目の周りの色素沈着の原因は乾燥?摩擦?老け顔にならないためには

目の周り 色素沈着

目の周りは皮膚が薄いところでもあるので、その目の周りが色素沈着して暗い印象になっている人も少なくありません。目の周りの色が暗いと老けた印象になってしまうので、老け顔にならないためにも目元を明るく見せることは大切です。

乾燥や摩擦を始めとした目の周りが色素沈着を起こす原因と、クマの種類や色を3つに分けてその具体的な改善法をご紹介します。

目の周りの色素沈着の原因

目の周りの色素沈着
目の周りの色素沈着の原因には主にターンオーバー、乾燥、摩擦などが挙げられます。

一言で目の周りの色素沈着と言ってもその原因には加齢、生活習慣の乱れ、冷えなどの様々な問題が起こり、それぞれの問題によってその色素沈着が起こっているのです。

その目の周りの色素沈着の原因を、タイプ別に詳しく見ていきましょう。

関連記事目元のくすみが色素沈着になる?3タイプ別のくすみ予防・改善方法
関連記事色素沈着の3つのクマ治療法は青クマ茶クマで消す方法が異なる!?

目の下のクマは3種類

目の下にできるクマの種類を色別に分けると代表的なものとしては3種類あり、それは茶クマと黒クマ、青クマの3つです。茶クマの原因は乾燥や摩擦、黒クマの原因は加齢や乾燥、青クマの原因は血行不良だと言われています。

一つ一つのクマの種類と原因と改善法をご説明します。

茶クマ

茶クマは乾燥によってターンオーバーが上手くいかなくなって古い角質がスムーズに排出されないことや、乾燥でできてしまう小じわの影によって肌が暗く見えることからできてしまいます。

また、クレンジングの時に目元を強くこすってしまうなどの皮膚に与えられる摩擦や刺激によってメラニンが生成されてしまうことも茶クマの原因です。

茶クマを改善させるためには保湿力の高い化粧品を使って乾燥やしわができるのを防いだり、できるだけ肌に刺激を与えないように注意をすることが大切です。

スキンケア化粧品にはメラニンの生成を抑制して肌を元の色に近付けてくれるビタミンC誘導体が含まれているものも多いので、スキンケア化粧品を選ぶ時には化粧品に含まれている成分を重視すると良いでしょう。

関連記事色素沈着が原因で起こる目元の茶クマを消す6つのスキンケア対策

黒クマ

黒クマは加齢によって肌のハリや弾力が失われた状態にあることが原因となっています。エイジングによってしわもできやすくなっているので、乾燥が原因となっていることもあります。

歳をとることは止めることができませんが、肌の老化の進行はケア次第で遅らせることが可能です。

このケアによって黒クマの定着も避けることができる、ハリや弾力をアップさせる年齢肌に効果的なコラーゲンなどを多く含んだ美白化粧品はアンチエイジングとして黒クマに有効です。

その他にも表情筋を鍛えることが黒クマを改善するのに高い効果を発揮することが有名で、「あ・い・う・え・お」と口をハッキリと動かしながら発音する”あいうえお体操”が黒クマを解消したり肌のハリや弾力をアップさせてくれます。

青クマ

青クマは血行不良が原因でできてしまうものです。その血行不良の原因となるのが生活習慣の乱れや運動不足、睡眠不足などです。

青クマができた時には血行不良が起こっているサインだと考えることもできるので、自分の生活を見直して改善できるところは改善させることが重要だと言えます。

青クマを改善させるためにはマッサージも効果がありますが、注意しないと摩擦でクマが悪化してしまうこともあります。刺激を避けるためにもマッサージクリームを使い、丁寧に血行不良を改善させるマッサージを行ってください。

関連記事皮膚の色素沈着改善にビタミンCは鉄板!ニキビ跡やクマにも効果あり?

コンシーラーで目の周りの色素沈着を隠す方法

コンシーラーで目の周りの色素沈着を隠す
目の周りの色素沈着を改善させるためには根本的な原因の解消も大事ですが、コンシーラーを使ってある程度はクマを薄く見せることもできます。

このコンシーラーの選び方は、クマの種類ごとに異なります。間違った色を選ばずに正しくコンシーラーを選べるように、3種類のクマに合ったコンシーラーをご紹介します。

関連記事コンシーラーでクマを隠すコツは?よれない塗り方のポイント

茶クマをコンシーラーで隠すには

茶クマには自分の肌の色と近い色のコンシーラーを使うのがベストです。したがって、コンシーラーはベージュ系かイエロー系のものを使うのが良いと言えます。

コンシーラーの種類はクリームかスティックのどちらかを使うようにしてください。

茶クマの原因には紫外線から受けたダメージや摩擦などもあるので、できれば化粧をしている間も美白効果が続くコンシーラーを選ぶと良いでしょう。

黒クマをコンシーラーで隠すには

茶クマが明るすぎる色が適さないのに対し、黒クマはパール系などの明るい色を使うのが良いと言われています。

黒クマは加齢が原因でできるクマで、肌にハリが足りないことからできているものです。したがって、黒クマに使うコンシーラーは保湿力も高いリキッドタイプのものが合っています。

黒クマの場合は無理に隠すよりも、パール系の明るい色で反射させることによってクマが目立たなく綺麗に見えるでしょう。

青クマをコンシーラーで隠すには

青クマはライトベージュやイエローベージュ、オレンジ系のコンシーラーを使うと隠しやすいです。

血行不良から起こる青クマの上手な隠し方は全体に伸ばすのではなく、くすみが特にひどい部分はどこかを確認し、その部分を中心にちょこんと数か所にコンシーラーを乗せていきます。

青クマには茶クマと同じくクリームタイプやスティックのコンシーラーを使うのがおすすめです。

まとめ

  • 目の周りの色素沈着の原因は主にターンオーバー、乾燥、摩擦など。
  • 目の下にできるクマの種類を色別に分けると、茶クマと黒クマ、青クマの3つ。
  • 目元の色素沈着は、コンシーラーを使ってある程度はクマを薄く見せることも可能。