脇に色素沈着があると脱毛できないって本当?脱毛可能な施術は?

色素沈着 脇 脱毛

皮膚がデリケートで黒ずみやすい特徴もある脇ですが、脱毛をする時に色が黒いと断られてしまうことがあるという話も有名です。

脇が黒ずんでいると脱毛できない理由と、脱毛可能な施術方法をご説明します。

色素沈着があると脱毛できない?

肌の色素沈着で悩んでいるという方も多いと思いますが、そもそも色素沈着は摩擦や刺激、紫外線などの影響でメラニンが過剰に生成されてしまうことで作られ、肌のターンオーバーがスムーズでなかったり、生成されたメラニンの量があまりにも多かった時にはそのメラニンの全部を排出することができず、肌に残ってしまうことで定着します。

そして、メラニンが定着した肌はその部分が黒ずんでいるように見えます。

色素沈着した脇
色素沈着があった時に脱毛できない理由は脱毛器を照射する時に黒いものに反応するといった仕組みが関係していて、ムダ毛だけではなく色が黒いメラニンにも光が反応して肌の細胞を傷めるといったトラブルを引き起こす可能性があるからです。

明らかな黒ずみがある場合には施術を断られてしまうかもしれませんが、その部分を避けて施術を行うことは可能です。

ただし、脇は広いパーツではないのであまりにも黒ずみの範囲が大きいとほとんど照射してもらえないかもしれないので注意しましょう。

脇に色素沈着があっても脱毛可能な施術とは?

脇に色素沈着があっても脱毛可能な施術とは?
これらの点を踏まえると色素沈着が落ち着くまでは脱毛を諦めた方が良いと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、脱毛可能な施術方法もあります。

ただし、これからご紹介する2つの脱毛方法でも脱毛サロンによって基準が違ったり安全面を考えて、施術をしてもらえない可能性もゼロではありません。

色素沈着がある状態で施術を受ける時には脱毛サロン側にも相談した上で施術を受けるようにして、肌トラブルが起こるリスクも頭に入れて自己責任で施術を受けるようにしてください。

フラッシュ脱毛

IPL脱毛と呼ばれるフラッシュ脱毛は毛穴を引き締めて肌のターンオーバーを整えてくれるといった美肌効果もあるので、とても人気がある脱毛方法です。脱毛をしながら細胞を活性化することもでき、1回あたりの料金も安いです。

ただ、永久脱毛ではないのである程度時間が経ったらまた施術を受けなければならなかったり、施術をすることで肌が乾燥してしまうなどのデメリットはあります。

せっかくお金をかけるなら永久脱毛をしたいという方は、永久脱毛ができる医療脱毛クリニックでの施術を受けることをおすすめします。

関連記事脇の黒ずみはエステの脱毛で美白できるの?

ハヤブサ(HAYABUSA)脱毛

ハヤブサ脱毛は医療レーザー脱毛で、医療機関でのみ施術を受けることができます。毛の黒い色に反応して焼いていくといった施術方法で、短時間に広い範囲に照射できて傷みも少ないという特徴があります。

ハヤブサ脱毛は美肌効果も大きく、くすみ程度の色素沈着なら逆に施術をしていくことで美白をすることもできるのが嬉しいですよね。

フラッシュ脱毛との大きな違いは主に2つあり、その1つは永久脱毛が可能だということです。

これは、毛根よりも少し浅いところによるバルジ領域を破壊することで可能となるのですが、バルジ領域を破壊するのは医療行為とみなされているために脱毛サロンではそれよりも照射の威力が弱いものしか使えないから永久脱毛ができないのです。

永久脱毛もできて美白効果を得られるのは本当に嬉しいことで、夏に水着を着る時やノースリーブの服を着る時にも自信が持てそうですよね。

もう1つの違いはトラブル対応力です。

脱毛サロンでは医師が在籍していないので施術をした時に肌トラブルを起こしても治療をしてもらえる訳ではないですが、医療機関で施術をしているハヤブサ脱毛ではその場で医師がトラブルに対応して必要があれば薬を処方してもらうこともできます。

トラブル専門の医師がいない脱毛サロンでは肌トラブルが起こった時に、対応がどんどん遅くなって治りも悪くなってしまう可能性があります。

特に施術を受けても大丈夫かわからないくらいの色素沈着がある場合は、安全面を考えてハヤブサ脱毛を選択した方が良いかもしれません。

心配なら美白クリームを使う手も!

フラッシュ脱毛もハヤブサ脱毛も施術を受けることによって逆に肌を白くすることが可能なくらい美容効果が高いものですが、それでも施術する側の判断で施術そのものを断られてしまうこともあります。

基本的に一部が色素沈着していたらその部位を避けて施術が行われることになるなどトラブルを起こさないための対策が取られることが一般的ですが、それでもせっかくお金をかけて施術をするなら脇全体を照射したいですよね。

脇のくすみや色素沈着といった黒い部分に脱毛器が反応しないようにしたり、少しでも美白したいと思ったら美白クリームを事前に使ってケアすることをおすすめします。

色素沈着が心配なら美白クリームを用意して、脇などの気になる部分に塗るようにしましょう。

美白クリームは即効性があるものではないので、ある程度使い続けることが大切です。

脱毛を予約する前に鏡などで色素沈着がないかを確認し、気になるところがあったら前日ではなく気になる日から塗って、黒ずみを薄くしてから施術を受けましょう。

関連記事色素沈着をなくすことだけを考えるならハイドロキノン一択?!
関連記事自宅でも手軽にできる脇黒ずみ対策の方法

脇黒ずみ比較

まとめ

  • 色素沈着があった時に脱毛できない理由は脱毛器を照射する時に黒いものに反応するといった仕組みが関係していて、ムダ毛だけではなく色が黒いメラニンにも光が反応して肌の細胞を傷めるといったトラブルを引き起こす可能性があるから。
  • 黒ずみの範囲が大きいとほとんど照射してもらえないかもしれないので注意。
  • 脇のくすみや色素沈着といった黒い部分に脱毛器が反応しないようにしたり、少しでも美白したいと思ったら美白クリームを事前に使う。