コンシーラーでクマを隠すコツは?よれない塗り方のポイント

クマ コンシーラー

生活が不規則になったり睡眠不足になると目立つクマができてしまうこともありますよね。

そんなクマを隠すためのコンシーラーのよれない塗り方を、クマのタイプ別にご紹介します。

クマのタイプは複数ある

一言でクマと言っても、クマのタイプには青クマや黒クマ、茶クマなどのタイプがあります。そして、そのクマを隠すのに使うコンシーラーもクマのタイプ別にベストなものは異なります。

クマの種類は複数あるからこそ、自分のクマのタイプはどのタイプなのかを判断してコンシーラーを選ばなければいけません。

それぞれのクマの特徴とコンシーラーの塗り方のポイントをしっかりと抑えることが大切です。

関連記事目元のくすみが色素沈着になる?3タイプ別のくすみ予防・改善方法

青クマにおすすめなのはオレンジ系のコンシーラー

青クマは血行が悪くなっていることが原因でできると言われています。

女性は冷え性や貧血になる人が多いですが、この冷えや貧血によって血の巡りが悪くなることが青クマの原因だとされています。青クマができた時におすすめのコンシーラーの色はオレンジ系です。

青とオレンジは真逆の色なのでクマが本当に隠れるのか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実は正反対の色を乗せることでクマを目立たなくすることができるのです。

関連記事色素沈着の3つのクマ治療法は青クマ茶クマで消す方法が異なる!?

塗り方のポイント

青クマを隠すためにはオレンジのコンシーラーを使うのがおすすめですが、ただクマの上に重ねれば良いという訳ではありません。

クマを上手に隠すための塗り方のコツとしては、クマとの境目がわかりにくいように意識しながら塗っていくことが大切です。

まず血行が悪くなっているところにコンシーラーを塗るためには肌を整え、血行を促します。そして、その後にオレンジ系のコンシーラーを塗っていきます。

よれやすいリキッドタイプはこの時にポンポンとスポンジで馴染ませていきます。オレンジ系の単色使いでなく、イエロー系も併せて使うとより自然に仕上がりますよ。

黒クマにおすすめなのはイエロー系のコンシーラー

黒クマの原因は元々黒クマができやすいタイプだということの他に、加齢の影響であることも多いです。他にも、元々目がパッチリとしていたり涙袋が大きい場合にも、その影で黒クマができやすいようです。

黒クマは目立ちやすく、メイクをしてもなかなか隠れないのが厄介ですよね。そのような黒クマを隠すのに向いているコンシーラーはイエロー系だと言われています。

目元の明るさを演出するためにもパール感のあるコンシーラーを使うことが黒クマを隠すためのポイントです。

イエロー系の他、ベージュ系やオークル系も黒クマを隠すのに合っています。明るければ明るいほど良いと思ってしまいがちですが、自分の肌よりも明るい色は逆効果になるので注意してください。

関連記事皮膚の色素沈着改善にビタミンCは鉄板!ニキビ跡やクマにも効果あり?

塗り方のポイント

加齢が主な原因となる黒クマのコンシーラーの塗り方のポイントとしては、しっかりと目元のエイジングケアや保湿を行ってから塗っていくのが良いと言えます。

コンシーラーは広がり過ぎないように注意し、色を活かして肌の透明感をプラスしていきます。

美容液を塗ってからイエロー系のコンシーラーを使うことで肌への密着度が高くなり、黒クマが改善されたような印象になります。

茶クマにはベージュ系のコンシーラーがおすすめ

これまでクマの色と使うコンシーラーは正反対の色が良いということをお伝えしてきましたが、茶クマに関しては似たような色であるベージュ系のコンシーラーがおすすめです。

ベージュの中でも茶クマに最も合っているのは、ライトベージュなどのカラーです。

そもそも茶クマの原因となっているのは紫外線によるダメージによってできた色素沈着や、乾燥や摩擦によるダメージです。

基本は元の肌の色に近付けていくことでカバーしやすくなる茶クマですが、同じ茶クマでも赤みが強い場合はグリーン系のコンシーラーが良いなど、ちょっとした色味の違いによっておすすめのコンシーラーの色は変わってきます。

関連記事色素沈着が原因で起こる目元の茶クマを消す6つのスキンケア対策

塗り方のポイント

肌の色に近付けるコンシーラーには種類があり、クマだけでなくシミ用のものもあります。茶クマに使うなら、きちんとクマやくすみ用のものを使うことを心掛けましょう。

目元は表情でよく動くので意外と崩れやすいため、筆タイプやチップタイプのコンシーラーを使ってカバーしていきましょう。

明るいベージュも良いですが、あまりにも肌の色よりも明るすぎるとコンシーラーだけが浮いてしまうことにもなりかねないので、ちょっと暗めのベージュを使うのも良いことです。
筆タイプやチップタイプは使うことで、柔らかい仕上がりにもなりますよね。

コンシーラーの仕上げ方

コンシーラーの仕上げ方は、クリームや筆タイプのものとパウダータイプのもので違います。

クリームや筆タイプの場合にはコンシーラーを塗った後に粉を馴染ませて仕上げていき、パウダータイプのコンシーラーではファンデーションを重ねます。どちらの場合にもコンシーラーを使うのは部分的になるように注意して、あまり広がらないようにしてください。

広い範囲にコンシーラーを使ってしまうとよれてしまったり、カバー力が落ちて持ちが悪くなってしまうので気を付けましょう。

もちろん、自分のクマのタイプがどれかを判断し、クマの原因を解消させることも大切です。クマのタイプ別に血行を良くしたり美白化粧品を使ってクマをなくしていくとともに、それでも目立つクマには効果的なコンシーラーを使ってメイクを仕上げてみてください。

関連記事タイプ別美白パックおすすめ3選!定期的なパックで美肌を手に入れる!
関連記事全身に使える美白系スキンケア「ホスピピュア」

まとめ

  • クマの種類は複数あるからこそ、自分のクマのタイプはどのタイプなのかを判断してコンシーラーを選ぶ必要がある。
  • 青クマができた時におすすめのコンシーラーの色はオレンジ系。
  • 黒クマを隠すのに向いているコンシーラーはイエロー系。
  • 茶クマに関しては似たような色であるベージュ系のコンシーラーがおすすめ。