Iラインの色素沈着は脱毛が原因!?効果的な改善方法3つから検証

iライン 色素沈着

女性の殆どが、オシャレや清潔感を保つためにIラインの色素沈着を改善したいと考えています。部位が部位だけに、誰にも相談できずに悶々とした日々を過ごしている方は少なくありません。
Iラインの色素沈着は無理なセルフ脱毛やその他のあらゆる原因が考えられます。Iラインはあまり人にさらすような部位ではないのですが、女性に生まれてきたからには、そうした見えない部位にまで気を配りたいもの。そんな女性の色素沈着はどのような手段で改善すべきなのでしょうか。
Iラインの色素沈着の効果的な改善法を原因と照らし合わせながら検証します。

Iラインの色素沈着が起こる原因

Iラインの色素沈着が起こる原因は、結論から言えば、摩擦や圧迫などによる刺激です。そうした刺激がメラニンを活性化して色素沈着を起こします。

また、通常ならば、こうしたメラニン生成が行われても、28日周期のターンオーバーによりメラニン排出が行われるため、肌の色は自然に元に戻るのです。ですが、なんらかの原因でターンオーバーのサイクルが乱れると古い角質が蓄積されてIラインの色素沈着が蓄積されエスカレートしていくでしょう。

関連記事VゾーンやVラインの黒ずみの2種類の原因と対策

Iラインの色素沈着は脱毛が原因!?

Iラインの色素沈着の原因に無理なセルフ脱毛があげられます。最近は、水着や下着のオシャレを楽しむために、Iラインの脱毛に力を入れている女性が多いですね。こうしたIラインをカミソリや毛抜き、シェーバー、除毛剤などで脱毛する女性が増えています。

たしかに脱毛した時は綺麗になりますが、その刺激になるような脱毛を繰り返すと、メラニンが増加して色素沈着が発生します。

カミソリで脱毛
また、寝不足や運動不足などにより代謝が低下すればターンオーバーが乱れて色素沈着がひどくなるのです。さらに、Iラインのセルフ脱毛後にはスキンケアを怠りやすいため、肌荒れやかゆみが生じ、それをかきむしる行為も色素沈着をエスカレートさせるでしょう。

関連記事VIOゾーンの黒ずみはムダ毛の自己処理が原因?!脱毛はプロに任せるべき?
関連記事黒ずみとかゆみは乾燥が原因!肌を保湿する食材で体内から予防!

Iラインの色素沈着は治すことができる?

Iラインの色素沈着はあきらめてはいけません。もちろん、Iラインに特化した治療やスキンケア、生活習慣の改善などにより改善することができるのです。まず、身近なところからチャレンジできるIラインの色素沈着対策をご紹介します。

関連記事肌の色素沈着とは?黒くくすむ原因と日頃からできるセルフケア

下着の締め付けや素材に注意

可愛らしい下着や、水着は小さめのサイズや締め付けのあるタイプが多いもの。自分の体型に合ったサイズの下着や水着を選ぶことや、Iライン部分の締め付けがないものを選ぶことを意識しましょう。下着の締め付けはIラインだけでなく、VラインやOラインなどの他のデリケート部位にも色素沈着をもたらす恐れがあります。

関連記事胸の下の色素沈着の原因は締め付けすぎにあった!対処と予防法

かゆみを発生させない

Iゾーンは、尿や生理の経血などにより不衛生で、雑菌を繁殖させやすい部位です。また、陰毛が長すぎたり濃すぎたりする人は、蒸れやすく、ニキビや汗によるかゆみを生じやすくさせてしまうでしょう。

デリケートゾーンは雑菌が繁殖しやすい
痒みを放っておくと、寝ている間にもかきむしりが生じてメラニンを発生させやすくするため、デリケートゾーン専用のかゆみ止めクリームを使用したり、不衛生な陰毛をカットしたりしましょう。

また、下着選びは締め付けだけでなく、素材などにも気をつけましょう。例えば下着を選ぶ時に、通気性の良い天然素材である棉や絹などをセレクトしたり、通気性の悪いポリエステル類は避けたりすることも、汗で蒸れにくい状況にするポイントです。

関連記事股の黒ずみを解消する方法3選!原因の大半は摩擦にあった!?

擦れに注意

座ってばかりいるオフィスワークや、自転車のサドルでの摩擦もIラインに刺激を与えます。擦れを生じさせている環境を少しでも変えるために、オフィスワークの合間にストレッチをしたり、自転車を使う生活から歩きや電車などに切り替えたりするのも1つの手段ですね。

関連記事またずれで黒ずみが悪化!足の付け根の黒ずみ4つの予防法

ターンオーバーを乱さないように

良質な睡眠をしっかりとったり、栄養の偏りを防いだりすることで、肌の生まれ変わるサイクルが正常化します。ターンオーバーを乱さない生活をすれば、例え、何らかの原因で角質層にメラニンが蓄積されていてもスムーズに排出されるため、色素沈着のような目立つ肌トラブルに発展しないでしょう。

関連記事運動で肌の黒ずみ改善!ターンオーバーを活発にする運動ご紹介!

Iラインの色素沈着改善法

Iラインの色素沈着に悩む女性は少なくありません。パートナーからの指摘で色素沈着に気づく女性もいることでしょう。実際に、Iラインの色素沈着を自分で治そうとすると時間がかかるため、即効性を感じられず断念してしまうこともあります。また、Iラインは粘膜の近くに位置していますから、丁重にケアしなければ、症状は改善どころか肌トラブルとなってひどくなるでしょう。

そんな時にやはり頼りたいのが、美容外科などで行うIラインの色素沈着治療や、専用美容液での集中ケアです。Iラインの色素沈着を改善する方法は大きく分けると次のように3つあります。Iラインの色素沈着がこのままコンプレックスにならないように有効な改善法に挑みましょう。

デリケートゾーンイメージ画像

ケミカルピーリング

フルーツ酸や乳酸などで角質層の表面を削り、古い角質を取り除いて、新しい細胞の生まれ変わりを促す黒ずみ施術です。肌質に合わせた薬剤からセレクトできて、コラーゲンの再生も行うので、潤いも維持できるでしょう。

市販で販売されているピーリング剤でセルフケアするケースもありますが、やはり、薬剤に肌がダメージを受けないためにも、美容外科などの医療機関での施術がベストでしょう。

関連記事黒ずみは皮膚科で治療できる?病院へ行く前に確認したいポイントとは

レーザー治療

メラニンの蓄積した部分にレーザーを当てることで組織が破壊され、Iラインの色素沈着を緩和します。範囲にもよりますが、短時間の施術で終了し、肌に負担をかけずに治療できるため、美容外科によるIラインの黒ずみ治療には一番よく利用されている治療と言えるでしょう。

また、こうした医療機関での施術を望む時は、Iラインに対するレーザー治療症例数が多く、クチコミでも評判の良い機関で受けるようにしたいものです。さらには、カウンセリング時に、レーザー治療により生じる副反応や術後のアフターケアなどの説明をしっかりと聞きましょう。

専用美容液

「自分のIラインは誰の目にも触れさせたくないし、恥ずかしくてプロの手にも委ねることができない!」なんて思っている人は少なくないでしょう。Iラインをはじめ、Vライン、Oラインなどのデリケートゾーンの黒ずみは誰にも相談できずに悩んでいる女性は少なくないのです。

そんな時はデリケートゾーン専用の黒ずみ対策美容液を日々のお手入れに取り入れてみましょう。デリケートな部位につけても副作用の少ない美白成分や保湿成分などが配合されていているため、安心してお手入れ効果を実感することができるでしょう。

関連記事デリケートゾーンの黒ずみって美白できるの?最適な美白ケアとは
関連記事デリケートゾーンはお任せ!美白系スキンケア「ホスピピュア」の効果

まとめ

  • Iラインの色素沈着の原因は摩擦や圧迫などによる刺激。ターンオーバーのサイクルが乱れると古い角質が蓄積されてエスカレートすることも。
  • 下着の締め付けや素材に注意する、かゆみや蒸れを発生させない、ストレッチを行う、生活習慣の改善、などが色素沈着のセルフケア方法として挙げられる。
  • Iラインの色素沈着改善は、美容外科などで行われるケミカルピーリングやレーザー治療の他、セルフケアでは専用美容液・クリームの使用による改善方法がある。