことが大切です。

炎症性色素沈着が発生しやすい場所

一言で肌と言っても部位やパーツはたくさんあり、特にどこに炎症性色素沈着ができやすいのかを知っておくことは重要です。

炎症性色素沈着ができやすいのはニキビなどの肌トラブルが起きやすい顔、そして腕や足などの怪我が原因での炎症を起こしやすい部位です。

ニキビやちょっとした怪我は一時的なものですぐ治ると思って放置しがちですが、ニキビや怪我そのものはすぐに治っても一度跡ができるとその色はなかなか治らないので注意したいですね。

炎症性色素沈着は何が原因?

炎症性色素沈着になってしまう原因は色々とありますが、特に多いのが摩擦によるものです。

衣類による摩擦などもその原因の中に挙げられますが、注意したいのはニキビができたり怪我をしてしまった時につい気になってその部位を触ってしまうことです。

この時につい触り過ぎてしまうとニキビ跡となったり、怪我が治っても色素沈着は治らないということになり、炎症性色素沈着と呼ばれるシミとして残ってしまうことになります。

炎症性色素沈着は原因となっている炎症が治まって肌が正常な状態になっていけば徐々に良くなっていきますが、炎症ができた状態で日焼けをしたりシミの色が濃くなってしまったりすると治りは悪くなってしまいます。

肌が黒っぽくなってしまうと黒い色に反応する脱毛の施術も受けられなくなってしまうので、炎症ができたらそれが濃くならないように摩擦や紫外線に注意して生活するようにしなければなりません。

関連記事色素沈着は摩擦が原因?美白クリームで改善できるの?
関連記事【美白対策】美白キープのための日焼けタイプ2パターン別ケア方法

炎症性色素沈着の治療法

炎症性色素沈着を治療する方法は、まずはその炎症を鎮めていくことが大切です。シミを治療したくても炎症がまだかなり強い場合にはまたすぐに色素沈着してしまう可能性も高いですし、更に新しい肌トラブルを引き起こしてしまうかもしれません。

ある程度炎症がおさまっているのに色素沈着が治らないという場合には、自然に治すことは難しいので医療機関を早めに受診して治療をすることをおすすめします。

治療方法は主に2つの方法があり、1つはレーザー治療です。

レーザーによる治療は逆に色素沈着が悪化してしまうとも言われていますが、その中でも比較的安全に色素沈着を改善できると言われているのがメドライトC6と呼ばれているものです。

この方法にはメラノサイトを活性化させることなくシミ治療を行うことができるというメリットがあり、炎症性色素沈着から肝斑に至るまで通常のレーザー治療では治療しにくかったシミにも安全なレーザートーニングという照射モードを活用した治療法で、美容外科などで施術を受けることができます。

関連記事ニキビ跡にできる炎症性色素沈着の治療法

もう1つはハイドロキノンやトレチノイン、トラネキサム酸などを使って体の内側から色素沈着を改善していく薬物療法です。

こちらの方法では美白成分が高い割合で配合された薬を使うことによって、一気にではないですが徐々に色素沈着が薄くなっていく効果が期待できます。

関連記事トラネキサム酸配合!黒ずみ対策・予防にはやっぱりホスピピュアが一番?
関連記事正しいシミの対処方法できてる?

炎症性色素沈着の予防法はあるの?

炎症性色素沈着になっても一生そのままという訳ではなく治すことは可能ですが、できればシミとして定着させないようにしたいですよね。そのためには予防法を行うことによって、炎症性色素沈着ができるのを防いでいく必要があります。

他のシミを作らないためにも同じことが言えますが、美白ケアを行っていくことはとても大切です。

美白ケアとして手軽にできることは美白化粧品を使って保湿をして肌の代謝を高めながらメラニン色素を排出し、ターンオーバーを促進していくことです。

美白化粧品を使うことによって肌はワントーン明るくなり、メラニン色素が黒ずみとして定着せずにしっかりと外に排出されます。

肌のターンオーバーを更に高めるためにはただスキンケアに気を遣うだけではダメで、生活リズムを規則正しくしたり睡眠をきちんと摂り、適度な運動をすることも重要です。

体の調子を整えて、しっかりそれが肌にまで良い影響を与えられるように、自分の生活を見直してみましょう。

また、色素沈着しないためには紫外線対策が最も重要です。日焼け止めはこまめに塗り、炎症ができてしまった部分には特に気を遣って衣類で日焼けしないように肌を守るなど、日焼け対策を重点的に行う必要があります。

これらの予防法を行うだけでも炎症性色素沈着はかなりできにくくなるので、まずはこれを実践してそれでもできてしまった時には適切な治療を受けるようにしてください。

関連記事運動で肌の黒ずみ改善!ターンオーバーを活発にする運動ご紹介!
関連記事顔の色素沈着には2つのタイプがあるってホント?あなたはどのタイプ?
関連記事美白に日焼け止めは必須!部位別おすすめ日焼け止め3選

まとめ

  • 炎症性色素沈着というのは簡単に言えば肌トラブルやニキビが原因のニキビ跡などの炎症によってできてしまうシミ。
  • 炎症性色素沈着ができやすいのはニキビなどの肌トラブルが起きやすい顔、そして腕や足などの怪我が原因での炎症を起こしやすい部位。
  • ある程度炎症がおさまっているのに色素沈着が治らないという場合には、自然に治すことは難しいので医療機関を早めに受診して治療をする。
  • 肌のターンオーバーを更に高めるためにはただスキンケアに気を遣うだけではダメで、生活リズムを規則正しくしたり睡眠をきちんと摂り、適度な運動をすることも重要。