おしりの色素沈着に有効な治療とは?目立たない場所だからこそキレイにしたい!

おしり 色素沈着

自分ではなかなかお手入れしにくいおしりの色素沈着。水着姿などになった時に、自分のおしりの黒ずみを誰かに指摘されたり、視線が気になったりしたことはないでしょうか。

おしりは視界に入りづらいため、なかなか自分の色素沈着に気づかないもの。指摘された時には酷くなっていることがほとんどです。そんなおしりの色素沈着を改善して念願の温泉旅行やビキニ姿を楽しみましょう。

おしりの色素沈着ができる原因を検証します。

おしりの色素沈着は何が原因?

おしりの色素沈着は何が原因?
おしりの色素沈着はどのような事が原因で生じてしまうのでしょうか。

以下にあげるのが、おしりの色素沈着を誘発してしまう原因です。自分の生活パターンや身につけている下着などをもう一度思い浮かべてみましょう。思い当たる原因があるのではないでしょうか。

下着による摩擦

サイズの合わない窮屈な下着を着て摩擦が生じてしまうケースでは、その摩擦が刺激となりメラニンを活発に生成させてしまうでしょう。おしりの色素沈着の原因で一番多い原因がこの摩擦によるものです。

また、蒸れやすい合成化学繊維でできた下着を着用していると、汗蒸れなどで汗もができたり、ニキビができやすくなったりするのです。

関連記事お尻の黒ずみ原因は摩擦にあった!?刺激で色素沈着になる理由とは

長時間座る・寝転がる

最近はデスクワークで長時間座っている事が多い人もいるでしょう。最長だと、立つのはお昼休憩だけ…なんて言う女性もいるくらい、座りっぱなしのデスクワークは日本のワークスタイルになってしまいました。こうした椅子に座りっぱなしの体制はまさにおしりと椅子に摩擦を生じさせる事になります。

また、自宅でくつろいでいる時に、ゴロゴロと寝転がってテレビを見たり、雑誌を読んだりという体勢も知らず知らずのうちに、お尻に摩擦という刺激を与えてしまっているのです。

摩擦はメラニンを増加させ、角質を厚くしてしまっています。おしりの黒ずみどころか、ゴワゴワとした手触りも悩みのタネになる事でしょう。

関連記事お尻の黒ずみ対策は見えない部分だからこそ衛生面でも注意して!

ゴシゴシと雑な洗い方

入浴前、体を洗う時に、目の粗い化学タオルなどでゴシゴシと洗っていると、その行為自体が刺激となり、メラニンを増殖させ、色素沈着を起こしやすくしてしまいます。

関連記事お尻にできる黒ずみの症状別対処法!化粧品が効かない黒ずみの種類とは?

睡眠不足

メラニンを含んだ古い角質は、ターンオーバーという皮膚の生まれ変わりのサイクル過程で、約1ヶ月かけて排出され、元の肌に戻る事になります。正常な肌ならばこうしたターンオーバーがスムーズにいくので、おしりが黒ずむ事はないのです。ですが、肌の生まれ変わりは良質な睡眠中に行われるため、睡眠不足であればあるほど、ターンオーバーの乱れが発症しやすく色素沈着が発生しやすくなります。

関連記事黒ずみおしりも顔と同じようにケアすることが改善の早道!

栄養不足

肌の代謝を整えたり、メラニン増加を抑制したりする働きのある野菜や果物に含まれるビタミンCや豚肉などに含まれるビタミンB群の欠乏はおしりの代謝を悪くして色素沈着を余計にエスカレートさせてしまいます。

関連記事色素沈着に効果ある食べ物とは?予防にはビタミン摂取がいい理由

ホルモンバランスの乱れ

女性の場合、妊娠中には赤ちゃんを守ろうとする防御反応が高まり、メラニンが過剰に生成されます。また、更年期前後もホルモンバランスが乱れて、過剰皮脂によるおしりニキビができやすく、それが色素沈着というニキビ跡になります。

関連記事運動で肌の黒ずみ改善!ターンオーバーを活発にする運動ご紹介!

おしりの色素沈着に有効な治療とは

レーザー治療
おしりの色素沈着に気づくと、真っ先に思い浮かぶのが、美容皮膚科などによる治療方ではないでしょうか。その代表例として、レーザー治療、ピーリング治療、などがあげられます。

治療方や、施術回数、費用などに違いがあり、自分のライフスタイルやコスパなどに合わせた施術をしなければ効果が期待できなくなります。

また、こうした施術はクリニックだけでなくエステにおいても施術プランが設けられているケースもあるため、実際に行った人の体験談や口コミを比較検討する事も参考になるでしょう。

レーザー治療

おしりの色素沈着改善に、即効性を求めている人や自宅でのセルフケアが苦手という人は、オススメの治療方です。医療行為であるため、皮膚科医による施術になります。照射するときにワゴムで弾かれたような軽い痛みがあるでしょう。

効果の出る回数は、色素沈着の濃さなどにもよりますが、5回程度の通院が必要になるでしょう。

おしりの色素沈着のケースでは、自由診療が殆どですから、皮膚科によって料金設定に違いがあります。1回の照射で1万円~5万円程度が相場と考えれば、通院5回で最低でも5万円程度の費用がかかる事になるでしょう。

また、レーザー照射後のデリケートなおしりには、アフターケアも慎重に行う必要があります。

関連記事黒ずみは皮膚科で治療できる?病院へ行く前に確認したいポイントとは

ピーリング

医療機関やエステサロンでも受ける事のできるピーリングは、厚みを帯びたメラニンを含む古い角質を削るという施術方です。エステサロンでの施術、医療機関よりも肌に優しく受けられて、費用も抑えられるでしょう。

1回の施術で5,000円〜8,000円程度が相場のようです。黒ずみの度合いにもよりますが、おしりにできた色素沈着が濃いめであれば週に1回のピーリング、薄めであれば2週間に1回のペースで行う事が多いです。

関連記事デリケートゾーン(陰部)の色素沈着を改善する方法ってある?

市販の美白美容液でおしりの色素沈着改善

市販の美白美容液でおしりの色素沈着改善
おしりの色素沈着には、おしりの黒ずみが発生するメカニズムに合わせた、おしり専用の美白美容液が販売されています。通販などでも手軽に購入できますし、美容医療に頼るより、隙間時間でケアできて、コスパも良いと言えるでしょう。

特に部位が部位だけに、人にケアしてもらうという事が恥ずかしいと感じる女性が殆どです。そんな時こそ、セルフでこっそりとおしりをいたわりながらケアできる専用美容液がオススメです。

おしりの色素沈着には、トラネキサム酸のような美白成分が配合されていたり、ターンオーバーを整える保湿成分が配合されていたりと効果が十分期待できるでしょう。また、こうしたおしり専用の美容液は、血行が高まるバスタイム後に刺激を与えないようにつける事が大切です。

関連記事トラネキサム酸配合!黒ずみ対策・予防にはやっぱりホスピピュアが一番?

まとめ

  • おしりの色素沈着を誘発してしまう原因は、ちょっとした生活習慣が元になっていることが大半。
  • 美容皮膚科での治療はレーザーやピーリングがあり、通院回数や費用は色素沈着の濃さによってもまちまち。実際に行った人の体験談や口コミを比較検討することが賢明。
  • 自宅でのセルフケアには、トラネキサム酸のような美白成分が配合されていたり、ターンオーバーを整える保湿成分が配合されているものを選ぶ。