肌の色素沈着とは?黒くくすむ原因と日頃からできるセルフケア

色素沈着とは

黒ずみのない美しい肌は年齢関係なく憧れるものです。ボディーのどこかに黒ずみが生じてしまうと、可愛らしいファッションもためらいがちになってしまうもの…この黒ずみの正体、実は日焼けを引き起こすメラニンが関係する色素沈着だと言う事をご存知でしょうか。

その厄介な、肌の色素沈着はどのような事が原因で生じてしまうのでしょうのかを検証しましょう。

色素沈着とは?なぜ起きるの?

色素沈着はどのような事が原因で生じてしまうのでしょうか。

代表的な原因には、衣類などの擦れによる「摩擦」、セルフケアなどでついついやってしまいがちな、シェーバーやカミソリ、毛抜きなどで引き起こす「脱毛」、繰り返しできる炎症性のニキビが紫外線にあたる事によりできるニキビ跡のような「炎症」の3パターンです。

カミソリで脱毛
どれも、刺激する事で、真皮層にあるメラノサイトを刺激してメラニン増殖を引き起こし、黒ずみを発生させてしまいます。こうした事から極力、肌に刺激を与えないような生活を心がけたいものです。

関連記事胸の下の色素沈着の原因は締め付けすぎにあった!対処と予防法

色素沈着の種類

色素沈着にはいくつかの種類があり、原因も様々です。原因に合わせた対処法を考える必要があるのです。また、原因が1つだけでなくいくつか重複しているケースでは、対処法も比例して増える事になるでしょう。

炎症性色素沈着

膝にできた擦り傷
炎症を起こすような擦り傷や、火傷の跡なども、放っておけば色素沈着として黒ずみやすくなるでしょう。特に、肘や膝などの常に曲げなければならない部位にできてしまう擦り傷は、なかなか安静にしておくこともできず、常に曲げ伸ばしの刺激が加わることでしょう。

関連記事30代に多い炎症性色素沈着って何?発生しやすい場所と原因

ニキビ跡

ニキビ跡
吹き出物ができやすい人は、そこに紫外線が当たる事によってメラニンが増殖し、シミ化しやすくなります。

赤黒く色素沈着してしまう事が多く、ニキビトラブルが治った後の二次的な肌トラブルと言っても良いでしょう。特にニキビができやすい人は、気になって潰したり、いじってしまったりと刺激を与えてしまいがちです。そうした行為が色素沈着を引き起こす原因となります。

ニキビは思春期に生じる青春のシンボルと呼ばれるようなニキビから、乾燥やホルモンバランスが引き金となってできる大人ニキビなどがあげられます。特に大人ニキビは顎などに繰り返しできるため、ニキビケアもしっかり行いましょう。

関連記事ニキビ型色素沈着は化粧水で消すことができる?ニキビ肌にNGな化粧水って?

脱毛

色素沈着 脇
最近はエステや医療脱毛など、ある程度のコストや時間をかければ、綺麗に脱毛できるようになりました。ですが、時間に追われ、コスト的に無理がある場合ではセルフ脱毛を何年も継続しているという女性が少なくはないのです。

セルフ脱毛に使用されるのがカミソリ、シェーバー、毛抜きでしょう。これらは、肌にキズを作ったり、毛穴を大きくしてしまったりと、刺激を与え続ける事になるのです。この脱毛の刺激が毛穴付近のメラノサイトを活性化して黒ずみの元になるメラニンを肌に広げます。

脱毛をしてムダ毛が無くなったのに色素沈着が残っていては、水着やノースリーブへの道のりはまだまだ遠く感じてしまいますね。

関連記事脱毛エステで美白?脇の黒ずみケアの美白効果ってどうなの?

クレンジング

洗顔
最近は落ちにくいタイプのメイクを使用している方も多いですね。こうした落ちにくいメイクは、クレンジングも力を入れてゴシゴシ落としたりする事になるでしょう。その時にかかるクレンジングの摩擦が、メラニンを増加させて黒ずみを発生させてしまうのです。

また、体を洗うときも、化学繊維のタオルでゴシゴシと洗ってしまえば、体のメラニンを増加させて色素沈着を起こしてしまいます。

関連記事くすみ改善洗顔法で美白肌を手に入れる!石鹸とフォームどちらがおすすめ?

色素沈着を起こさないためには?

色素沈着を起こさないためには、次のような事に気をつけましょう。自分でできることからスタートする事が大切ですね。

ケガやキズを悪化させない

ケガやキズは炎症がひどいほど、メラニンが増加しやすくなります。適切なケアで、ささいなキズにも、バイ菌を繁殖させないようにしたり、化膿させないようにしたりしましょう。

また、ケガやキズができた部位は、完治したとしても紫外線が直接当たらないようにします。足や腕のキズならば、無防備なミニスカートを履いたり、ノースリーブを着たりするのは控えましょう。炎症が治まったら、通年日焼け止めをつけて紫外線による刺激を予防した方が良いです。

関連記事美白に日焼け止めは必須!部位別おすすめ日焼け止め3選

締め付けのない下着をつける

サイズの合わない下着を着用すると締め付けや、摩擦で皮膚にメラニン増加が起こります。それにより、下着のゴムが当たる部分などに色素沈着ができるようになるでしょう。

下着はある程度ゆとりのあるタイプを着用し、下着売り場の販売員から正確な数値を計測した上で下着を購入するようにします。また、選ぶ時に注意したいのが、下着のサイズだけでなく、素材にもこだわりましょう。

ニキビや汗による搔きむしりが生じないように、通気性がよく清潔感が維持できる綿なとの天然素材を選びたいものです。

関連記事またずれで黒ずみが悪化!足の付け根の黒ずみ4つの予防法

顔や体を優しく洗う

顔や身体を洗うときは、優しく丁寧に洗いましょう。その時に、刺激の少ない洗顔料やボディーソープをきめ細かく泡立て、「泡」で洗うようなイメージで顔や体を洗います。この時に、体をナイロン性のタオルなどで洗うと、刺激を与えてメラニンを増加させてしまうため、素材の柔らかい綿や絹を素材にした天然タオルを使いましょう。

関連記事正しい洗顔で美白を手に入れるコツと日常生活で気をつけるポイント

ニキビのケアをしっかりする

ニキビ跡がメラニン沈着となってしまうケースも多いため、ニキビを潰したり、ひっかいたりするような、行為は避けましょう。白ニキビのように、炎症が起きていない状態の時に、早めにニキビケアをして改善させておくことがベストです。

関連記事背中の黒ずみの原因となっているニキビを防いで後ろ姿にも自信を

色素沈着専用のクリームなどを使用する

色素沈着には専用のクリームをつけてケアをしましょう。色素沈着を緩和するには、「メラニンを作らせない」「増やさない」を基本とした美白成分が配合されたクリームを使う事が望ましいです。

色素沈着に対応した成分とは、トラネキサム酸や、プラセンタ、米ぬかエキス、ビタミンC誘導体などがあげられます。こうした美白成分以外にも、ターンオーバーを整えるためにヒアルロン酸やコラーゲンなどの潤い成分が配合されていると、さらに色素沈着を改善する効果が期待できますね。

血流の最も高まっている風呂上がりの日課に色素沈着専用クリームのケアを加えてみましょう。

関連記事トラネキサム酸の効果を知ったうえで、30代以降のお肌の悩みに対抗しよう
関連記事トラネキサム酸配合!黒ずみ対策・予防にはやっぱりホスピピュアが一番?

まとめ

  • 色素沈着の代表的な原因は、摩擦、脱毛、炎症の3パターン。
  • 色素沈着にはいくつかの種類があり、原因も様々。原因がいくつか重複しているケースでは、対処法も比例して増える事になる。
  • 予防として、ケガやキズを悪化させない、締め付けのない下着をつける、顔や体を優しく洗う、ニキビのケアをしっかりする、などが有効。色素沈着専用のクリームなどでケアを。