こんな脚じゃ素足は無理!脚の色素沈着はどう治す?

色素沈着 脚

美脚は女性なら誰もが憧れるものですよね。

しかし、現実はそう上手く行かなくて自信がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は脚に色素沈着ができる理由をお話したいと思います。

どうして脚に色素沈着ができるの?原因は?

女性ならすらりと伸びた美しい脚に1度は憧れたことがあるのではないでしょうか。しかし現実にはちょっとしたあざや黒ずみ、過角化した膝の角質などがあって、お世辞にもツルツルのキレイな脚とは言えない…という人もいるでしょう。

脚の皮膚と言うのは身体の中でも比較的厚く、顔などのお肌のように「ちょっとしたことが」「すぐに」色素沈着に繋がることはありません。

しかし、そのことが反って「脚はちょっとくらいお手入れをしなくても大丈夫」という思いを抱かせてしまい、結局お手入れがおざなりになって、キレイな状態を保てない…ということも多いのです。

関連記事膝の黒ずみの原因は古い角質?!効果のあるケアはスクラブで!

そもそも色素沈着は…

脚に限らず、肌に色素沈着ができてしまう理由には「紫外線の影響・炎症由来・摩擦由来」という3つの原因があります(他にも色素沈着ができる原因は細々ありますが、代表的なものはこの3つです)。

脚は顔や上半身に比べて日焼け止めなどのUVカット対策を施される機会が少ないため、紫外線の影響を受けやすい部位になります。

さらに小さい頃から虫に刺される箇所として脚は「よくある場所」であるので、掻き壊した経験がある部位でもあります。

さらにはパンツスタイルや着圧系のストッキングで摩擦されることが多くなったり、デザイン重視で履いた靴が合っていなくて余計な摩擦が起こる部位でもあるので、色素沈着がかなりの頻度で起こりやすい部位のが脚なのですね。

色素沈着 脚
日常生活でも正座になる機会が多い人は膝や足の甲の一部に黒ずみができやすくなりますし、特に膝は衣服との摩擦+日々の屈伸で黒ずみを作りやすい部位に挙げられます。

このような事情があり、脚と言うのは膝上~つま先まで、黒ずみができやすいのです。

また実を言うと足の付け根も下着との摩擦があるので黒ずみができやすいので、実際には脚は付け根~足先まで全てが黒ずみの危険性をはらんでいるとも言えます。

関連記事膝黒ずみ対策は生活習慣の見直しと特別なケアで効果的に!

脚の色素沈着はどうすれば治る?

脚の色素沈着は肌が厚めであることもあって、すぐに効果が出ることばかりではありません。色素沈着の改善方法としては、まずは足の色素沈着専用の美白クリームを使用するのが第1の選択肢になります。

手軽で簡単ですし、色素沈着の改善だけだとドラッグストアにも色素沈着やシミや黒ずみ対策のクリームなどがあるのですぐに始めることも可能です。

こうしたクリームの塗布などにプラスして、日常生活の中で脚にシミや色素沈着、黒ずみが出来そうな原因を少なくすることも大事です。

例えばタイトな服を着る機会を減らす=衣服による摩擦の機会を減らす、紫外線の影響を減らす=脚にもしっかりと紫外線対策を行う、などですね。

色素沈着を改善するには、現在の色素沈着を薄くすることに加えて、これから色素沈着が起こることもしっかりと予防する必要があるので、改善と予防を「継続して」努めることが大切なのです。

関連記事膝の黒ずみ対策に尿素配合のスキンケアが効果的な3つの理由

脚ならでは摩擦に注意!特に靴擦れは色素沈着のもと!

ここまでに、脚の黒ずみの原因となりやすい衣服との摩擦について対策などをご紹介しましたが、脚の黒ずみ・色素沈着にはこれまでに挙げた以上に色素沈着を起こしやすい「脚特有の原因」があります。

それは靴擦れ。靴擦れと言うとかかとを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、実際にはパンプスやサンダルが足の形に合っていなくて、脚に無理をさせてしまった結果、かかともさることながら親指の付け根あたりや、小指の横が強く圧迫され、黒ずみや過角化、色素沈着へと変化している人も多くいます。

好みの色があって、同じような色の靴ばかり(しかも靴擦れしやすい)を履いていると、その靴の色が移って、例えば赤い靴だと赤い色が摩擦しやすい足の箇所に色素沈着する人もいます。

こうした靴擦れや靴の圧迫による色素沈着を改善し、予防するには、1度きちんとした靴屋さんで自分の足について通常のサイズだけでなく、幅や甲の高さなども計ってもらうのが1番です。

そうした上で、自分の脚にはどういったタイプの靴がぴったりなのかを聞いておくことはとても大切なことです。

関連記事くるぶし黒ずみ予防に注意すべき2点と手軽にできる対策

脚の色素沈着改善にも美白クリームがお役立ち!

脚の色素沈着は身体の部位の中でも濃くなりやすい部分であるので、市販の美白クリームでは効果が現れるまでにしばらくの時間がかかることもあります。

ですから、脚の色素沈着の改善には、保湿も兼ねてまずは美白成分であるトラネキサム酸が配合されているような保湿クリームを使うのが良いかもしれません。

こうした成分が配合されている美白保湿剤を毎日使用すれば、脚全体の状態がよくなり、続けることで脚の肌トーンが少しずつ明るくなってくるはずです。

色素沈着 脚
こうした全体のケアに加えて、特に黒ずみや色素沈着が強い部分には、皮膚科で外用薬を処方してもらって、ハイドロキノンが配合された色素沈着改善用クリームを使用するのが良いでしょう。

関連記事美白といえばハイドロキノン?!肌へのリスクは?

ハイドロキノンは美白効果は高いものの、多くの美白成分の中ではやや刺激の強い成分の部類に入ります。

しかししっかりと塗布を続ければかなりの割合で色素沈着などの改善ができる期待のもてる成分でもあります。

このように、脚には脚なりの色素沈着改善方法を用いるのが得策。全体へのケアと部分へのケアを対策し分けて、美脚を目指していきましょう。

関連記事トラネキサム酸配合の代表商品ホスピピュアの記事をチェック

まとめ

  • 足は他の部位と違って皮膚が厚いので簡単に色素沈着は起きない
  • タイトな服装や靴ずれを起す靴は控える
  • 全体的な美白ケアと部分的な改善ケアは分ける

 
肘膝黒ずみ比較