デリケートゾーン(陰部)の色素沈着を改善する方法ってある?

色素沈着 陰部

色素沈着はどこにできても厄介…、その中でも女性の方の多くが悩んでいる部位としてデリケートゾーンが挙げられます。

しかしなぜ紫外線にさらされているわけでもないのに黒ずんでしまうのか…。

今回はその原因とともに対策方法もお教えしちゃいます。

どうしてデリケートゾーン(陰部)に色素沈着が起こるの?

時代が進むにつれて性に関してはオープンになってきた日本ですが、それでもデリケートゾーンの悩みはなかなか人に相談しづらいことが多いですし、ましてや「私は○○なんだけどあなたはどう?」と聞くことができる場合は少ないです。

これは陰部の色素沈着に関してがまさにこうした状況で、私の陰部は黒く思えるけど、他の人はどうなんだろう?というのはいくら仲の良い友達同士でも聞き合ったり、比較し合うことは難しいところです。

ではこうした人にオープンに聞きづらい部分に色素沈着が起こるのはどうしてなのでしょうか?

そもそも紫外線の影響はあまり受けない部分であるはずなのに、陰部はどうして色素沈着が起こるのでしょうか?

これには肌に色素沈着が起こる一般的な理由にプラスして、陰部だからこその理由もあります。陰部の色素沈着が起こる原因として大きなものは主に3つ。

「メラニンの働き・ターンオーバーンの乱れ・ホルモンバランスの乱れ」です。詳細については次の項でご紹介していきましょう。

関連記事デリケートゾーンの黒ずみどうしてる?美白はできるの?

色素沈着が起こるメカニズムを教えて!

陰部は下着との摩擦やお手洗い後の拭き取り、生理中のナプキンとの摩擦など色々なことが理由となって、日々摩擦刺激を受けている部位です。

メラニンの働き

皮膚は摩擦刺激を受けると、バリア機能が傷ついていくため、自己防衛機能としてメラニン色素が活性化・過剰生成するようにできています。

このメラニンの活性化こそが陰部の色素沈着に繋がる大きな要因の1つになっているのですね。

ホルモンバランスによっても黒ずみはできやすくなる

妊娠期間はシミやソバカスができやすくなるという話を女性は耳にしたことがないでしょうか?

実は女性はホルモンバランスの変化によって、妊娠期間中に限らず、月経サイクルでもシミや黒ずみのできやすい時期と言うのがあります。

さらに、ホルモンバランスが乱れると肌のターンオーバーがうまくいかなくなるので、一度できてしまった黒ずみが色素沈着へ向かいやすくなります。

特にエストロゲンという女性ホルモンの影響は女性にとって大きく、肌の新陳代謝の正常化や皮脂の分泌バランス、皮膚への水分蓄積など色々とお肌の状態に関わってきます。

エストロゲンの量が乱れると、肌は荒れやすくなってしまいますので、生活習慣や食習慣を整え、ホルモンバランスの乱れを起こさないようにするのが大切です。

関連記事色素沈着は摩擦が原因?美白クリームで改善できるの?

色素沈着を予防するために日常生活で出来る対策は?

とにかく色素沈着を予防したり悪化させたりしないためには、日常生活の中でできる対策をしっかりとるのが大事です。今からすぐにできるのは、とにかく「余計な刺激を与えない」ということ。

お尻の下着との境目などは特に、痒くても掻かないようにするとか、締め付けのキツイ服装になる機会を減らすというのが第一です。

色素沈着 陰部
もっと直接的なVゾーンなどであれば、自分に合った下着を身に着けるのはもちろんのこと、素材や縫製の仕方などにもこだわると良いですね。

負担の少ない総レースの下着などであれば、下着と肌の境目がはっきりしなくなり、締め付けもきつくないので黒ずみができにくくなるということです。

素材としては、コットン、シルク、吸湿速乾加工の施された通気性の良い素材が適しています。ビキニラインの黒ずみについては、ボクサータイプの下着が肌との摩擦が起こりにくくおすすめですよ。

デリケートゾーン(陰部)の色素沈着を改善するのは美白クリームが良い?

色々と日常生活で気を付けられることを実施しても、現在できてしまった黒ずみを改善するのは難しいですよね。そうした時には、デリケートゾーン専用の美白クリームなどを使うのも方法の1つです。

例えばトラネキサム酸が配合されているような美白クリームや美白ローションを使用すると、これまでにできていた黒ずみも少しずつ改善できたりします。

色素沈着 陰部
全員に効果があることは難しいですが、それでも陰部の黒ずみ改善について何もしないでいるのであれば、美白成分の配合されたクリームでケアをした方が、改善に近づくのは言うまでもありません。

黒ずみが大変ひどい!と言う人は美容外科などでレーザー治療を受けるという方法もありますが、陰部へのレーザーは非常に繊細な施術になるため、通院する回数も多くなりますし、費用も通常のシミの治療に比べて高額になりがちです。

関連記事VIOゾーンの黒ずみはムダ毛の自己処理が原因?!脱毛はプロに任せるべき?

その上、レーザーによる火傷など、取り返しのつかないことになるリスクも他の部位の治療より高くなります。

こうしたことを鑑みると、やはり陰部の黒ずみに対する対策は、美白成分の配合されているクリームの使用がおすすめですね。

デリケートゾーンの黒ずみ専用クリームなどは低刺激で作られていますし、公式サイトで購入するタイプのクリームなどであれば電話やメールでのフォローも付いていることが多いので、1人だけで悩むことも少ないですよ。

陰部の黒ずみに関しては、先に挙げたトラネキサム酸が配合されたものを初め、肌のターンオーバーを活性化・正常化する成分が配合されているもの、保湿がしっかりできるものを選ぶと効果がでることが多いですよ。

関連記事トラネキサム酸配合で湘南美容外科が開発したホスピピュアの記事はこちら

デリケートゾーン黒ずみ比較

まとめ

  • ホルモンバランスが崩れないように生活習慣や食生活を整える
  • 下着は通気性が良いなど素材や縫製の仕方にこだわると良い
  • すでに出来てしまった黒ずみのケアは美白クリームがお勧め